2012年2月

英語受験五輪の書4


ーーーーーー解説指導ーーーーーー

河内乙三


***** 本書の題名と目次について *****

あんちゃん、「五輪書」 ちゅう [という] 書物知ってるか?
知ってる。
そりゃあ、話が速いわ。

そう。
戦国末期から江戸時代初期に実在した、
あの有名な宮本武蔵という剣客が書いた
兵法についての五巻から成る書物のことや。

武蔵は
代々足利将軍家の剣術師範として有名だった吉岡一門と
三度にわたって決闘をし、その全てに勝ちを納めたことの他に、
佐々木小次郎を倒したことでも有名やな。

この剣聖とよく呼ばれる宮本武蔵は、
達衛門先生も俺も
日本の歴史上最強の剣客の1人やったと思てる。
ガタガタ言う奴、いるけどな。

ほんで [それで]、
何で達衛門先生が 『受験英語』 を講義しゃーはる [なさる] のに、
武蔵の 『五輪書』 を持ち出さはった [れた] のかやけどな。

それは、そこに
あんちゃんらが受験生活を送るのに共通する、
最高にええことがいっぱい書いたあるからやで。

それだけやない。
先生の 「本物の英語」 を皆んなに分かってもらい、学習してもらう
のにこれまた最高にええことがいっぱい書いたあるからや。
「剣術」 や 「兵法」 を 「英語学習」 や 「英語学習法」 と読み替えた
らな。

それから、題名の後の方の 「真剣勝負」 は
あんちゃんらに
英語の勉強にめっちゃ真剣になってもらわなあかん
からやて [ないといけないからだって]。

英語がめっちゃ苦手やけど、
難関大学を相手に特に 「逆転合格」 したり、
英語をマスターしたりしたいあんちゃんらにな。

分かった?


ところで、上の 「目次」 やけどな、
その中心は先生が参照しゃーはった
(経営思潮研究会発行、徳間書店発売、神子ただし氏現代語訳の)
「宮本武蔵 五輪書」 の目次と同様、
五輪書の各巻名、「地の巻」 「水の巻」 等が見出しに成ってる。

武蔵はこれらの巻名それぞれに、彼なりの
兵法修行上の重要な意味を持たせてんねん。
その解説が、 彼の 「五輪書」 の 『地の巻』 の
「この兵法の書五巻に仕立てること」 の項にあるで。

達衛門先生は、先生なりの
英語マスター上のある意味を各巻名に持たせたはん [ていらっしゃる] ねん。
ほんで、その意味は各巻の序言を読んでもらったらええんやけど、
上の目次の ( ) 内の、各巻の大まかな内容から
それ、感じ取れるかも知れへん。


ほな、又な。

 

英語受験五輪の書3

「逆転合格 『英語受験五輪の書』 真剣勝負」 :

思伝達衛門


*クイズ解説: 河内乙三*


ーーー目次ーーー




一、序の言

二、地の巻 (英語の大基礎 [基礎の基礎] 論:第1輪)

三、水の巻 (英語の小基礎群論:第2輪)

四、火の巻 (英語の基礎の発展論:第3輪)

五、風の巻 (英語の長文速読論:第4輪)

六、空の巻 (英語の自在パラフレーズ論:第5輪)

