2012年5月

英語受験五輪の書96

「逆転合格 『英語受験五輪の書』 真剣勝負」 :

思伝達衛門


河内乙三のお勧め 2.


********
保護者の皆様へ 2.********


今回は、
こと英語に関しては、なぜ達衛門先生以外に、正しく
真に感動的な授業ができる人が (日本国中に、いや、
世界中に) いないか、その原因というか、理由という
か、その根拠をお話するのでしたね。

が、その前に、私が前回お話したことと同方向の、更
に進み良くまとまった意見
を、昨日たまたま 「Yahoo!
知恵袋」
の回答の中で見つけたので、紹介しておきた
と思います。

それは、zumesann さんという方からの (2007年8月
27日の)

「今高2なのですが、通うなら東進ハイスクールと駿台
のどちらが良いと思われますか?」

という質問に対する2つのすばらしい回答です。

本稿の話の流れ上、その後者の回答を次に引用させ
てもらいますが、その前者の tonsukecaram さんの回
答がベストアンサーに選ばれているので、そちらの方
もぜひウェブでご覧になっておいて下さい。
(ヤフー検索窓直ぐ上の 「知恵袋」 をダブルクリック、
知恵袋検索窓で 「今高2なのですが、通うなら東進ハ
イスクール (と駿台のどちら) 」 で検索。 又、その他
の関連質問と回答もぜひ参考に。)

さて、以下が、その後者の o_oyoro6 さんの回答です。


「あなたは勘違いをしています。
予備校は全て講師で決めるものです。それ以外の要素
は勉強と直接関係なく、予備校が儲ける為の手段に過
ぎないのです。予備校が一番苦労するのが、よい講師
を集めることなのです。ですから、設備などは、講師の
質をごまかすための口実に過ぎないのです。どんなに
汚い校舎であってDVDがなくても、勉強がわかるように
なるにはよい講師に教えてもらう以外ないのです。

現実には、


進学校では友達同士の間で
よい講師の情報が伝わり、
その講師だけを受ける


ということが行われています。
予備校名では絶対に選ばないのです。
このような情報を得られない学校の生徒は現実に損を
することになりますが、方法はあります。まずよい講師
はたくさん本を出していたりしますのでとりあえず予備
校の参考書売り場に行ってそれを調べてみることです。
自分にあっていそうならばその講師を受講してみるの
がよいでしょう。


最後に
予備校は、勉強でわからないところを解決するために
行くのであり、誰もが悩むところは大教室でやるような
講義でも十分なのです。個別な授業はあなただけわか
らないところを教えてもらうために最適です。ですから、
どちらも必要なのであり、そのためにはまずあなたが
どこがわかっていないのかをはっきりさせるための自
宅での勉強が必要になるのです。この作業をしないで
予備校にいっても、お話を聞くだけ、ノートをとるだけで
終わってしまうのです。」


極端な言い方がされている箇所が2,3ありますが、
にこの通りだと思います。 ただし、英語の講師以外は。


これは、今回話そうとしていたことと直接関係している
ことですが、
こと英語に関しては達衛門先生以外に
い講師
など、日本国中の何処を探しても、いや、世界
中の何処を探してもいない
と断言できます。

この根拠は次回に示すことになります。
が、このことに関するどなたからの挑戦でも、達衛門
先生は受けて立たれるでしょうし、私、河内乙三が受
けてたってもいいのです。


たとえその相手が、大手予備校や塾のトップレベル講
師であろうが、東大や京大や筑波大等の日本のトップ
レベル大学の教授や研究者であろうが、世界のトップ
レベル大学のオックスフォード、ケンブリッジやロンド
ン大学、あるいはハーバード、プリンストンやスタンフ
ォード等の大学の教授や研究者であろうが
です。

つまり、それが英語教育であろうが、英会話教育であ
ろうが、達衛門先生に勝る先生は世界中の何処にもい
ない、
ということです。
(ちなみに私は今、「英語」 と 「英会話」 を分けて別物
のように言いましたが、達衛門先生によると、これらは
同じものであるとのことです。)

それでは、又。




********達衛門先生の授業

先ずは無料体験を******** 


ベスティー難関大学英語受験コース

ーーーコースーーー

「Bi コース」
初級 [Basic] 6ヶ月22回
・ 中級 [Intermediate] 6ヶ月22回の1年コース

主として (中3・) 高1生対象

「(中3)」 は中3生で特に本コース受講を希望する方々。

「As コース」
上級 [Advanced] 6ヶ月22
回 ・ 超上級 [Superior] 6ヶ月22回の1年コース

主として高2 (・高3) 生対象

「(高3)」 は高3 ・ 浪人生で特に本コース
受講を希望する方々。

ーーー教室・曜日・時間の予定ーーー


「Bi コース」

大阪梅田東洋ビルディング本館教室
月曜日 6時10分~7時30分 / 水曜日 8時~
9時20分

神戸三宮センタープラザ西館教室
火曜日 6時10分~7時30分 / 金曜日 5時40分
~7時

「As コース」

大阪梅田東洋ビルディング本館教室
月曜日 8時~9時20分 / 水曜日 6時10分~
7時30分

神戸三宮センタープラザ西館教室
金曜日 7時30分~8時50分

(教室としては、「神戸東灘区民センター」の可能性も
考慮。)

ーーークラス規模・授業料・入会金ーーー

1クラス: 3名~10名。 
授業料: 週1回80分、6ヶ月22回、60,000円
入会金: 10,000円


ーーーーーー


べスティー個人教授

ーーー無料体験授業・授業料・入会金ーーー

無料体験授業: 随時、1回
授業料: 週1回80分、10,000円
ただし、本年7月末までは、8,000円
入会金: 無し

ーーーーーー

ベスティー講習会

ーーー会場・曜日・時間ーーー

大阪梅田東洋ビルディング本館教室又は会議室
隔週土曜日 10時40分~12時30分 /  
毎週日曜日 10時10分~12時
5月8日 (土) スタート

ーーー参加料・定員・講習内容ーーー

参加料: 一回100分、2,000円
ただし、本年7月末までは、1,000円
定員: 50名
講習内容: (段階を追って1ヶ月毎に変わり、) 
1ヶ月間同内容

ーーーーー


以上、詳しくは無料体験授業や講習会参加時に
お願い致します。

お申し込み方法:
直接 06-6372-9722 (留守電も対応) にお電
話頂くか、ホームページ、「ヒューコム・インター」 の
「お問い合わせ」 欄をご利用頂いてもかまいません。



以上です。

ーーー


 

英語受験五輪の書95

「逆転合格 『英語受験五輪の書』 真剣勝負」 :

思伝達衛門


河内乙三のお勧め 1.


********
保護者の皆様へ 1.********




今回は、受験生のみなさんも含めますが、保護者の方
々を中心に、


「難関大学逆転合格」 の 『王道』

つまり、他をはるかに超えた最良の方法についてお話
したいと思います。

これは主として現役高校生の場合ですが、高卒生も検
討してみる価値があります。
そして、その概要は簡単です。

それは1つの予備校や学習塾で必要な全科目 (の授
業) を受けるのではなく、計画的に各科目毎に、通える
予備校や学習塾の範囲内で最高の先生を探し出し、
その授業を受けていくようにすること
です。

そんな経済的な余裕はない、とおっしゃる方も、最後
までお付き合い頂ければ幸いです。

さて、この場合の 「最高の先生」 とは、難関大学に合
格した多くの先輩から、神様とか最高と評されていて、
生徒の面倒見が良く、その科目の根本から分かりやす
くおもしろく教えてくれる先生、あるいは、生徒のことを
よく考え、目から鱗の感動的な授業をしてくれる先生

のことです。

例えば、京阪神地域で言えば、
国語は、S校のN先生、
数学は、S校のM先生や、T会のM先生
物理は、K館のN先生
化学は、K塾のO先生
生物は、S校のO先生
等々です。

このような先生方からは、生徒さん達はしばしば、その
学科を超えて人生で大切なことや、社会で非常に役に
立つこと、そして時には、生き方まで学ぶ
のです。

が、しかし、ここで一言注意しておきたいことは、
「感動的な授業」『感動的な』 の意味を誤解しない
でもらいたい、ということです。

これは微妙な問題で、その区別が難しいのですが、
れはあくまで、「教授内容が正しく、感激するほど良く
分かり、入試で高得点に結びついたり、学習意欲が高
まったりする方向で、感動的な」 という意味
ですから誤
解のないように。
以上以外の 「邪道に依る感動的な授業」 もあるので、
ご注意ください。

ところで、予備校や学習塾でそんな授業の取り方をして
も良いのかと、不安がられる方もあるかもしれません。

しかし、2005年頃に受験生であったと思われる、洛南
高校のH君
は既にそのような授業の取り方ををして、
現役で京大医学部に合格
しています。 (「『トップ合格
者たちのメッセージ 京都大学 合格の秘訣』 データハ
ウス 2006」より)

