2011年8月

Skills at 'Conversational English' vs. 'English Conversation'

What kind of skills do the learners of 'conversational English' acquire using textbooks

and / or disks?

The skills they acquire are those in giving right answers for 'conversational English' tests,

whether they are written or oral.
 

This is because all the teaching and learning of 'conversational English', are carried

out in the form of tests or preparation for tests, whether the acquiring skill is that of

listening, vocaburary, understanding, composition or pronunciation.


Such test-answering skills are definately not the kind necessary in carrying on a 'real

English conversation' properly.

On the contrary, they are the kind to be obstacles.
 

「会話英語」 と 「英(語)会話」 の実体

テキストやディスクを用いた 「会話英語」 の授業や学習では、どのような能力が身に付くのでしょう?

それは、筆記であれ、口頭であれ、会話用の英語がテストされた時に正解できる能力です。

本番の英会話が正しく上手にできる能力では決してありません。
 

なぜなら、 「会話英語」 の授業や学習は全て、広い意味でのテスト形式で行われ、その成果も会話

用の英語力の広い意味でのテスト結果によって決定されるからです。

それが英語の聞き取りであれ、理解であれ、表現語句や文であれ、発音であれです。


そこでは、「本番の英会話の状況で、即座にいかに正しく相互コミュニケーションを実現するか」 など

ということは、問題外なのです。


これは正反対ではありませんか?

本番の英会話では、(会話) 英語のテスト正解力こそ問題外でしょう。
 

問題なのは、「準備やリハーサルなど一切なしの、話がどう進むかわからない本番の英会話の状況で、

(日本語の全く分からない外国人とでも) 即座にいかに正しく相互コミュニケーションを実現していくか」

でしょう。


そして、もしテストするとしたら、それは 「英語しか話せない外国人との即座の相互コミュニケーション力」

ではありませんか?

 

ーーーーーーーーーーー

会話英語⇒会話用英語の受験力=高得点法⇒英語力の完璧性

英(語)会話⇒(主として英語を用いた)相互理解実現力=協力法⇒相互コミュニケーションの完璧性

The 5 Hurdles and English Conversation Methods

Now, everyone,...

If students are going to converse in English for about 15 minutes with a native speaker

who does not know Japanese at all, how many times do you think they will have to

clear the 5 hurdles we mentioned last time?


Several times?

No, never.

Probably, tens of times.


And haven't you just thought it's impossible for the students to go on clearing them

tens of times, to say nothing of hundreds of times in a longer conversation .


If you have, the thought must have been based upon the prevailing English conversation

teaching or learning methods.


Yes, it will be impossible with the prevailing methods.

With such mehtods as listening, repetition and / or memorization and recitation

of English dialogues and useful English sentences, words and phrases.

Or as role playing or what we call 'pampered free talking'.


So lets quit such methods.

Now, at this moment.


And let's use or try a new method which is based upon the real English conversation.

Then, the students will not only find it very easy to clear the 5 hurdles, but will also

find the real English conversation exciting, interesting and fun. 

 
----------------------------

英会話実践上の5つの難関と英会話法

さて、皆さん、日本語の全く分からない外国人と本番の英会話を15分間するとしたら、
前回の5つの難関を何回クリヤーしなければならないと思いますか?

数回では済まないでしょう。
何十回としなければならないでしょう。

そして、そんなことを何十回、何百回ときちんとし続けるなんて不可能、などと思われた
のではありませんか?

もしそう思われたら、それは今までの英会話学習の発想によるのです。

そうです。
今までの英会話の学習法ではそんなことは不可能です。

英語の対話例や英会話用の文や語句の聞き取りや、それらの暗記暗唱や、
役に立つ英文を思い出しての語句の入れ替えなどの方法では。

また、ロールプレイ法や、ホスト・フリートーキング法では。

ですから、そんな学習法はもうやめましょう。
今すぐに。

そして、その方法を英会話というものを正しくとらえたものに変えましょう。

そうしたら、前回お話した 「英会話実践上の5つの難関」 をクリヤーすることなど
ごく簡単だと分かるだけでなく、

英会話というものが気楽で楽しくすばらしいものになってくるのです。


ーーーーーーーーーーー

The 5 Hurdles in English Conversation

Where do problems ocurr in the interactive communication process of a real

English conversation?


And how will the problem-solving expressions which we are recommending

solve them?


Before answering them, let us think what we have to do specifically to carry out

a real English conversation properly.


In the real English conversation process,

1) We have to CATCH what our partner says correctly.

2) We have to UNDERSTAND what our partner says correctly.

3) We have to correctly JUDGE or REMEMBER something relevant to what our

partner says.