七、結の言



ーーーーーー解説指導ーーーーーー河内乙三


***** 本書の題名と目次について *****

あんちゃん、「五輪書」 ちゅう [という] 書物知ってるか?
知ってる。
そりゃあ、話が速いわ。

そう。
戦国末期から江戸時代初期に実在した、
あの有名な宮本武蔵という剣客が書いた
兵法についての五巻から成る書物のことや。

武蔵は
代々足利将軍家の剣術師範として有名だった吉岡一門と
三度にわたって決闘をし、その全てに勝ちを納めたことの他に、
佐々木小次郎を倒したことでも有名やな。

この剣聖とよく呼ばれる宮本武蔵は、
達衛門先生も俺も
日本の歴史上最強の剣客の1人やったと思てる。
ガタガタ言う奴、いるけどな。

ほんで [それで]、
何で達衛門先生が 『受験英語』 を講義しゃーはる [なさる] のに、
武蔵の 『五輪書』 を持ち出さはった [れた] のかやけどな。

それは、そこに
あんちゃんらが受験生活を送るのに共通する、
最高にええことがいっぱい書いたあるからやで。

それだけやない。
先生の 「本物の英語」 を皆んなに分かってもらい、学習してもらうのに
これまた最高にええことがいっぱい書いたあるからや。
「剣術」 や 「兵法」 を 「英語学習」 や 「英語学習法」 と読み替えたらな。

それから、題名の後の方の 「真剣勝負」 は
あんちゃんらに
英語の勉強にめっちゃ真剣になってもらわなあかん
からやて [ないといけないからだって]。

英語がめっちゃ苦手やけど、
難関大学を相手に特に 「逆転合格」 したり、
英語をマスターしたりしたいあんちゃんらにな。

分かった?


ところで、上の 「目次」 やけどな、
その中心は先生が参照しゃーはった
(経営思潮研究会発行、徳間書店発売、神子ただし氏現代語訳の)
「宮本武蔵 五輪書」 の目次と同様、
五輪書の各巻名、「地の巻」 「水の巻」 等が見出しに成ってる。

武蔵はこれらの巻名それぞれに、彼なりの
兵法修行上の重要な意味を持たせてんねん。
その解説が、 彼の 「五輪書」 の 『地の巻』 の
「この兵法の書五巻に仕立てること」 の項にあるで。

達衛門先生は、先生なりの
英語マスター上のある意味を各巻名に持たせたはん [ていらっしゃる] ねん。
ほんで、その意味は各巻の序言を読んでもらったらええんやけど、
上の目次の ( ) 内の、各巻の大まかな内容から
それ、感じ取れるかも知れへん。


ほな、又な。



******************** 


大前提: 英語とコミュニケーション (活動)


「英語」 とは、コミュニケーション [意思伝達] のための、

つまり、人々が情報や考えや気持ち等を伝え合うための

一つの手段、あるいは道具である。


この英語という道具を用いて、

きちんとコミュニケート [意思伝達] できている時は、

話者や筆者が

それによって伝えようとしている情報や考えや気持ちと

同じとみなせるものが次から次へと

聞き手や読者の頭の中に生じて行っているはずである。




 

英語受験五輪の書2

ーーー「英語受験五輪の書」をひも解く前にーーー

河内乙三


俺、河内乙三。
あだ名は 「河内のおっさん」 や。

先生は紳士や。
俺はちゃう [違う] で。

どうちゃうかって?
ゴンタやがなゴンタ。

何? 「ゴンタ」 って何やて?
まあええ [良い] がな、そのうち分かる。


ところで、あんちゃん [君は] 大学受験生?

ふーん、高3で、英語、めっちゃ苦手。
模試の偏差値30台。
えっ、20台?
かめへんかめへん。

おっさんの言うこと聞いて頑張ったら、
60台にでも70台にでもなるから。


けど、きちーんと言うこと聞かなあかん [いけない] で。
聞いて頑張らなあかん


ところで、何でもそや [そうだと] 思うけど、
英語も基礎が大事や。

基礎からやり直すんやで。

せや [そうだ] けど、
本物の英語の基礎ちゅう [と言う] か、
英語の本物の基礎ちゅうか、
これをやらな [しないと] あかんねん。

これやらんとめっちゃ時間かかんねん。
偏差値20台や30台のあんちゃんらを
半年以内に60台や70台に上げたろ思たら。


けどな、英語の本物の基礎なんか書いたる本あれへん。
達衛門先生本以外には。

そんなん教えてくれる人おれへん。
達衛門先生以外に。


せやから俺、
あんちゃんらのために先生に頼んで、

先生の 「逆転合格 『英語受験五輪の書』 真剣勝負」 の、
英語の本物の基礎書いたある
「難関突破基礎クイズ」
解説させてもらうことにしたんや。

この先生のブログで無料でな。

ただし、
無料なのは
先生の 『英語受験五輪の書』 も含めて、
これから1年間だけ
やからな。


なぜあんちゃんらのためにそんなことするんやて?