その京大医学部に合格した、洛南高校卒のH君の言
を少し、次に引用させてもらいます。

「いろいろな塾に通ったのは、科目ごとに選んだらそう
なったという感じです。 塾や予備校のことは、友達や
親からいろいろ噂を聞くので、そこでとりあえず気にな
った塾に行ってみて、良さそうだと思った所に入ったら
こんな結果に成ったのです。 やはり自分に合う塾 (⇒
先生の講座?) を探すのは大事だと思います。」


達衛門先生の息子さんも、塾で友達になった難関高校
生の何人かはそうしていたと言っています。

ところでこの場合、問題が3つあります。

その1つは、このような科目の取り方をすれば、通う予
備校や塾の数だけ入会金入塾金が要ること。

しかし、これはその申し込み方法や、そこの模試を受
けること、あるいはその他の特典によって半額や全額
が免除される場合が多いようです。
それから、通う予備校や塾の数は3つぐらいに絞り、
その中から、素晴らしい講座を選べれば、余計に掛か
る費用もある程度抑えられるでしょう。

その2つ目は、高卒生のためのものですが、大概の予
備校や塾で、このような科目の取り方ができるのは現
役の高校生だけになっている
ことです。
もちろん、春季や夏季や冬季の講習や直前講習では、
高卒生もそうできますが。

ただし、代々木ゼミナールの 「単科ゼミ」 や、東進衛
星予備校の高卒本科は例外のようなので、高卒生は
そちらの方を、検討してみてください。 但し慎重に。
というのは、そちらの方は良く知りませんので。

そして、その3つ目が最も大きな問題です。

それは、
こと英語に関しては、根本から正しく、そして
分かりやすくおもしろく教えてくれる、あるいは、目か
ら鱗の感動的な授業をしてくれる先生
はいない、いや、
いるはずがない
ということです。

達衛門先生以外には。

これには、きちんとした客観的理由というか、原因があ
ります。

その原因や理由については次回にお話します。

それでは、又。 今回はこれで失礼します。




********達衛門先生の授業

先ずは無料体験を******** 


ベスティー難関大学英語受験コース

ーーーコースーーー

「Bi コース」
初級 [Basic] 6ヶ月22回 ・ 中級 [Intermediate] 6ヶ月22回
の1年コース。
 主として (中3・) 高1生対象
「(中3)」 は中3生で特に本コース受講を希望する方々。

「As コース」
上級 [Advanced] 6ヶ月22回 ・ 超上級 [Superior] 6ヶ月22
回の1年コース。
 主として高2 (・高3) 生対象
「(高3)」 は高3 ・ 浪人生で特に本コース受講を希望する方々。

ーーー教室・曜日・時間の予定ーーー


「Bi コース」

大阪梅田東洋ビルディング本館教室
月曜日 6時10分~7時30分 / 水曜日 8時~9時20分

神戸三宮センタープラザ西館教室
火曜日 6時10分~7時30分 / 金曜日 5時40分~7時

「As コース」

大阪梅田東洋ビルディング本館教室
月曜日 8時~9時20分 / 水曜日 6時10分~7時30分

神戸三宮センタープラザ西館教室
金曜日 7時30分~8時50分
(教室としては、「神戸東灘区民センター」 の可能性も考慮。)

ーーークラス規模・授業料・入会金ーーー

1クラス: 3名~10名。 
授業料: 週1回80分、6ヶ月22回、60,000円
入会金: 10,000円


ーーーーーー


べスティー個人教授

ーーー無料体験授業・授業料・入会金ーーー

無料体験授業: 随時、1回
授業料: 週1回80分、10,000円 ただし、本年7月末までは、8,000円
入会金: 無し

ーーーーーー

ベスティー講習会

ーーー会場・曜日・時間ーーー

大阪梅田東洋ビルディング本館教室又は会議室
隔週土曜日 10時40分~12時30分 /  毎週日曜日 10時10分~12時
5月8日 (土) スタート

ーーー参加料・定員・講習内容ーーー

参加料: 一回100分、2,000円 ただし、本年7月末までは、1,000円
定員: 50名
講習内容: (段階を追って1ヶ月毎に変わり、) 1ヶ月間同内容

ーーーーー


以上、詳しくは無料体験授業や講習会参加時にお願い致します。

お申し込み方法: 直接 06-6372-9722 (留守電も対応) にお電話頂くか、
ホームページ 「ヒューコム・インター」 の 「お問い合わせ」 欄をご利用頂いても
かまいません。



以上です。

ーーー



 

英語受験五輪の書94

「逆転合格 『英語受験五輪の書』 真剣勝負」 :

思伝達衛門


*クイズ解説: 河内乙三*




河内乙三の報告と授業 III-5


********
息子さんの京大合格と難関大学受験英語学習法 (5)********


逆転合格は、先ず和文英訳、英作文!! 



ーーー前回からの続きーーー

前回からの続きに入る前に、
英文和訳や英文即読即解における、その内容の
「現実的イメージや思考の、矛
盾のない流れ」
の決定的重要性については、

地の巻き17 (第2章、第6節) 「英語即イメージやイメージ即英語」 や
地の巻き19 (第2章、第8節) 「秘伝イメージ逆流れ」
等を見といてや。

又、前回は、

和文英訳する時も、英作文する時も、
現実的イメージや考えの矛盾しない流れをきちんと
頭に実現し、これを上手く使
わんで、
英語の語句や文の暗記や、これを思い出しての英借
文と日英の語句の入れ替えなんか何ぼ練習しても、自
信の持てる英作文も和文英訳も出来るように成れへん

ちゅう話やったなあ。

それから、ちなみに、もし今問題にしてる和文

「たとえば青信号で人や車は進み、赤で停止する。 このとりきめは世界に及ぼ
しうるし、現に及んでもいる。」

後者の内容を主文とし、前者の内容をそれに付けた英文を作りたい思たとす
るわな。 ほんなら、中学レベル以上の英文法を使うことになるけど、赤本の解
答例 1) のように 「のような」 ちゅう意味の句前置詞 such as を使こてそうす
る以外に、「という」 ちゅう意味の文のつなぎ [従属接続詞] that を使こて、

For example, the rule that people and cars (should) go at the green
light, and stop at the red can be and is actually accepted in the world.

[直訳: 例えば、人々や車が青信号で行 (くべ) き (であり)、そして赤で止まる
(べきである) という規則は世界で受け入れられることができ、そして実際に受け
入れられてもいる。] ってしてもええねんで。

さて、赤本の解答例に関する話の続きやけど、紙面の都合上もう詳しい解説は
してられへん。

ーーー (次ページに続く)


けど、もう、難関大学入試の和文英訳で最も難しいとされる京大の問題でも、

学レベル+α の英語力で、
つまり、みんなのほとんどあるがままの英語力で

けることも、その方法もはっきり分かった
やろ。

えーっ、未だよう分かれへんてー?
分かったけど、分かるのとできるのと違うって?

それやったら、達衛門先生とわしがこのブログで言うたことを
何回も読んでその
要点をよく理解し、それを応用しながら様々な問題を解き、その要点を基に自己
採点や反省をしながら自学自習する
こっちゃで。


そうする自信のない人は、達衛門先生に習うかしかあれへんなあ。
その時、和文英訳や英作文は個人的添削や解説のある、個人レッスンがええ
んやけど、先生の個人レッスン料は高いし。 (ちなみに、80分、10,000円。 
わしでよかったら 8,000円やけど、本ブログを読んでくれてるみんなは、先生
に頼んでわしと同じレートにしてもろたるで。)
先生の、妥当な授業料のべスティー・コースや、安価な月1回の講習会 (⇒ 1
回 100分2,000円。 ただし、今年の5月~7月の3ヶ月間だけは特別参加料
の 1,000円や。) でも和文英訳の授業あるけど、べスティーでは個人的添削
止まりの全体的解説で、講習会では和文英訳法の解説と質疑応答止まりや。


さて、
中学レベル+α の英語力で、ある程度、難問和文英訳を解けるようになっ
たら、
後は今後習う、あるいは既に習った
高校レベルの英語 (つまり、語彙と文
法) をどう難しい和文英訳に生かしていくか
や。
これを少しずつでもええ、きちんとほんまのとこを学習して行くこっちゃで。
その方法、「暗記再生」 に戻ったらあかんで。 「明記応用」 やったらええけど。 
ところで、
「暗記」 とは、わけが良く分からんでも無理やり (慣れて) 記憶する
こと
やで。 ほんで、ここで言う
「明記」 とは、わけが良く分かって (、慣れて)
自然に記憶すること
や。 つまり、何度もその意味内容や成り立ちを意識したり、
イメージしたりしながら、音読したり書き取ったりしてや。

以上のようなわけで、後は、みんなの今言うたことの明記応用のために、赤本の
解答例の必要最低限と思われる解説だけ、さしてもらうことにするわ。
ちなみに、以下の赤本の英訳はほとんど問題ない、との達衛門先生の言や。

「普遍的という意味で交通信号は文明である。」

1) Traffic signals are regarded as a part of civilization because of
their universality (非).

