2011年9月

Japanese with Gesture will Solve Expression Problems

Dick: Yes.  What is it?

Yuko: (This is an) Enpitukezuri.

 --------------------
 

When a real English conversation has started, even if students don't know the

English words to express what they want to say, they should not be troubled.
 

Instead, they should instantly say the Japanese equivalents to the partner.

Then the partner who doesn't know Japanese will try to repeat the words with

an asking or comfirming mind whether they have said so.


-------------------- 

Dick: Empitukezuri??

--------------------


And when the partner's pronunciation of the Japanese is good, they might praise

it saying "Very good." etc.


--------------------

Yuko: Yes.  (Very good.  Korewa) Konnafuni tsukaimasu. 〈With a gesture.〉

--------------------


Like this, if accurate gesture follows an explanation in Japanese, what they want to

say will usually be communicated successfully.

This is a very important thing to know for the beginers of real English conversation

learning.


-------------------- 

Dick: Oh, a pencil sharpener.

Yuko: Pencil sharpener?

--------------------


And when the partner has given them the English words, they should repeat them

at fewest once to confirm their pronunciation and to learn them if possible. 


-------------------- 

Dick:  Yes.  (It's) A pencil sharpener.  

Yuko:  (A pencil sharpener.)   Thank you.

ーーーーーーーーーー

ジェスチャーを伴った日本語が表現問題を解決

Dick: Yes.  Wha is it?

Yuko: (This is an) Enpitukezuri.
 

本番の英会話が始まったら、
言いたいことを表現するのに必要な英単語を知らなくても悩んではいけません。
その和単語を知っていたら、すぐにそれを相手に向かってはっきりと言いましょう。

そうしたら、日本語の分からない相手は、次のように疑問の気持ちでその和単語を
まねてくるでしょう。

 

Dick: Empitukezuri??


その時、その発音が上手だったら、"Yes.  Very good." のようにほめてあげるのです。


Yuko: Yes.  (Very good.  Korewa  Konnafuni tsukaimasu. 〈With a gesture.〉


そして、このように日本語で説明しても、きちんとジェスチャーをすれば、言いたいことは
きちんと伝わる
のです。

 

Dick: Oh, a pencil sharpener.

Yuko: Pencil sharpener?


ところで、知らなかった英語の語句を相手が言ってくれたら、このようにその場で一回でも
まねて、確認がてらに発音練習をしておくことです。
 

Dick:  Yes.  (It's) A pencil sharpener.  Very Good.

Yuko:  (A pencil sharpener.)   Thank you.

ーーーーーーーーーー

Mastering English Words

Dick: By the way, Yuko, what's that?
-------------------------

Yuko is asked by Dick what it is about one of the things near her hand on the desk.

Then Yuko takes up one of them immediately, and asks back showing it whether or

not it is the one Dick is pointing to, as follows.

-------------------------
Yuko: This?   (/ Which? / Doredesuka??)
-------------------------

By the way, to master the English word 'this' is not to become able to convert instantly

'this' into the lexical Japnese equivalent 'kore' or 'kono' and vice versa.

Basically, it is to become able to say 'this', holding or touching the thing or pointing to

the thing the student can almost touch, to which the student wants to call the attention

of the partner in a real English conversation situation.


The same hold good with the word 'which'.

Most students can give the word 'which' immediately when asked what is the English

equivalent of the Japanese 'dore', but very few students can say, "Which?" instantly

when necessary in a real English conversation situation.


To master English words should not be to become able to do immediate conversions

of lexical equivalents between English and Japanese.

 --------------------
Dick:  No, the red one near your left hand.
           (/ The red one near your left hand.)

Yuko: This?  (/ Koredesuka??)

ーーーーーーーーーー

Dick: Yes.  What is it?

Yuko: (This is an) Enpitukezuri.

Dick: Empitukezuri?

Yuko: Yes.  (Very good.  KorewaKonnafuni tsukaimasu. 〈With a gesture.〉

Dick: Oh, a pencil sharpener.