それは、達衛門先生は困っている人助けたい人やし、
俺は先生にめっちゃお世話になったし。


ほな、今日はここまで。
さいなら。



 

英語受験五輪の書1

達衛門先生

「逆転合格 『英語受験五輪の書』 真剣勝負 」

*クイズ解説: 河内乙三*

 

(お断り: この記事は元々、株式会社エフティコミュニケーションズ関係の 「コミュプラス・ビジネスブログ」
に、2009年4月8日~2010年6月18日に投稿したものです。)




ーーー はじめに ーーー



思伝達衛門です。


この度、

最近の私の周りの様々な事情と、

私の愛弟子、河内乙三の強力な勧めにより、

英語の苦手な受験生の皆さんのために、

「逆転合格 『英語受験五輪の書』 真剣勝負 」

という本ブログを始めることになりました。


そして、

本ブログの 「難関突破基礎クイズ」 に関しては、

乙三くんが解説指南してくれることになりました。

どうぞ宜しくご愛読ください。


そして、

私が 『本物の英語』 と呼ぶものを

楽しく学び、本物の高度な英語力を身に付け、

第1志望の大学の入学試験に逆転合格

してください。


対象は主として

日本の中学3年生以上の

難関高校や難関大学合格を目指す

英語が非常に苦手な受験生の方々
です。


しかし、これは英語が苦手で

英検準1級や1級合格、

TOEIC や TOEFL 等で高得点を目指す方々
にも

必修の内容だと思います。


それでは、頑張ってください。





 

"Which one is yours?" の秘密2

やり直し英語無料講座:


入門「本物の英語」極秘レッスン 8.下

*************************************************

表題文: Which one is yours?
The red one in the corner is mine.


***************************************************************

秘密の研究:
(中・上級者、先生方対象)


秘密 (11) : 英語の 「文」 と 「句」



"That bag on the chair" を日本語にするとどうなるでしょう?」
と尋ねると、多くの生徒さんが、
「あのカバンは椅子の上にある。」 と和訳なさいます。

このような生徒さんは、
英語の 「文」「句」 の違いがよくお分かりになっていないのです。

「文」 とは、話し手があるものを主体とし
それに関するある判断を言葉で表現したもの
ですが、
きちんとした 「文」 には
その判断の中心となる状態や動作や変化を表す動詞が必要
です。


一言で言うと、
きちんとした 「文」 には、その中心となる動詞が必要なのです。

上の英単語の並びには、その、文の中心となる動詞がないので、
それは 「文」 ではありません。

それは 「文の一部」 と成るべきもので、(広い意味での)
「句」 と呼ばれているものです。

その成り立ちは、
「名詞のつなぎ」 つまり 「前置詞」 の on
後ろの名詞 the chair を前の that bag にくっ付けている形になっています。

"That bag ← on + the chair"

その和訳は
「(その) 椅子 + の上の → あのカバン」 です。

これは全体として、ある物を表している句です。

人や物事を表す単語 (= 名詞) や句 (= 名詞句) は
主語 「__ は、が」 や補語 「__ で」 の位置に入れることができ
ましたね。

ですから、

That bag on the chair (が) is (= ある) mine (で).
(直訳: 椅子の上のあのかばん (が) 私のもの (で) ある。)


とか、

Mine (は) is (= ある) that bag on the chair (で).
(直訳: 私の (も) の (は) 椅子の上のあのかばん (で) ある。)


などと言えるのです。

もっとも、後者の場合、 "that bag on the chair" [椅子の上のあのかばん] は、
通常 "that on the chair" [椅子の上のあれ] としますが。



秘密 (12) : 場所か物か?