[直訳: (交通-) 信号 (は)-それらの-普遍性-の-ために、文明-の-一部分-と
-見なされて-いる。]

(「(非)」 ⇒ 英作文用の (中学レベルをはるかに超えた) 非必修単語。
直訳 ⇒ 英文の構造、つまり成り立ち通りの、英語らしい和訳 ⇒ 英文 (構成
語句) の発想順和訳ではないことに注意。 又、
英日、日英間でどの語句がど
の語句に当たるかはこの直訳でやるべき
であり、
日本語らしい意訳でやっては
ならない
ことにも注意。)

【語句構文解説】
regard: 〈動詞〉 (を) みなす / regard B as C: B (を) C と-みなす ⇒
B is regarded as C: B (は) C とみなされる
because of N: N の-ために
univeraslity: 〈名詞〉 普遍性、一般性
(注: ( ) 内に示した 「てにをは」 は、英語では位置によって示されているもの)

ところで、赤本は "Traffic lights are civilization ~." は 「唐突であるから

ーーー (次ページに続く)


良くない」 ちゅう解説してるけど、これはそんな印象や感覚の問題やないで。 
それは、わしが本報告のIII-2で解説したように、
認識表現上の重大
な誤り
やから、良くないねんで。 
やっぱり、達衛門先生に習わな、ほんまのとこきちんと分かれへんわなー。


2) Traffic lights can be considered as a construct (非) of civilization
as they are universally (非) accepted.

[直訳: (交通-) 信号 (は)-それらが-一般的に-受け入れられて-いる-ので、
文明-の-構成物-と-見なされて-いる。]

【語句構文解説】
consider: 〈動詞〉 (を) よく考える、(を) (と) みなす / can consider B (as)
C: B (を) C と-みなし-う-る ⇒ B can be considered as C: B (は) C と-
みなされ-う-る
as: 〈前置詞〉 として (の)、と; 〈程度副詞〉 同じくらい (に) ;
〈文つなぎ〉 時に、ので、けれど、につれて、ように、と 
a construct: 〈名詞〉 構成物、構成概念
univeraslly: 〈副詞〉 普遍的に、至る所で、一般に


「逆に文化とは、日本でいうと、婦人がふすまをあけるとき、両ひざをつき、両手
であけるようなものである。」


1) However, culture dictates (非) in Japan that, say, ladies open a
fusuma, Japanese sliding door, on their knees with both hands.

[直訳: しかしながら、文化 (は)、たとえば、婦人 (は) -両-手-で-ひざまずい
て-ふすま、(つまり) 日本の-引き-戸 (を) -開ける-こと (を) -指令している。]

(ただし、達衛門先生なら、上の on their knees を動詞 open の直後におくと
のこと。)


【語句構文解説】
however: 〈副詞〉 しかしながら
B dictates that C (should ) 原形動詞 ~. : B (は) C (が) ~する (べき)
ことを指令している。
say: 〈副詞〉 たとえば
on one's knees: 自分の-膝-に (ほとんど) 全体重を乗せて; 膝-で支えて
⇒ ひざまずいて

ところで、本番の試験中に dictate を主動詞としたこんな英訳を、帰国子女や
天才以外の一般高校生に求めるのは無理やって、達衛門先生の言。
せやから、これは明らかに、「暗記置換法」 用の解答例や。 けど、みんなは、

非常に多くの孤立した英文や、ものすごい数の英語の
語句を暗記して、つまり、「暗記置換法」 によってこの
ような解答ができるようになろ思たらあかんで。
 

何でって、そんなんほとんど不可能やからや。 時間と労力の無駄やからや。
このような英文は、英語がよう分かるように成ってから、話に流れのある多量の
英語の読書と、少々の英作文練習か、あるいは、かなりの英借文練習をして初
めて、感覚的に瞬時に、自信持って書けるように成るんやからな。

みんなは、英作文や和文英訳は、たとえそれが最難関
大学の入試問題やっても、中学レベル+α の英語力を
主として用いて解く力を身に付けなあかんで。

本番試験中にな、不安なくスラスラ解答できるようになるためにはな。

ーーー (次ページに続く)



2) Culture, on the other hand, can be illustrated (非) by Japanese man-
ners when a lady kneels (非) to open a sliding door, with her hands.

[直訳: 文化 (は) 、他方、婦人 (が) -彼女の-手-で、引き-戸 (を) -開ける-た
めに-ひざまずく-時の-日本の-作法-によって-例示さ-れ-う-る。]

【語句構文解説】
on the other hand: 他方 (で) は、それに反して
illustrate: 〈動詞〉 (を) 説明する、例証する、図解する / can illustrate B
with C: B (を) -C-で-例示し-う-る ⇒ B can be illustrated with C: B
(は) -C-で-例示され-う-る (注: この時の 「で (もって)」 に当たる前置詞は、
通常 by やのうて with やで。)
kneel: 〈動詞〉 ひざまずく

ここで達衛門先生に習ろた決定的に重要なこと繰り返すけど、注意して聞いて
や。 つまり、たとえば、

上の原和文と (赤本の英訳の) わしの和直訳2つの、
計3つをよく読んで、表現方法は非常に違うけど、同じ
事柄を表してるちゅうことの確認 (A) と、和文英訳が
自由自在にできるようになるためには、言葉の背後の
事実関係や考えの流れが絶対で、これをきちんと捉え
なあかんちゅうこと (B)。 それから、そうしたら、その
表現法は他とどんなに違ってても、その事実関係や考
えを (やさしいけど、正しい論理と文法で) きちんと表
現したら、それが中学レベルの英語やってもええちゅ
うこと (C)
や。
もちろん、その他に、その表現が慣用的かどうかの問題はあるけど。

さて、いよいよ最後の和文の英訳やけど、紙面の都合上、語句や構文の解説は
省略し、和直訳を表示するだけにさしてもらうわ。

「立ってあけてもいい、という合理主義はここでは、成立しえない。」


1) The rational (非) principle (非) can not be applied in this case that
they may open it while standing.

[直訳: その-合理的な-主義 (は) この-場合-には-適用さ-れ-え-ない。 
彼女ら (が) -立っている-間に-それ (を) -開け-ても良い-という。]
(ただし、「that + 文」 は、文体上後置されてるが、principle にくっ付いている。)


2) The rationalism (非) that might allow her to open it while remain-
ing on her feet is unacceptable (非) here.

[直訳: 彼女 (が) -彼女の-足-の上に-残っている-間に-それ- (を) -開ける-
こと- (を) -彼女(に) -許す-かもしれない- (ところの-) 合理主義 (は) -ここ
では、受け容れられ-ない。]

さて、
みんなは、どっちの方法を選ぶ?? 
難しい英文の暗記再生法か? それとも、
やさしい英文の明記応用法か?


以上。

ほな、又な。

ーーー



 

英語受験五輪の書93

「逆転合格 『英語受験五輪の書』 真剣勝負」 :

思伝達衛門


*クイズ解説: 河内乙三*




河内乙三の報告と授業 III-4


********
息子さんの京大合格と難関大学受験英語学習法 (4)********


逆転合格は、先ず和文英訳、英作文
で追いつき追い越そう!
 



ーーー前回からの続きーーー


さて、ここで赤本の解答例に対するコメントに戻るけど、今回からはそれ以外に
何をどう学習したらええか、いや、何をどう学習しなあかんかについても最初か
らきちんと言うて行くわ。
もちろんそれらは皆、達衛門先生から習たことの応用や。

コメントと学習法:

先ず、最初の
「たとえば青信号で人や車は進み、赤で停止する。 このとりきめ
は世界に及ぼしうるし、現に及んでもいる。」
に当たる部分や。
けどここで話の都合上、その部分の、 わしらが
「英作文用必修 (重要) 単語」
と呼ぶ (中学レベル+α) 約1300個
以外の、わしらが
「英作文用 『非』 必修
単語」
と呼ぶもんを突き止めて、その直後に 「(非)」 の表示をしてみるわ。

1) Regulations (非) such as a green light to signal people and cars to
proceed (非), and a red to halt (非), can be, and indeed are, accepted
all over the world.

2) For example, people and cars resume (非) motion at a green signal
and stop at a red one. This rule can be and is prevalent (非) in the
world.

ところで、この和文英訳の問題が学校や塾や予備校で出題され、これらの英文を
この通り書いて答えたとしたら、それは完全な 「英借文」 となるわなー。
けどな、それ以外の場合、(社会生活で、) これらの英文をこの通り自分のものと
して書いて使こたら、「盗作」 に成んねんで。
こんなこと、達衛門先生以外誰も教えてくれへんようやけど、非常に重要やで。
よう覚えといてや。

次に、これらを 「英作文用必修 (重要) 単語」 (記号は 「必」) で置き換えたら以
下のように成るやろ。


ーーー (次ページに続く)

1) Rules (必) such as a green light to signal people and cars to go

(必), and a red to stop (必), can be, and indeed are, accepted all over
the world.