4) We have to be ready with ENGLISH WORDS or SENTENCES or OTHER COM-

MON MEANS to EXPRESS correctly what we want to say. 

5) In spoken English, we have to express with correct PRONUNCIATION what

we want to say.


What do you think?

Don't you think so?


By the way, we call these 'the 5 hurdles' to clear in English conversation.

 

 ーーーーーーーー

本番の英会話の5つの難関

本番の英会話における意思伝達上の問題はどんなところに起こるのでしょう?

そして、私たちがお勧めしている対処の表現はどのようにしてそれらの問題を
解決するのでしょう。

と言うより、どのように用いればそれらの問題を解決できるのでしょう、と言うべき
かもしれません。

が、その前に、本番の英会話を正しくしていくためには、どのようなことをしなけれ
ばならないかきちんと考えてみましょう。

本番の英会話は、

1) きちんと相手の言うことを聞き取らないと正しくはできません。

2) きちんと相手の言うことを理解しないと正しくはできません。

3) きちんと物事を判断したり、物事を思い出したりしないと正しくはできません。

4) きちんと言いたいことを表現する英語の語句や文や、その他の方法を用いないと

正しくはできません。

5) きちんとそれを発音したり、その他の方法で表現したりしないと正しくはできません。

以上です。

いかがですか?
そうは思いませんか?

ところで、私たちはこれらを 「英会話実践上の5つの難関」 と呼んでいます。

ーーーーーーーー

Problem-Solving Is Almost Everything

'Conversation' is usually 'a spontaneous communication interaction' without

any preparation nor with any rehearsal, we said a few days ago.


But in case of 'English conversation',

the question is 'how we Japanese for whom English is a foreigh language should

do it.' 


Or rather, the real question is how to do it with native speakers who don't know

Japanese at all.  (The reason of this will be given some other time.)


The method is extremely simple.
 

What is needed is only to say a very few simple 'problem-solving expressions'

when necessary.

That is, whenever students meet any problem in the interactive communication,

what they have to do is only to say just one simple word or a few simple words

and try to solve the problem with the help of the partner, and to go on understanding

the partner's messages accurately.


This is probably the best and the only way out of problems for anyone in a conversation

in a foreign language.


Such problem-solving expressions for the very beginers of English conversation at our

school have been only the following three: "Pardon??" or "Sorry??", and "Please guess."


Those for basic level students at our school counts 10 in number, which I will introduce

eventually.


--------------------------------

対処、対処、対処

少し前に、「会話」 とは 「通常、準備もリハーサルもなしにする、つまり即座の相互意思伝達
活動」  だと
言いました。

が、「英(語)会話」 の場合、
問題は英語を外国語とする私たち日本人がこれを英語でどのようにしてするかですね。

と言うより、本当の問題は、それを日本語の全く分からない英語のネイティブスピーカー達と
どのようにしてきちんとするかです。(この理由は又別の機会にお話します。)

その方法ですが、それはごく簡単です。

要は、「対処、対処、対処」 です。

つまり、次から次へと起こる意思伝達上の問題を、相手の協力を得ながら一緒に解決して
行くことです。

そして、きちんと理解し合って行くことです。

そうするしか方法はないのです。

初心者 (入門や初級レベルの方々) はこれが全てです。

そうするためにマスターしておいたら良い入門者用の英語表現が、
"Sorry??" や "Pardon??" と "Please guess." だったのです。

そのための初級者用の英語表現については、いずれお話します。

 

ーーーー

About Our Pragmatic Definitions

Here is something important we would like you to note about our definitions of 'English

conversation' and 'conversational English'. 

We define them pragmatically as follows so that our students can be bilinguals as soon

as possible.

 
'English conversation' is a conversation in which we Japanese mainly use English and supple-

mentarily other means of communication toward a person who knows English but dose not

know Japanese at all.
 

'Conversational English' is English, whether it is a word, a phrase, a sentence or a dialogue,

which is good to use toward a person who knows English but dose not know Japanese at all

in a conversation.

私達の現実的定義

ここで、私たちの 「英語会話」 と 「会話英語」 の定義に関して注意しておいて頂きたい
重要なことがあります。

つまりそれは、私たちがそれらを次のように、出来るだけ速く生徒さんたちがバイリンガルに成れる
ように現実的に定義をしていると言うことです。

 「英(語)会話」 とは、
「日本語の全く分からない外国人を相手に、主として英語を、そして補助的に他の伝達手段も
用いてする (ための) 会話」
です。

「会話英語」 とは
「日本語の全く分からない外国人を相手に、会話をする時に用いたら良い英語の語句や文や
対話例
」 のことです。

 

1  2  3  4

PAGE TOP