英文法をお教えしていて、
『公園 [a park]』場所ですか、それともですか?」 
と尋ねると、大概の人は 「場所です。」 とお答えになります。

しかし 『公園 [a park]』 は 「場所」 ではありません。 「物」 です。

なぜなら、国語辞典で 「公園」 を引いても、
英和辞典で "park" を引いて (「公園」 という意味の箇所を見て) も、
いずれも 「名詞」 とされているからです。

「名詞」 とは、人あるいは物や事を表す言葉でしたね。

そして、英文を作る時、
それは 「主語(は、が)」 の位置にも、「補語(で)」 の位置にも
(、「相手語 [目的語] (を)」 の位置にも) 入り、
通常その前から、「形容詞」 がくっ付くこともできるのです。

What is "USJ"? [直訳: USJ (とは) 何 (で) ある (か) ?]

It's a park. [直訳: それ (は) 公園 (で) ある。]

The park is big and wonderful.
[直訳: その公園 (は) 大きい、そして素晴らしい (で) ある。]
又は、
It's a big and wonderful park.
[直訳: それ (は) 大きい、そして素晴らしい公園 (で) ある。]

(I love the park.
[直訳: 私 (は) その公園 (を) 愛している。])

(参考:意訳:USJって何? 公園よ。 大きくって素晴らしい公園。 
わたし (その公園が) 大好き。)



以上のように 「公園」「もの」 です。
これは 「『公園』 自体は 『もの』 である。」 という意味です。

しかし、それ (=公園) は他のものにとっては、『場所』 となるのです。
ただしこの場合、他の人や物事を主にし、公園を従にしなければなりません。
そして、従属的な関係で公園をその主たるものにくっ付ける働きをする言葉が
「前置詞」
なのです。


ですから、ある主たる人や物事を意識した上での

at the (又は a) park [その (or ある) 公園に/ で/ の],
in the park [(その) 公園 (の中) に/ で/ の],
by the park [(その) 公園 のそばに/ のそばで/ のそばの],
near the park [(その) 公園 の近くに/ の近くで/ 近くの],
above the park [(その) 公園 の上の方に/ の上のほうで/ の上の方の],
behind the park [(その) 公園 の後ろ に/ の後ろで/ の後ろの],
around the park [(その) 公園 の周り (or 辺り) に/ で/ の],
through the park [(その) 公園 を通って (いる)],

等が、場所を表す表現と成る
のです。

ですから、"a park" や "the park" や "(the) parks" だけでは、それは
「公園」 という 『もの』 を表しているのであって、
『場所』 を表しているのではありません。



ところで、以上のことは非常に重要なことを示唆しています。

つまり、物ならどのような物でも、
いや、物だけでなく、どのような人もどのような出来事も、
他の人や物事にとっては、位置関係を表す前置詞さえ使えば、
全て場所を表す表現となり得る
ということです。

鉛筆や灰皿、辞書や机だって、火事でさえ公園のように 「場所」 になり得るのです。

The coin by the red pencil on the desk is mine.
[直訳: (その) 机の上の (その) 赤鉛筆のそばの (その) コインは 私のものである。]
[意訳: 机の上の 赤鉛筆のそばにある コインは 私のよ。]

His coin is in the ashtray behind the dictionary.
[直訳: 彼のコインは (その) 辞書の後ろの (その) 灰皿の中に ある。]
[意訳: 健ちゃんのコインは 辞書の後ろにある 灰皿の中 よ。]

The murder took place in the fire.
[直訳: その殺人 (事件) は その火事の中で 起こった。]

"Which one is yours?" の秘密1

やり直し英語無料講座:


入門「本物の英語」極秘レッスン 8.中

*************************************************

表題文: Which one is yours?
The red one in the corner is mine.