2) For example, people and cars start (必) motion again at a green
signal and stop at a red one. This rule can be and is spread (必) in the
world.

こんなのが、みんなが普通言うてるタイプの 「英借文」 やろ。
もちろん、やさしい語句で書かれた英文を借りてきて、難しい語句と入れ替える
場合もあるけど。
このようにして書いた英文が、社会的に 「盗作文」 に成るか否かは微妙や。
つまり、その表現内容とその表現形式の借用度やその重要性等に依るやろうさ
かい。

以上は、これから話す、
受験生のみんなが英語、特に英作文や和文英訳を学習
して行く上で決定的に重要なこと
に関連した、社会人に成った時のための重要な
余談やで。

さて、その決定的に重要なことやけど、それは


「主として 『英借文』 に励むのを止めて、『英作文』 に
励もう」


ちゅうこっちゃ。

何でって、ちょっと比べてみてや。
英借文によって、例えば京大の和文英訳の問題を解けるようになる場合と
英作文によってそうできるようになる場合とを。

前者の英借文による場合は、英文を借りて来なあかんわな。
その英文はどこにあんの? みんなの頭の中にないとあかんわなー。
つまり、誰かが作ってくれた英文を前もって覚えとかんなん。
何ぼ (= 幾つ) 覚えといたらええ? 50個? 100個?

様々な問題の和文に合うような英文をそこから借りてこう思たら、
ものすごい数の英文を覚えとかんなん。

500個? 700個? 1,000個以上覚えても不安が残るやろ。
けど、例えば700個覚えて復習に復習を重ね、忘れんように努力したとする。
本番の試験あるいは模試の時には、そこから良さそうな英文を探し出して来て、
そのいくつかの語句を問題の和文に合うように、文法にも注意して変えて解答し
なあかんわなー。 時間かかる思えへん?
ほんで、もし
良さそうな英文見つかれへんかったり、思い出されへんかったりし
たら、その部分お手上げ
やろ。

その変える英語の語句も、覚えといたのん思い出してそうするんやろ。
適切なん思い出されへんかったら、ここでもお手上げや。
この、英語の語句をようさん (=たくさん) 覚えといて、適切なん思い出すことに
ついては、又後でコメントするわ。 

ほんで、
苦労して出来ても、そんな英文はあまり自信のな
いギクシャクしたもん
とちゃう?

せやから、

ーーー (次ページに続く)


そんな英借文なんかせんと、
(本物の) 英作文の仕方習たら?
「えーっ!? そんな難しいこと!?」 やって。 
逆や、その反対や。 それは誤解で、
簡単、簡単。 至極簡単やで。


先ずは、中学レベルの英語の文法と語句がきちんと分かってて、中学レベルの
英文に慣れてたら、何も難しいことあれへん。
その方法は、既に本報告III の1 と 2 で詳しく解説したわなー。

後は、それで英作文する方法を学んで行きながら、高校レベルの英文法や英語
の語句も少しずつ、英文を聞いたり、読んだり、音読したり、書いたりしながら、
正しく身に付けて行くねん。

そないしたらな、中学レベルの英文でならすぐに、又、これを超えた複雑な英文
でならしばらくしたら、自由自在に表現、すなわち英作文できるようになるって、
達衛門先生の言葉や。

えーっ、未だ英借文英作文の違いよう分かれへんてー? そうやなー、

英借文はベースとなる、誰かさんが作った文を借りて
来る
けど、英作文はそれを自分で作るだけのことや。

そんな
ベースは、表現内容を現実的にきちんとイメージ
して、自分のしやすいように主語 (部) と (主) 動詞句を
決めたら直ぐできる
で。
(行間を読んでもらう表現のテクニックをちょっと使たらな。)

後は (主) 動詞の持つ英文作成位置 (= 「英文語順表」) に、骨格 [根幹] 部
は仲介語無しに、肉付け [枝葉] 部は仲介語を介して名詞類や (原形) 動詞類
や (平叙) 文をつけて行ったらええだけやったなあ。

って言葉で抽象的に言うてるだけでは、分かり難いはなー。

せやから、もう一遍、今問題にしてる箇所の難しいと思われる
「このとりきめは世界に及ぼしうるし、現に及んでもいる。」
を中心にその方法を解説するわ。

この和文は、先ず、省略のないきちんとした文にしたら、
「このとりきめは世界に及ぼすことが出来(る。 そして)、それは現に世界に及ん
でもいる。」
って成ることが分からなあかんで。 今はよう考えてからでもええ。 
けど、こんなのは、しばらく学習したら感覚的に一瞬にして分かるようになるから
心配せんといてな。

そして、「このとりきめ」 を主語にしたら、英文では、第1和文の場合、動詞 「及
ぼす」 が主動詞になり、「ことができる」 が助動詞に成ること分かるやろ。

この時、「英単語何千」 などという英和や和英の単語集中心に英語を勉強して
きた人は、以前のわしのように、『えーっと、「取り決め」 っていう英単語は何だ
ったっけ? 「取り決め」、「取り決め」.....agreement?...decision?...』 とか。
『「及ぼす」 っていう英単語は何だったっけ? 「及ぼす」、「及ぼす」.....exert?...
exercize?...influence?...』 なんていう頭に成ってまうやろ?

ーーー (次ページに続く)

そうなったら、
莫大なエネルギーと時間を使こて、全くスカタン [的外れ] な勉
強してる
って達衛門先生に言われたん。 何でって、その勉強法が原因で、

問題文とは全く違った方向へ思考が走って[流れて] し
まってるから
やって。 その時は、ものすごいショックやったなあ。 
みんなも、もしそんなことしてたら、直ぐ止めな。 そないして、達衛門先生の言
うたはるようにしんと、
試験中も無駄に時間使うし、不適切な単語使こて変な英
文作ってまう
で。 ほんで、一生英語が苦手なままで終わってまうのが落ちや。

何でそんな風に成ってしまうか分かる? それは、何べんでもいうけど、

問題文の話の流れ、つまり、その矛盾のない現実的イ
メージや論理的思考の流れ中心の学習をしない
からや。
みんな、問題文の話の流れをきちんと捉え、その流れの中で適切な英単語を探
さんと、
暗記した日英、英日の語句や文の置き換えの学
習ばっかーしてる
やろ。 せやからやって、達衛門先生の言や。
和文英訳や英作文だけちゃうで。 
英文解釈英文の即読即解もそんなこと中心に勉強してるからう
まいこと行けへんねんで。

和文英訳の場合、与えられた和文の、

現実的イメージや論理的思考の流れをきちんと捉えて
初めて、そのやさしい同意語 「広がる [spread]」 が分
かり、その前後にやさしい表現箇所が見つかり、その
文脈に合った、やさしい表現方法が分かるねんで。


そして、そうした表現が、そのイメージや思考が読者の頭にスムーズに流れる
表現となるんや。


わしが教えてる中学生に、実際に交差点立っている自分をイメージして、この
信号に関する 「取り決め」 って、他の簡単な言葉で言うたら何やろなあ、って
聞いたら、彼は即 「『ルール』 のことですよね。」 言うたよ。

それから、「そのルールが世界中に 『及ぶ』 としたら、その前に世界中の国々
や人々は、それをどないせんと及べへん?」 って尋ねたら、 ちょっと考えて、
「受け入れ [accept し] ないと」 って、分かってくれたで。

又、「そのルールが世界中に及んだら、世界の国々や人々は、そのルールを実
際のとこ、どないしてる?」 って言うたら、 直ぐ、「使っ [use し] てる」 って答
えてくれたわ。

赤本の解答例1) は、「及ぼしうる」 の 「及ぼす」 も、「及んでもいる」 の 「及
ぶ」 も基本的重要単語 accept を用いて表現したるやろ。


問題はどないして、accept [受け容れる] や use [使う、
用いる] などという単語の使用を思いつくかや。
 
それから、
こんな方法をきちんと教えてくれる先生は、多分、達衛門先生以外な
いちゅうこっちゃで。


ーーー 次回に続く ⇒ 達衛門先生のブログ 『英語英会話に悩む』 クリックの
「逆転合格 『英語受験五輪の書』 真剣勝負」 70 のわしの報告 III-5 ーーー




 

英語受験五輪の書92

「逆転合格 『英語受験五輪の書』 真剣勝負」 :

思伝達衛門


*クイズ解説: 河内乙三*




河内乙三の報告と授業 III-3


********
息子さんの京大合格と難関大学受験英語学習法 (3)********


逆転合格は、先ず和文英訳、英作文
で追いつき追い越そう!
 