Yuko: Pencil sharpener?

Dick: Yes, (it's) a pencil sharpener.

Yuko: (A pencil sharpener.)  Thank you.

---------------------

英語の語句のマスター

Dick: By the way, Yuko, what's that?

と、祐子さんはディックさんに自分の手元にあるものが何であるか
尋ねられました。 すると、

Yuko: This?   (/ Which? / Doredesuka??)

と祐子さんは即座に手元にあるものの1つを持ち上げて尋ねます。

ところで、これは非常に重要なことですが、英単語 'this' をマスターするということは、
「this ⇒ これ、この 」 や 「これ、この ⇒ this」 が瞬時にしてできるようになることでは
ありません。

本番の英会話の状況で、必要に応じて即座に、その場から手で触れることができそう
なものを指し示した
り、手で持って示したりして、相手の注意をそのものに引くために

'this' と言えるようになることです。

'Which' にしても同様です。
「『どれ』 に当たる英単語は何ですか?」 と尋ねると、即座に 「which」 と答えられるの
に、本番の英会話の状況では、必要に応じて即座に 'Which?' と言えない人がどれほ
ど多いことでしょう。

英語の語句をマスターするということは、その和英や英和の置き換えが瞬時にできる
ようになることでは決してありません。

Dick:  No, the red one near your left hand.
           (/ The red one near your left hand.)

Yuko: This?  (/ Koredesuka??)

ーーーーーーーーーー

Dick: Yes.  Wha is it?

Yuko: (This is an) Enpitukezuri.

Dick: Empitukezuri?

Yuko: Yes. (Very good.  KorewaKonnafuni tukaimasu. 〈With a gesture.〉

Dick: Oh, a pencil sharpener.

Yuko: Pencil sharpener?

Dick: Yes, (it's) a pencil sharpener.

Yuko: (A pencil sharpener.) Thank you.

---------------------

私たちの極意の実践例 3. / Practical Example Of Our Secrets 3.

Dick: By the way, Yuko, what's that?

Yuko: This?   (/ Which? / Doredesuka??)

Dick:  No, the red one near your left hand.
           (/ The red one near your left hand.)

Yuko: This?  (/ Koredesuka??)

Dick: Yes.  What is it?

Yuko: (This is an) Enpitukezuri.

Dick: Empitukezuri?

Yuko: Yes. (Very good.  Korewa  Konnafuni tsukaimasu. 〈With a gesture.〉

Dick: Oh, a pencil sharpener.

Yuko: Pencil sharpener?

Dick: Yes, (it's) a pencil sharpener.

Yuko: (A pencil sharpener.) Thank you.

---------------------

Why are they troubled into Silent Agonies?

In a real English conversation class, Dick, the teacher asks Yuko, one of the students,

what it is, pointing to something in her hand or on the desk.
---------------------

Dick: By the way, Yuko, what's that?

Yuko: ??   

--------------------
Yuko is holding a pencil in her hand.

And near her hand on the desk are a notebook, an eraser, a pencil sharpener, a pencil

case, a glasses case and a cassette recorder.

But she is troubled because she cannot tell which one Dick is pointing to, and falls into

a silent agony of thinking out which one.
 --------------------

Dick:  That red one near your left hand?

--------------------

Saying so, Dick starts to walk toward her.
--------------------

Yuko: ??

--------------------
She is able to catch and understand 'red', but again troubled with a 'which qwestion'

because both the pencil sharpner and the glasses case are red.
--------------------

Dick: Excuse me, but I mean this.

--------------------
Dick points to the pencil sharpener after saying 'Excuse me, but' because his hand

invades her territory.
--------------------

Yuko: ((Enpitukezuri--Enpitukezuri--??))

--------------------

Here again, she is troubled into a silent agony, because she does't know the English

'a pencil sharpener'.

------------------------ 

なぜ、困っては考え込んでばかりいるのでしょう?

Dick: By the way, Yuko, what's that?

Yuko: ??   