***************************************************************
語句の秘密: 以下の【】内


which : 【限られた数のものからの選択を求めて】
どの、どちらの 〈(疑問) 形容詞〉
どれ、どちら (のもの、人) 〈(疑問) 代名詞〉

one : (基数の) 1(、1つ、1人) 〈名詞、数詞〉
1つの、1人の 〈形容詞〉
【どの種のものか、聞き手にも分かっている】 もの
〈代名詞〉

yours : あなたのもの 〈(所有) 代名詞〉

red : 赤い、赤色の 〈形容詞〉

a corner : 【交差するところを、外 (=180度より大きい角側)
から見て】
角 (=かど) 、
【内 (=180度より小さい角側) から見て】〈名詞〉

beautiful : 【心や感覚を完全に喜ばせたり、
楽しませたりする】
美しい、りっぱな、素晴らしい 〈形容詞〉

new : 新しい 【⇒ 「新しく現れた、出来たての、新品の、
未使用の、初めて発見された、初めて知る (、知った)、
新任の、次の、不慣れな」等の意味を含む】
〈形容詞〉

and : そして、と〈対等接続詞〉

mine : 私のもの 〈(所有) 代名詞〉

old : 古い、年とった、年月(日=時間)を経た 〈形容詞〉

shabby : 使い古した、いたんだ、みすぼらしい 〈形容詞〉




****************************************************
英文 Which one is yours?
The red one in the corner is mine. の文法の秘密:



さて、これらの英文の成り立ちですが、


上の英文の単語を、文の中心と成る is [ある]

文を作るために持っている次の言葉の位置

Wh-語 (類) / __ (か) / __ (は) / is / __ (で).

にきちんと入れることができたら、

その英文の成り立ちが

きちんと分かっていることに成りましたね。


そして前者の疑問文の場合は、そこに

Which one (が)/ is (か) / ___(は、が) / ____ / yours (で) ?

(参考: どのもの(が) / ある (か) / ___ (は、が) /
____ /
あなたのもの (で) ?)

のように、

その英単語を全てきちんと入れることができましたか?


ところで、これは非常に重要なことですが、

上の分析の 「wh-語」 の位置の黒字の 「(が)」 は

which one と共に

赤字の 「主語 (は、が)」 の位置から来ているのです。


ちなみに、この英文は、

Which one (で)/ is (か) / yours (は) / ____ / __ (で) ?

(参考: どのもの(で) / ある (か) / あなたの(もの) (は) /
___ / ___ (で)
?)

とも考えることができますが、

話の流れからして前者の分析の方が適切です。


ところで、

この後者の分析の 「wh-語」 の位置の黒字の 「(で)」 は

which one と共に

赤字の 「補語(で)」 の位置から来ています。


さて、後者の答えの英文ですが、

その成り立ち分析は、

Wh-語 / (か) / The red one in the corner (が) / is /
mine (で).

(参考: Wh-語 / (か) / (その) 隅の (中のその)
赤い (も) の (が) / ある / 私のもの (で).)

のように成ります。


ところで、The red one in the corner は、

名詞のつなぎである前置詞 in が
後ろの名詞 corner を前の代名詞 one に
くっ付けた形に成っています。


このことを私達は次のように表しています。

The red one in the corner

(参考: その 赤い (も) の の中の その 隅)


ちなみに、the red one と the corner の成り立ちは、

それぞれ

the redone (参考: その 赤い もの)

the corner (参考: その 隅)

です。 

"Which one is yours?"

やり直し英語無料講座:


入門「本物の英語」極秘レッスン 8.上

*************************************************

表題文: Which One Is Yours? 
The Red One In The Corner Is Mine.

*********************************************************
テキスト:



Emily : Oh...Well... You mean,
your bag is on that table.

(そのテーブルにゆっくりと近づいて行きながら)

Which one is yours?

Yuriko : ??... 【(Sorry,) I don't understand.】

Emily : I mean, which bag is your bag?

Yuriko : That bag is my bag.

Emily : You mean, the red one in the corner?

Yuriko : ??... 【(Sorry,) I don't understand.】

Emily : You mean, this (one)?

Yuriko : Yes.

Emily : Hmm... It's a beautiful bag.

Yuriko : Thank you.

Emily : Yours is new and beautiful.
But mine is old and shabby.



**************************************
日本語らしい和訳(=意訳):


エミリ : えっ...そうですねぇ...(あなたのカバンは)
あのテーブルの上だ
とおっしゃってるのですね。

(そのテーブルにゆっくりと近づいて行きながら)

どれ (があなたのもの) ですか?