ーーー前回からの続きーーー

というわけで、1989年の京大入試の和文英訳 (1)、


「たとえば青信号で人や車は進み、赤で停止する。 こ
のとりきめは世界に及ぼしうるし、現に及んでもいる。
普遍的という意味で交通信号は文明である。 逆に文
化とは、日本でいうと、婦人がふすまをあけるとき、両
ひざをつき、両手であけるようなものである。 立ってあ
けてもいい、という合理主義はここでは、成立しえない。」


を中学レベルの英語でみんなが解答する場合の、目指したらええ、達衛門先生
の1英訳例は次の通りちゅこっちゃ。


For example, people and cars go at the green light
and stop at the red. This rule can be used and is in
fact used all over the world. In this sense (of the
worldwide practice), traffic lights (= signals) are a
part of civilization. But culture is something differ-
ent. For example, in Japan, women open 'fusuma'
doors with both hands while sitting on their knees.
In Japanese culture, it is not good to open the
doors (while) standing, though it would be easier
and quicker.


(注1: 試験やテスト時は、( ) 内を用いるか否かを決め、原和文に無い ( ) は
英訳では用いないこと。)

ーーー (次ページに続く)

(注2: 3行目~4行目の in this sense (of the worldwide practice) の ( )
内は、達衛門先生の 「普遍的という」 の部分の広義の意訳で、文法的慣用的に
自信がなければ、このような表現は止めて、in ths sense だけにしておくこと。)


さて、今わし、上の達衛門先生の英訳例のような英文を 「目指したらええ」 ちゅ
うたわな。 けど、上のような英文を目指す場合、何をしたらええか分かってる? 
わしが今言うてんのは、上の訳文のような
英文の解釈や音読や暗記や、その再
生や、その部分を変えての応用
なんかとちゃうで。 
そんなんかって、少しは役に立つやろうけど。
又、復習の一部としてはええけど。
そんなことばかりしてたら、
永久に英作文や和文英訳に自信持てるようには成ら
れへん
で、って達衛門先生の言や。
何でって、そんなことしてたら、永遠に不完全な 「英借文力」 を目指すことにな
るからやって。
みんなは本物の 「英作文力」 を目指さなあかんねんで。
誤解せんといてや。 

ところで、一流、いや、トップレベル?と思われている英語の先生や英語のプ
ロ?でな、
わしら日本人は英借文しかできず、英作文なんかはできるわけがな
いなどと、声を大にして言うてる人多いよう
やけど。 もってのほかやって、達衛
門先生。
そんな先生がいるから、ミシガン州立大学の大学院で、タームペイパー [小論
文] で、「2度とこんな借用英文の組み合わせをし、自分の書いた英文としたら
即、除籍だ。」 と教授から言われ、達衛門先生に泣きついて来たMBA [経営学
修士] を目指す日本人学生が生まれるねんてー。

新高2生以上のみんながしなあかんことは、わしが

前々回、前回と詳しく解説したようなことを考えながら
の、きちんとした和文の理解と現実的で矛盾しないイ
メージの流れ。 それから、あるがままの、つまり、既
に習得した中学レベルの英語力と +α の語彙力での
その表現
や。

この時、ほんまは達衛門先生の開発しゃあはったような 「本物の現代英文法」
が要るんやけど、
上記やさしい英語での本物の和文英訳法であり、
その後半がその本物の英作文の方法や。

これらを実践して行きながら、その方法をマスターすることが必須や。

新中3生や新高1生のみんなは、

和英辞典を使っても良いが、中学レベルの英単語 +α
(つまり、重要英単語約1300以内) しか使ってはなら
ないとしての、上記の実践
や。

それから、

その英訳を英語の先生に添削してもらい、その添削箇
所の何故かを解説してもらう
こっちゃ。

この時、達衛門先生のように
そのあらゆる何故かをきちんと解説できる先生は
極くまれ
やから、要注意な。

ーーー (次ページに続く)

ところで、ここで一寸でも、赤本の解答例を見て必要と思われるコメントをしとい
た方がええやろなあ。

同解答例は2つ掲載されてるので、区切りのええ所までを一緒に観て行くことに
するわな。 それから、参考のために、その英 (訳) 文の直訳も示しとくわ。

先ず、
「たとえば青信号で人や車は進み、赤で停止する。 このとりきめは世界
に及ぼしうるし、現に及んでもいる。」
に当たる部分や。

1) Regulations such as a green light to signal people and cars to
proceed, and a red to halt, can be, and indeed are, accepted all over
the world.
[直訳 (= 英文の成り立ち通り) : 人々や車に進むように合図する (ための)
緑色の信号や止まるようにそうする赤色の信号のような規則は、世界中で受け
入れ得るし、本当に受け入れられてもいる。]

2) For example, people and cars resume motion at a green signal and
stop at a red one. This rule can be and is prevalent in the world.
[直訳 (= 英文の成り立ち通り) : たとえば、人々や車は緑の信号で運動を再
開し、赤信号でやめる。 この規則は世界に普及し得るし、普及している。]

コメント:
英訳例 1) は原和文よりは複雑な構造をしてて、それだけ知的に高度な印象を
与える文に成ってる。 が、それだけ、ニュアンスにおいて原文から遠いちゅうこ
っちゃ。 けど、この
ニュアンスの違いは大学入試問題では減点材料には成ら
ない
って達衛門先生の言や。
このことから分かる重要なことは、
逆に、複雑な構造をした1つの和文を、印象
が変わっても2つあるいは3つの簡単な構造の英文に訳出しても良い
ちゅうこっ
ちゃ。 話の事実関係や要点関係を誤ったり歪めたりしない限りな。

次に 2) の場合やけど、こんな具体例では、
「青信号」 「赤信号」 はその場面
にあるものの内、人々や車の正面上方にあるものでないといけないから、不定
冠詞 a やのうて定冠詞 the
にしんとあかんわな。 左右上方の青信号 (の1
つ) を見て進んだら事故が起るわな。 せやから、これは文法上も意味内容上
も重要な誤りや。
これは、「This is a pen. と This is the pen. の違い」 と本質的には同種の
問題や。 前者は、「これは (消しゴムやさしや鉛筆ではなくて) ペンである。」
ちゅう意味や。 つまり、異種のものからの区別や。 後者は、「これが (他の
ペンではなくて) その [あの、例の] ペンである。」 ちゅう意味や。 つまり、異種
のものからの区別もしてるけど、中心 [焦点] は同種のものからの区別や。
この場合、異種の 「赤信号」 や 「黄信号」 でなければ、どの 「青信号」 を見
てもええんと違うやろ。 
「赤信号」 や 「黄信号」 を見たらあかんことはもちろ
んやけど、「青信号」 の中でも正面の、つまり、特定の 「青信号」 を見なあか
んわな。
 せやから、冠詞は the やで。
1) の場合は、一般的な表現形式を取ってるからこの限りではないって、達衛
門先生。 (その何故かは、ここでは解説でけへん。 先生の講習会ででも聞い
てな。)
ところで、
日本人に取って冠詞の使い方は難しく、わしら日本人の英語で一番
誤りの多いのは、冠詞
やて。 ネイティブスピーカーらの言や。

あと、resume motion [運動を再開する] は、文調のムラでは減点材料になれ
へんやろけど、青信号で止らずに行く [運動を継続する] 人々や車もあるさか
い、減点材料に成るかも知れんから go や proceed を使とく方が無難や。

また、is prevalent in the world [世界に普及している] も、原和文の「現に」
に当たる in fact や indeed 等がないと減点材料になり得るで。

ーーー (次ページに続く)

さて、赤本解答例のコメントの続きは次回にして、ここでもう1度達衛門先生の
英文和訳法和文英訳法の要点を確認しときたいねん。

先ず、先生の


「正しいイメージ (⇒ 現実的で矛盾のないイメージ) の
流れ」
⇒ これを通っていない英文和訳和文英訳
何年、いや何十年英語を学習した人のものでも、
数の不適切な訳や誤訳
を免れないだろう。


ちゅう言葉が決定的に重要や。

これは、「現実的で矛盾のないイメージの流れ」 をみんなの
頭の中に実現することが絶対や、ちゅうこっちゃ。 
そうすることなしに、
暗記した英語の語句や文を思い出して、
(断片的な意味内容のイメージだけで) 英日、日英の語
句や文の置き換えや入れ替えをして、英文和訳や和文
英訳をしてたら
永遠にあかんで。

特に和文英訳に関しては、


和文 ⇒ 正しいイメージの流れ ⇒ 即、頭から英語らし
い英文作成


これを目指すこっちゃ。 そうする場合の最良の学習法は、


和文 ⇒ 正しいイメージ (の流れ) ⇒ 語句の正しい知
識と本物の英文法で、頭から英語らしく作文 ⇒ 英語ら
しい英文
(= 和文からは 「意訳」) やったなあ。

それから、これを可能にする、わけのよう分かる完璧に近い英文法は、現在のと
ころ、残念ながら達衛門先生の、


文生成位置を持つ動詞中心の、13品詞から成る
「学習生成英文法」 (= 本物の現代英文法)

だけや。 

ところで、公立の中学レベル内の英文で表現する場合は未だ何とかなるやろけ
ど、これを超えた複雑な英文で作文する場合、この英文法は必須やで。

今回はここまでや。

ほな又。



ーーー 次回に続く ⇒ 達衛門先生のブログ 『英語英会話に悩む』 クリックの
「逆転合格 『英語受験五輪の書』 真剣勝負」 69 のわしの報告 III-4 ーーー




 

英語受験五輪の書91

「逆転合格 『英語受験五輪の書』 真剣勝負」 :

思伝達衛門


*クイズ解説: 河内乙三*




河内乙三の報告と授業 III-2


********
息子さんの京大合格と難関大学受験英語学習法 (2)********



逆転合格は、

先ず和文英訳、英作文で

追いつき追い越そう!
 