本番の英会話のクラスで、先生であるディックさんが祐子さんの手、または手元に
あるものを指し示してそれが何であるか尋ねています。

祐子さんの手には鉛筆が握られてます。
そしてその手元には、ノートや、消しゴムや、鉛筆削りや、筆箱や、めがねケースや
録音機などがあります。

が、ディック先生がどれのことを言っているのか分からないので、困って、多分
考え込んでいます。

Dick:  That red one near your left hand?

と言いながらディックさんは祐子さんの方へ歩き始めます。

Yuko: ??

 祐子さんは 'Red'  [赤い] というのは聞こえたのですが、鉛筆削りも赤いし、めがね
ケースも赤いので、どっちのことを言っているのか困っています。

Dick: Excuse me, but I mean this.

手が相手の空間 [領域] を犯すので、ディックさんは 'Excuse me, but' と言ってから
そのものを指し示しています。

Yuko: ((Enpitukezuri--Enpitukezuri--?? 英語分からない・・・))

「鉛筆削り」 の英語が分からないので、祐子さんは黙って考え込んでしまいました。

------------------------

従来の英会話法の実践例 3. / A Result of Traditional Methods 3.

Dick: By the way, Yuko, what's that?

Yuko: ??   

Dick:  That red one near your left hand?

Yuko: ??

Dick: Excuse me, but I mean this.

Yuko: ((Enpitukezuri--Enpitukezuri--?? )

---------------------

If Students Keep On Learning 'Conversational English'

What will hapen if students keep on learning 'Conversational English' mistaking it for

'English conversation'?


'Conversational English' is always taught in a form of test in a wider sense.

And the result is always measured in a form of test as well.


So the more students learn 'converstional English' mistaking it for 'English conversation',

the more they will be convinced that the real English conversation situation is a test taking

one.


No, not convinced but rather conditioned.

That is, we should rather say that the more they learn 'converstional English', the more

they will be conditioned physically and mentally to take a real English conversation situa-

tion for a test taking one.


The reflexes of this conditioning are nothing but hindrances to carrying on a real English

conversation successfully.

So they should quit learning 'conversational English' as soon as possible.

Or they should wait to learn it until they have mastered real English conversation method. 

 

 ーーーーーーーーーーー
 

「会話英語」 を 「英語会話」 と誤解するのは、「コーヒーカップ」 を 「カップコーヒー」 と
誤解するようなものです。

それはまた、「剣劇」 や 「剣舞」 を 「剣術」 や 「剣道」 と誤解するようなものです。

(以下次回)

「会話英語」 を 「英(語)会話」 と誤解して学習すると

「会話英語」 を 「英(語)会話」 だと思って習い続けるとどうなるでしょう?

「会話英語」 は全て英語のテスト形式で教えられ、英語のテスト形式でその成果が
計られます。

ですから、 「会話英語」 を 「英(語)会話」 だと思って習えば習うほど、それだけ余
に 「本番の英会話の状況」 を 「(会話)英語のテストの状況」 と思い込んでしまいま
す。

いや、思い込むと言うよりも、全身全霊がそう条件付けられてしまうのです。

つまり、たとえ後に 「本番の英会話の状況はテストの状況ではないのだ。 準備なし
だから、互いに協力し合ってする相互コミュニ
ケーションの状況なのだ」 と分かり、
そう強く思い、そう自分に何度言い聞かせても、本番の英会話の状況に入るや否や、
そんな思いとはうらはらに、身体が、血が、それがテスト
の状況として反応するよう
になってしまうのです。

そうなってしまったら、大変ですよ。

ですから、そのような 「会話英語」 習得の方法で英会話を習ったり、独習したりする
ことは今すぐにでも止めましょう。

 

 ーーーーーーーーーーー
 

「会話英語」 を 「英語会話」 と誤解するのは、「コーヒーカップ」 を 「カップコーヒー」 と
誤解するようなものです。

それはまた、「剣劇」 や 「剣舞」 を 「剣術」 や 「剣道」 と誤解するようなものです。

(以下次回)

1  2

PAGE TOP