百合子 : ??... 【(すみません、) 理解できません。】

エミリ : 私の言っているのは、
どのカバンがあなたのカバン (である) か? ということです。

百合子 : あのカバン (が私のカバン) です。

エミリ : おしゃっているのは、 隅にある赤いのですか?

百合子 : ??... 【(すみません、) 理解できません。】

エミリ : おっしゃってるのは これ(のこと) ですか?

百合子 : そうです。

エミリ : んー、(それは) りっぱなカバンですね。

百合子 : ありがとうございます。

エミリ : あなたの (もの) は新しくてりっぱですね。
でも、私の (もの) は古くて傷んでいます。



****************************** 注意 ******************************

1) 英会話用の決まり文句以外の
英単語や英文法の秘密の解説は
次回にきちんとします。

"Where is the bag? It's on the table."の秘密2

やり直し英語無料講座:


入門「本物の英語」極秘レッスン 7.下

*************************************************

表題文:Where is your bag? It's on that table.

***************************************************************

秘密の研究:
(中・上級者、先生方対象)


秘密 (10) : It's on that table. と It's that table.



"Our place (= house; apartment) is in Amagasaki City.
Where is yours (= your place) ?"

と尋ねると、
"It's Ashiya City."
[直訳: それは芦屋市である。]
"It's Suita City."
[直訳: それは吹田市である。]

のように答える方がなんと多いことでしょう。

この場合、
"It's Ashiya City." という英文の意味は、
It = Our house (あるいは、Our apartment) ですから、
その直訳の意味をよく考えると分かるように、
「私達の家 (or アパート) は芦屋市全体です。」
となります。

これを文法的にきちんと解説すると、次のようになります。
Ashiya City に前置詞が付いていず、直接 is [ある] の後に来ていますね。
そうするとそれは 「補語(で)」 の位置に入っていると解釈されます。
is を介した 「補語(で)」 は、
「主語 (は)」 (この場合 It = Our house) 自体を説明する位置でしたね。
ですから、その意味は 「それ (=私達の家) 自体が芦屋市である。」
という意味に成るのです。


"It's Suita City." という英文も同様に
「それ (=私達の家) 自体が吹田市である。」
ということに成り、「私達の家は吹田市全体です。」
という意味に成るのです。

「ある人の家自体が吹田市全体である」
などという馬鹿なことはないでしょう。

これらはもちろん、
Ashiya City や Suita City が「副え」の位置に入るように、
それぞれ前置詞を付けて、

"It's in Ashiya City."
[直訳: それは芦屋市の中にある。]

"It's in Suita City."
[直訳: それは吹田市の中にある。]

としなければなりません。


なぜ英会話学習者の非常に多くの方々が、
上のような誤りをなさるのでしょう??


それは、正しい英文法をきちんと身に付けていらっしゃらないことも
さることながら、英文を全て意訳を頼りに学習なさっているから
です。

"Our place (= house; apartment) is in Amagasaki City.
Where is yours (= your place) ?"


を、

「僕の家は尼崎市にあるんですが、お宅は何処ですか?」 とか、
「私んち (= 私の家) は尼崎市にあるの。 お宅は何処?」

などという日本語らしい和訳 (=意訳) で学習なさっているので、
その答えが日本語らしい

「(うちは) 芦屋市です。(=うちは芦屋市である。)」 とか、
「(私んちは) 吹田市よ。(=うちは吹田市である。)」

などという発想になってしまって、

"My house is Ashiya City."
[直訳: 私の家は芦屋市である。]
とか、
"My apartment is Suita City."
[直訳: 私のアパートは吹田市である。]


という応答と成るのでしょう。

ところで、本文のエミリ先生の

"By the way, where is your bag?"
[直訳: ところで、あなたのカバンはどこにあるか?]
[意訳: で、あなたのカバンはどこですか?]