ーーー前回からの続きーーー


前回の終わりのほうで言うたことから、
This rule can be used (by people) all over the world. と、
This rule is in fact used (by people) all over the world.
の2文を得るけど、これらは順接の対句に成ってんの分かるやろ。
せやからこれらは
対等接続詞の and でつなぐんやけど、誤解が生じない限り、
無うてええもんはできるだけ省略する
ねんで。
by people は話の流れと常識から言わんでも分かるわな。 つまり、行間から
読めるわな。 せやから、これを省略して次のようにしたらええねん。

This rule can be used and is in fact used all over the world. 

all over the world はもちろん 「副えの位置」 にある、場所を表す副詞句や
で。

次の 「普遍的という意味で」 の 「普遍的 (な)」 に当たる英単語 universal
(形) や、その副詞形の universally [普遍的に] は知っている人も多い思う。
中には universality [普遍性] という名詞形を知っている人もいるやろ。 
(これらを用いる場合については後述。)
けど、問題はそんな単語を知らん場合にどうするかや。

「普遍的」 というのは、「広く行き渡 (ってい) る」 ちゅう意味やし、この直前は
そのことを述べているので、 In this sense [この意味で] で、話は途切れた
り飛んだりせんと何とか流れるやろ。

ーーー (次ページに続く)

このように、

和文英訳ちゅうのはな、入試問題も含めて、和文の全
ての語句を直訳的に英語に訳出するもんちゃうで。
それは、原文をよく読んで、表現されている事件や思
考の流れを現実的にきちんと捕らえイメージの流れと
し、これを自分の英語力に応じて表現して行くこっちゃ。 
読者にわけが分からなかったり、誤解が生じたりしな
いように注意しながらな。


この時、文脈や常識を利用して行間を読んでもらうよう
に英訳することは次の2つの理由で重要やねん。 
1) 全語句訳出の直訳文よりも、暗示的で興味深い訳
文に成るから。 それから、
2) 和語句に相当する英語句を知らなくても、これを避
けて表現出来るから。


さて、次の 「交通信号は文明である。」 の 「交通信号」 やけど、これに当たる
英語を知らない場合を想定して、such color stop-and-go lights ってしたら、
達衛門先生は、言わんとすることは分かるが、それは非慣用やから少し減点さ
れる可能性があるって。 それに traffic [交通] は +α の必修単語やって。
更に、
もしこの単語を知らなかったら、この場合は文脈に頼り、such lights に
しといた方が得策
やって。 

次の 「文明」 [civilization] も +α の必修単語やけど、「交通信号は文明で
ある。」 を Traffic signals are civilization. なんて英訳したらあかんで。
何でって、
be-動詞 [am, is, are; was, were] の直後に前置詞無しの名詞 (類)
を置いたらそれは (主語の補語となり、) 主語自体の説明に成る
からや。
信号自体が文明と違うやろ。 信号は文明の一部 [a part of civilization] や
ろ。 太郎君の胃は太郎君と違ごて、太郎君の一部であるようにな。
もっと現実的によう考えたら、信号は文明の構築物 [a construct (超高)]、所
産 [a product (高)] あるいは作品 [a (piece of) work (中) ⇒ 但し、最後は
非慣用の可能性あり] やろ。

そんなわけで第3文は、traffic を必修単語として、次のように成るねん。
In this sense, traffic lights [= signals] are a part of civilization.

次の 「逆に文化とは、日本で言うと、~ようなものである。」 は比較的長い文
や。 こんな長い文は、2つあるいは3つの文に分けて訳してもええねんで。
全体として同じことを表現し、たとえ行間の意味を利用しても、話の内容 (のイ
メージ) が途切れず流れればな。

ちなみに、
英語の行間の意味は、主として表現内容の事
実関係と論理的思考によって作られる
ねんで。

この 「逆に」 を、その相当語と思われる conversely などとしたら、その直前
直後の表現内容が論理的あるいは事実的にきちんと逆あるいは反対の関係に
あることを明示しなあかんで。 例えば、
$1 will buy 100 yen. Conversely, 100 yen will buy $1. (ロングマン現代英
英辞典より) [意訳: 1ドルは100円に相当し、逆に100円は1ドルに相当する
だろう。] のようにな。

ーーー (次ページに続く)


英語のネイティブスピーカー達は、言葉は文字通り捕らえ、事実その通りに成
ってないと厳しい
ねんで。 つまり、減点大ちゅうこっちゃ。
一般的に言うてな、彼らは事実的論理的に言葉を使い、わしら日本人みたいに
気分や雰囲気で言葉を使えへんねんで。

これに対する対策は、

中学レベルの英語で表現すること
やって。

何でって、達衛門先生によるとな、
みんながより良く分かっていて、意味内容上
守備範囲の広い中学レベルの英語の語句が、日本人の気分や雰囲気で使う
言葉の問題をカバーすることが多い
からやって。

この 「逆に文化とは、日本で言うと、~ようなものである。」
の 「逆に文化とは~である。」 は、意味内容上、前文と逆接で 「文化は (前出
の) 文明とは違う」 ちゅうこっちゃろ。 それから、その途中の 「日本で言うと、
婦人が~開けるようなもの」 はその具体例やろ。 
せやから、中学英語の最も基本的な逆接の (対等) 接続詞 but を使こて、
But (a -0.5) culture is (something) different. For example, in Japan,
women open ~. [しかし、文化は (それとは) 違う (ものである)。 たとえば、日
本では、婦人は~開ける。]

ってしたん。
けど、達衛門先生に
「抽象名詞としても普通名詞としても使える (a) civiliza-
tion や (a) culture は、その特質や特性を比較する時は、a や -s 無しの抽
象名詞扱いが慣用」
や言うて減点されてしもたわ。

その具体例の 「婦人がふすまをあけるとき、両ひざをつき、両手であける」
という部分は現在の事実として述べられていること分かるやろ。
(⇒ 現在形の
動詞が中心 [主動詞] の文で表現)  その事実関係は
「婦人は両ひざをつき、
両手でふすまをあける」
としても同じ
や。

この時、英語の発想順に注意してや。 その主要語 [名詞と動詞 (と形容詞)
類] を取り出してみると、前から 「婦人、両ひざ、つき、両手、ふすま、開ける」
や。 ところで、もちろん上の事実関係を表現する場合やけど、
中心とする主語
と主動詞 「婦人、開ける」 から始めて、これらにより密接 [直接] に関係するも
のから、より疎遠な [間接的に関係する] ものへと
残りの和単語を並べてみて。
「(婦人、開ける) ふすま、両手、つき、両ひざ」 って、日本語と逆順に成るやろ。
これが英文を作る時の英語の語句の発想順や。


この英文の主要語の発想順は、原則としてあらゆる英
文に当てはまり、和文英訳 [英作文] や英文解釈だけ
でなく、英文速読や英会話を習得する場合にも、決定
的に重要
なんやって。 達衛門先生の言葉や。

「開ける [open]」 って言うたら、この動作に直接全体的に関係するもんは、通
常、「誰 [who] が」 と 「何 [what] を」 やろ。 ほんで、これらに対する答えは
前置詞を介さず、その所定の 「主語」 と 「相手 (目的) 語」 位置に直接置くん
やったな。
Women open 'fusuma' doors...

ほんで、それら以外の名詞類は前置詞を、動詞類は to, -ing 又は -en を介し
て (= 間接的に) 後ろから付けて行くんやったな。
with both of their (-0.5) hands 「while ⇒ 欠:-1」 sitting on their
knees.
両手: both hands ⇒ both of their hands は非慣用 (表現)。

ーーー (次ページに続く)

with both hands sitting on their knees.
は、達衛門先生によるとな、付帯状況を表す形に成ってるので、
both hands が
sit の意味上の主語
とされ、文法的には 「両手を両ひざの上に`座して [⇒ 置
いて] いて」 という意味に成ってしまうって。 両手を両ひざの上に置いていては
ふすまは開けられへんわなー。 口か鼻でも使わんと。

そこで、文のつなぎの
従属接続詞 while [間 (に)] を sitting の前に置いたら、
主語として別のもの、この場合 the women と解釈
してもらえるんやて。 そな
いして初めて、「正座して (いる間に) 両手で」 ちゅう意味に成ってこの問題が
解決するんやって、達衛門先生。

それから、この 「付帯状況構文」「強調構文」 は、ここでは解説でけへんけ
難関大学入試の英文解釈問題でも特に注意すべきもんやって。
(付帯状況構文 ⇒ 本 39 地の巻 29; 強調構文 ⇒ 本 39 地の巻 20 参照)


But culture is something different. For example, in Japan, women open
'fusuma' doors with both hands while sitting on their knees.


「立ってあけてもいい、という合理主義はここでは、成立しえない。」
この和文の中心 (の述部 ⇒ 助動詞 + (副詞 +) 主動詞) は、「成立しえな
い」 や。 けど、ここでも又、「成立」 や 「成立する」 に当たる英単語は何やろ?
とか、「合理主義」 っていう英単語は何やろ? なんて考えたり、ましてや考え
込んだりしてたらあかんで。 時間の無駄や。 

中には覚えたこともない英単語を思い出そうとしてる人いるーっ。
今までの教授法や、学習法がそう教えるから無理ないけど、
和文英訳って、英
文法、それも現行の極めて不完全な英文法を使こて、和単語と英単語、和語句
と英語句を置き換えることや、って思てる人多いよう
やけど。
それはな、前にも言たように、
言葉 (と概念) のレベルでの、つまり、言葉 (と
概念) の次元に閉じこもった (機械的な) 行為
とはちゃうねんで。


その和文が、みんなの現実の日常生活や社会生活に照らし合わせて、具体的
に何を言ってるのかをきちんと捕らえ、これを表現
しなあかんねんで。 
7割以
上得点しよ思たら、絶対に。 それから、ちょっと慣れたら、こっちの方が断然簡
単やし、(人間的やし、) はるかにええ英文に成る。


結局その和文は、「立って開けるのは良くない。」 ちゅう意味。 ほんで先ず、
Here ⇒ In Japanese culture (-0.5), it is not good to open the doors
(while) standing. 
ってしたら、here の意味が曖昧、つまり分かり難い、ちゅうことで減点されたん。
それから、以上のことと 「合理主義」 の関係は、「立って開けたら、より合理的、
つまり、より簡単で速い`けれど / のに」 ちゅうこっちゃろ。 せやから、
though it will (-1 ⇒ would) be easier and quicker (
for all people in
the world
) を後ろから付けたん。

けど、達衛門先生は、ふすまを開けるの [主語] は日本の婦人のままで来てる
んで、立って開けるのは、反実仮想的意識になるから、will を would にした方
がええって。 わしが公立中学3年生のみんなのこと思て、その学習範囲外
表現をはきるだけ使わんようにしようとした努力は認めるけれど、って。
それから、最後の ( ) 内は無い方が良いって。


In Japanese culture, it is not good to open the doors (while) standing,
though it would be easier and quicker.

(この場合 while は、あった方が口調が良いが、無くても良いって。)


ーーー 次回に続く ⇒ 達衛門先生のブログ 『英語英会話に悩む』 クリックの
「逆転合格 『英語受験五輪の書』 真剣勝負」 68 のわしの報告 III-3 ーーー



 

英語受験五輪の書90

「逆転合格 『英語受験五輪の書』 真剣勝負」 :

思伝達衛門


*クイズ解説: 河内乙三*




河内乙三の報告と授業 III-1


********
息子さんの京大合格と難関大学受験英語学習法 (1)********



息子さん! 京大合格、
おめでとうございます!
 



テレビゲームばかりしてて、勉強が嫌いやった達衛門
先生の息子さんが、中学2年の時の先生の一言二言で
勉強するように成って行かはって、尼崎市の公立高校
から第1志望の京大工学部に現役で合格しゃあはって
んで。

その息子さん、高1の時に京大を目指すことに決め、
地理的に一番近い大手XXX予備校で受験勉強を始
めやはってん。
けど当時、同塾で一緒に勉強してた灘高を中心とする
私立の難関高校生達とは、全科目2,3年の遅れ
を感
じはったそうや。

ところで、
新中3生や新高1生のみんな、このように大変な遅れ
を取り戻し、私立の難関高校生に追い付き、場合によ
っては追い越すのに決定的に重要
なのは、どの科目の
やと思う?
又、難関高校生も含めて、
英語でスランプに落ち込んでる新高2や新高3生のみ
んな! スランプから抜け出すために攻めるべきは、
語の何
や思う?

ーーー (次ページに続く)


それは英語の作文や和文英訳や!

特に京大受験の場合そうやって、達衛門先生の言葉や。

何故かっちゅうたらな、英作文や和文英訳は、やり方に
依っては今日明日にでも、7割以上得点できるように成
れる
からや。


英文解釈や英文法の問題は著者や出題問のレベルで
解かなあかん
やろ。

けど、英作文や和文英訳は違うで。
例えば、京大の和文英訳の問題を中学レベルの英語
で解いてもええ
ねんで。
いや、どちらか言うたら、中学レベルの英語で答えた方
がええねん。

何でって、出題しゃあはる先生方は何も、複雑な構文を
用いた文学的に優れた英文が書けるかどうかをテスト
しようなんて思たはれへんからや。

そやのうて、和文英訳の場合はその和文の意味内容を、
又、英作文の場合は言いたいこと [考え] を事実に従い
筋道の通ったきちんとした英文で表現できるかどうか

を観たはんねから。

ネイティブスピーカー達も、伝達内容をきちんと表現し
文法的に正しい英文なら、ビッグワードを用いた複雑な
構造の英文よりも、中学程度の語句 (+ α) を用いた
シンプルな構造の英文の方が良いって言ってるから。

けどな、7割以上、できれば9割得点しようと思たら、
和文の本当の (⇒ 現実的) 理解力と、
英語の中学程度 +α (約1300の) 本物の語彙力
(書けば本ブログ3回分程度の量の) 本物の英文法力
が必要やねん。

ーーー(次ページに続く)

以上のことを次に、実際に京大の過去問に当たって
解説してみるわ。

次の文を英訳しなさい。(1989 [3])

(1) たとえば青信号で人や車は進み、赤で停止する。 
このとりきめは世界に及ぼしうるし、現に及んでもいる。
普遍的という意味で交通信号は文明である。 逆に文
化とは、日本でいうと、婦人がふすまをあけるとき、両
ひざをつき、両手であけるようなものである。 立ってあ
けてもいい、という合理主義はここでは、成立しえない。

次回までに、辞書を使わず、これを自力で英訳しとい
てな。

ーーー 試訳


さて、わしが電車の中で、達衛門先生に教わった方法を用いて、中学程度の語
句 (+ α) と構造の英文でやった英訳
は、次の通りや。


For example, people and cars go at the green light,
and stop at the red. This rule can be used and is
in fact used all over the world. In this sense, such
color stop-and-go (-0.5) lights are a part of civi-
lization
.
But (a -0.5) culture is (something) different. For
example, in Japan, women open 'fusuma' doors
with both of their (-0.5) hands 「while ⇒ 欠:-1」
sitting on their knees. Here ⇒ In Japanese culture
(-0.5), it is not good to open the doors (while)
standing, though it will (-1 ⇒ would) be easier and
quicker (for all people in the world).


(ただし、本番の試験では、原和文にない省略可や言い換えの ( ) 表示をしては
ならない。 どちらかに決めて ( ) なしで答えること。 
斜字体の語句が 「+ α」 の、中学レベルを超えていると思われる語句。 「意味、
意義、分別」 などという意味の sense / 文明: civilization //

達衛門先生の添削と配点: -2 ⇒ 文法的にも意味上も重大な誤り / -1 ⇒
文法的又は意味上の重要な誤り / -0,5 ⇒ 軽い文法的誤り、非慣用や不明瞭
)

わしの得点: 16/20 ⇒ 80%


ーーー 解説

最初の for example [たとえば] は、英文の 『前置き』 の位置に置いたんやで。

それ以下は、原和文を注意深く読み、そこに述べられている
(1) 現実的状況をはっきりと頭に描くこと。 いや、それだけではあかん。 
(2) その状況に関して、必要なことは現実的論理的によく考えること。
これが 「本当の理解力」 を養い、必須や。

ーーー (次ページに続く)


そうすることは、和文英訳の和文や英語学習全般だけでなく、国語や社会や理
科の解説文や問題文を読む時も必須や。 そうすれば、これらの科目もよう分
かるようになり、好きになり、得意になるで。

せやから、難関大学逆転合格においては、今言うたことが一番重要やねん。
語句や文やその訳や模範解答の暗記とその再生が重要なんちゃうで。

ほんで、原和文の述べている現実的状況をはっきりと頭に描いた場合、その
「青信号」 はその場面でいくつかある信号の内、正面上方にある特定のやつ
やろ。 せやから、その冠詞は a のうて the やで。 それから、「信号」 に当
たる英語 [a traffic light / a traffic signal] を知らんかっても、悩んでたら
あかんで。 その実体をきちんと考えるねん。 そしたらそれは 「青色」 と違ご
て、「緑色」 の 「明かり、光」 やと分かるやろ。 つまり the green light や。

次は 「人や車」 やけど、
この場面では当然不特定多数の人や車 people and
cars
や。 ところで、現実のそんな場面から考えて、「や」 を or [又は] にし
たらあかんで。

そんな場面での 「進み」 は、実際みんなどないするねん? そう、go するねん
やろ。

さて、『前置き』 の For example, の後、
本和文中で、go することが直接全体
的に関わるのは主語の people and cars だけやから、主語と動詞の people
and cars go で文の骨格部は終わりや。 せやから、次に the green light
を持って来る時、これを 「副え」 にするために前置詞が要るねん。 その前置
詞は、現実的には the green light を look at して go するんやから at や。

ちなみに、look at を持って来思たら、動詞のつなぎ [助接辞] の -ing いるで。
これが、(既に何度も述べた) 本物の英文法の一部や。

次の and stop at the red (light) は、もう解説不要やろ。

以上のようにして得た第1文の、中学レベル (+α) の英訳は次の通りや。

For example, people and cars go at the green light and stop at the red.