という問いに対する百合子さんの、

"My bag is that table."
[直訳: 私のカバンはあのテーブルである。]
[意訳: (私のカバンは) あのテーブルです。]


という応答も同様で、この英文は
「私のカバン自体があのテーブル全体である。」
という意味ですよ。
そんな馬鹿なことはありませんね。

このような重大な誤りは、
日本語発想 (の和文) をそのまま英訳した結果です。

英作文 (や和文英訳) をする時、
日本語発想 (の和文) をそのまま英訳してはいけません。
絶対に。



それではどうすれば良いのでしょう?
今上で言ったように
日本語発想 (を英作文したり、) あるいは日本語発想の和文
(=日本語らしい和文) をそのまま英訳したりしてはいけない
のですから...
英語発想を英作文したり、英語発想の和文をそのまま英訳したりしたら
どうでしょう?

実は、そうすれば全てがうまく行くのです。
ただしこの時、「本物の英文法の知識」 が要るのですが...

それから、
「英語発想を英作文出来る」 ように成るためには、
英語発想に慣れることです。

「英語発想」 に慣れるためには具体的にどうしたら良いのかと言うと、

先ず、英文を日本語に直訳して理解するように勤めることです。
なぜなら、「英文の和直訳」 こそ 「英語発想の和文」 ですから。

次に、「英語の発想順」「本物の英文法」 の関係をきちんと理解し、
これを意識しながら英文を多読することです。

ということは、上の 「英語発想の和文をそのまま英訳する」 とは、
「英文の和直訳を元の英文に戻す」 という非常に簡単なこと
になりますよね。

例えば、
(Our apartment is in Amagasaki City. ⇒ 和直訳:)
私達の アパート は 尼崎市 の中に ある。⇒
Our apartment is in Amagasaki City.

のように。
 

"Where is the bag? It's on the table."の秘密1

やり直し英語無料講座:


入門「本物の英語」極秘レッスン 7.中

*************************************************

表題文:Where is your bag? It's on that table.

***************************************************************
語句の秘密: 以下の【】内


a bag : 【根義: あらゆる袋やカバン状の入れ物】

袋、手さげ、カバン 〈名詞〉

on : 【根義: に (外から) くっ付いて (いる) 】

の上に (くっ付いて)、の上で (くっ付いて)、

の上の (=に上からくっ付いている)

〈前置詞〉

〔注意: 話の流れや状況によって、
様々な日本語らしい和訳になります。〕


a chair : 【根義: 背もたれのある1人掛けの椅子】

椅子 〈名詞〉

 〔注意: 背もたれの無い1人掛けの椅子は 
a stool です。〕


where : どこに、どこへ、どこで 〈疑問副詞〉

a table : 【根義: 脚の付いた引き出しの無い

あらゆる用途台】


テーブル、食卓、仕事台、ゲーム台 〈名詞〉

〔注意: 脚と引き出しが付いている、主として
読み書きや事務をする 「机」 が a desk です。〕



****************************************************
英文 Where is your bag?
It's on that table. の文法の秘密:



先ず、これらの英文の成り立ちですが、


上の英文の単語を、文の中心と成る is [ある]

文を作るために持っている次の言葉の位置

Wh-語 (類) / __ (か) / __ (は) / is / __ (で).

にきちんと入れることができたら、

その英文の成り立ちが

きちんと分かっていることになりましたね。


そして、前者の英文の場合は、

Where / is (か) / your bag (は) / ____ / __ (で) ?

(参考: こに / ある (か) / あなたのかばん (は) /
___ / ___ (で)
?)

のように、その英単語を全て

そこにきちんと入れることができます。

しかし、後者の英文の場合は、

Wh-語 (類) / __ (か) / It (は) / is / on that table (で). 

のように、on that table を
「 ___ (で)」 の位置に入れることはできません。


なぜなら、「 ___ (で)」 の位置は
主語 「 ___ (は)」 自体
(ここでは It = My bag)
(前置詞の付いていない) 名詞類や形容詞類で
直接説明する位置です
から。


ところで、

「ある、いる」 だけでなく 「ーする、ーしている」 も含めて、
英語の動詞は皆、一番後ろに、
その動詞 「ある、ーする」 に間接的に、
部分的あるいは一時的にだけ関係する
様々なものごとを表す
(私達が) 「副え」 (と呼ぶもの) の位置
を持っているのです。


「副え」 が表す、その様々なものごととは、
その文の 「(主) 動詞」
(があらわす動作や状態や変化)
「様態」 や 「場所」 や 「方法」 や 「時」
などです。


ですから、

is [ある] は文を作るために、その前後に

次のような位置を用意して持っていることになります。

Wh-語 (類) / _ (か) / _ (は) / is / _ (で) / 副え (類).
[参考: Wh-語(類) / 疑問化 / 主語 / is / 補語 / 副詞類.]

そして、先ほどの on the table は、

そのカバンが存在する 「場所」 を表す 「副え」 として

「副え」 の位置に入れなければなりません。

It (は) / is / _ (で) / on the table (= 副え).

のように。



 

"Where is the bag? It's on the table."

やり直し英語無料講座:


入門「本物の英語」極秘レッスン 7.上

*************************************************

表題文:Where Is Your Bag? It's On That Table.
*********************************************************
テキスト:


Emily [The teacher] : Your name, please?

Student 5 : My name is Yuriko Ueda.

Emily : Yuriko?

Yuriko : Yes.

Emily : Yuriko,

(身近にある椅子の上のかばんを指し示して、)

this is my bag. (指し示すのを止めて、)

It's on the chair.

You see?

Yuriko : Yes, I see.

Emily : Very good!

By the way, where is your bag?

Yuriko : My bag is that table.

Emily : Oh...Well... You mean,

your bag is on that table.




**************************************
日本語らしい和訳(=意訳):

エミリ [先生]: お名前をお伺いできます?

生徒さん5: (私の名前は) 上田百合子です。

エミリ: ユリコ?

百合子: そうです。

エミリ: ユリコさん、これは私のカバンです。

それは椅子の上にありますね。

分かりますか。

百合子: はい、分かります。

エミリ: 大変よろしい。

ところで、(あなたの) カバンは何処にありますか?

百合子 : (私のかばんは) あのテーブルです。

エミリ : えっ...そうですねぇ...

(あなたのカバンは) あのテーブルの上にある、

とおっしゃってるのですね。





****************************** 注意 ******************************

1) 英会話用の決まり文句以外の
英単語や英文法の秘密の解説は
次回にきちんとします。

 

*************************************************************************

 

やり直し英語無料講座:


入門「本物の英語」極秘レッスン 7.上
*************************************************
表題文:Where Is Your Bag?  It's On That Table.
*********************************************************
テキスト:


Emily [The teacher] : Your name, please? 

Student 5 : My name is Yuriko Ueda.

Emily : Yuriko?

Yuriko : Yes.

Emily : Yuriko,

(身近にある椅子の上のかばんを指し示して、)

this is my bag.  (指し示すのを止めて、)

It's on the chair.

You see?

Yuriko : Yes, I see.

Emily : Very good! 

By the way, where is your bag?

Yuriko : My bag is that table.

Emily : Oh...Well... You mean,

your bag is on that table.

**************************************
日本語らしい和訳(=意訳):

エミリ [先生]: お名前をお伺いできます?

生徒さん5: (私の名前は) 上田百合子です。

エミリ: ユリコ?

百合子: そうです。

エミリ: ユリコさん、これは私のカバンです。

 それは椅子の上にありますね。

分かりますか。

百合子: はい、分かります。

エミリ: 大変よろしい。

ところで、(あなたの) カバンは何処にありますか?

百合子 :  (私のかばんは) あのテーブルです。

エミリ : えっ...そうですねぇ...

(あなたのカバンは) あのテーブルの上にある、

とおっしゃってるのですね。

****************************** 注意 ******************************

1) 英会話用の決まり文句以外の
英単語や英文法の秘密の解説は
次回にきちんとします。

********************************

1  2  3

PAGE TOP