第2文の 「取り決め」 は、この英単語は何やったかなあとか、「取り」 とか 「決
め」 とか、言葉に拘ってたらあかんで。 
現実的社会的に考えたら、それは直ぐ
(交通) 規則 [a (traffic) rule (中) / regulation (高)] って分かる
やろ。

「世界に及ぼしうる」 は 「世界中に-及ぼす-ことができる」 ちゅう意味や。 け
ど、問題は 「及ぼす」 やろ。 これも、この言葉に拘って、これに当たる、前に
覚えた英単語を思い出そうとして、「及ぼす、及ぼす」 って何回唱えても時間の
浪費や。
どないしたらええかちゅうとな、
「それを世界中に及ぼしたらどない成るか」 って、
そうした場合の (、直後の) 人々の動作や状態を現実的社会的に考えるねん。 
ほな 「人々がその規則を用いる [use する] ことになり、その規則は (人々に)
用いられる [is used] ことに成る」 わな。

せやから、People all over the world can use this rule. あるいは、This
rule can be used (by people) all over the world. って言えるわなあ。
それから、「現に」 は actually がええけど、in fact でもええ、こんな
事実か
否かや、確からしさや頻繁さの副詞は、文否定の not の位置に置く
んやで。

残念ながら紙面の都合上、続きは
達衛門先生のブログ 『英語英会話に悩む』 ク
リックの 「逆転合格 『英語受験五輪の書』 真剣勝負」 67 のわしの報告 III-2

でや。

ほな又。

ーーーーー





 

英語受験五輪の書89

NHKテレビ 『ザ・コーチ』 での、
東大合格者数日本一実現前灘高国語教師、
橋本武先生の授業により開眼!
君たちに捧げる本物の英語力習得のチャンス!!


本物の英語力への挑戦: 真剣勝負! 第五番
(達衛門先生の十番勝負の五)



君は、


現代英文法において


「仮定法」


とよばれているものの


本当のところ



分かってる??




ーーー ハンジツカソウの系譜 ーーー


問い1.年賀状やクリスマスカードによく書いてある
"I wish you a Happy New Year [a Merry Christmas]."
という英文の "you a Happy New Year" の部分を節
[(that +) 英文] に書き換えよ。


問い2.「仮定法」 とはどのようなものか、 (英語の運用
も考慮して、) 合理的に簡潔に説明せよ。

ーーー(次ページに続く)

問い3.「仮定法」 にはどんな種類があるか? 合理的
に (考えて、) その種類を全て列挙せよ。

ーーーーー

答えと解説

問い1.の答え
(that) you will have a Happy New Year [a Merry
Christmas]

解説

まさか、
(that) you would have a Happy New Year [a Merry Christmas]
なんてせえへんかったやろな。
そんなことしたらあかんで。 何でか分かる?
そんなことしたら、同文全体は
「直訳的: (現状からして、) あなたが (幸せな新年を持つことはありえない。(=
前提) が、しかし、) 万が一にでも幸せな新年を持つことを願う。/
意訳:
あなたが幸せな新年を迎えられたらいいんだけどなー (、けど、そんな
ことは現状からして、有り得ないわなー)。

ちゅう意味に成るからや。
そんなこと、年賀状やクリスマスカードに書いて人々に送ったらどないなると思
う? 後は言わんでも分かるやろ。

このように、

未来のことでも、英文の助動詞や主動詞に過去形 (但
しこの場合、be-動詞は全て were が原則) を用いると、
(未来に) 有り得ないことを前提とした上での、万に一
つそれがあったと想定した場合の、あるいは、
(未来の) 事実に反していることを前提とした上での、
仮にそれが事実であると想定した場合の表現に成る

ねんで。

I wish Ken would marry Aiko. [意訳: 健が愛子と結婚するつもりでいてくれ
たらなあ。] (⇒ If Ken would marry Aiko, I would be very happy. [もし、
健が愛子と結婚するつもりでいてくれたら、とても嬉しいんだが。])
If Ken should marry Aiko, I would be extremely happy.
[もし、万が一健が愛子と結婚してくれたら、この上なく嬉しいんだが。]
I wish tomorrow were their wedding day.
[明日が彼らの結婚の日だったら (いいのに) なあ。]

ほんで、このような表現形式のことを今までの学習英文法は、みんなも知ってる
ように 「仮定法」 って呼んでんねん。
けど、達衛門先生は、この 「仮定法」 という文法用語は
misleading や [人を
誤らせる]
さかい、「反実仮想法」 あるいはこれを略して 「反実法」 とした方が
いいって言うたはんねん。 (この理由については後述。)

ーーー(次ページに続く)


問い2.の答え
「仮定法」 とは、事実に反する仮の想像や、ほとんど
全く (即ち、万に一つぐらいしか) 有り得ないことが仮
にあったとした場合の想像を表す表現形式のことであ
る。 そして、その表現形式とは表現内容の時よりも1
時制古い、「前時制形」 とでも呼ぶべきものである。



解説

ところで、この
「前時制形」 ちゅうのはな、直説法 [事実法] で表現する場合の時制よりも1つ
前の時制形って考えてええんやで。 つまり、

現在形の前時制形は 「過去形 [~-ed, 特殊形]」 や。
過去形の前時制形は 「大過去形 [had ~-en]」 や。
原形の前時制形は 「原形前時制形 [have ~-en]」 や
で。


ところでな、
この後者の 「原形前時制形」 は形は同じ have ~-en でも、意味
内容は 「現在完了 (= 現在結果)」 とは全く違うで。

「現在完了 (= 現在結果) 形」 は現在の事実を表すんやけど、
「原形前時制
形」 は主動詞が表す時よりも前の時制の、概念 [考え] だけを表す形やで。


又、前者の 「大過去形 (= 前過去形)」 は形は同じ had ~-en でも、意味内
容は 「過去完了 (= 過去結果)」 とは全く違うで。

前にも言うたようにこれらを混同しているということは、実質的には 「過去 (形)」
と 「現在完了 [現在結果] (形)」 を混同しているのと同んなしや。
それぞれこれらの「前時制形」やからなあー。


これらをきちんと区別しない文法書や参考書で勉強してたらあかんで。
これらをきちんと区別しない先生に英語を習ろてたらあかんで。
そんな書物の著者や先生は結局英語がよう分かってへんか、英語教育におい
て真剣でないちゅうか、おざなりな人達やで。


問い3.の答え
「仮定法」 には、基本的には
「過去形仮定法」 と 「大過去形仮定法」 の2種類
しかない。

(ただし、 「過去形仮定法」 の should が省略されたものを 「原形
仮定法」 と呼ぶなら、3種類
となる。)



英文例とその解説

1) I wish (that) I were a doctor now. 【were過去形仮定法 (内容現
在)
】 [直訳: (私は医者ではないが、) 今、医者であることを願望している。/
意訳: 今医者だったら (いいのに) なあ。]

wish が仮定法を表しているって思てる人多いようやけど、ちゃうで。 wish
「現在事実願望している」 という意味の 「直説法 [事実法] の現在形」 やで。
又、文のつなぎの that [従属接続詞: と、こと、ということ] は通常省略され
ることにも注意しといてや。


ーーー(次ページに続く)


2) If it should rain tomorrow, I would (又は、will) not go to the study
hall. 【shouldwould過去形仮定法 (内容未来)】 [ (明日の天気予報は
晴れだけど、) もし万が一明日雨が降ったら、僕は自習室に行かないつもりだ
よ。]

「仮定法」 という名前に釣られて、
「仮定」 や 「条件」 を表す if が仮定法を表
しているって思てる人多い
ようやけど、
「仮定法」 (実は 「反実 (仮想) 法」) の
定義
から、それはちゃうで。
又、1) のような例を 「仮定法過去」 と呼び、2) のような例を 「仮定法未来」
って呼んだはる先生多いけど、みんなはそんなことしてたらあかんで。
両方と
も形は過去形やん。 意味内容は 1) 過去と 2) 未来やのうて、 1) 現在と
2) 未来やん。
こんな文法形式と意味内容を混同した本で勉強したり、講義を
聞いたりしてたら、訳が分からんようになるで。
中には次の 3) の should を省略した 「原形仮定法」 「仮定法現在」 なん
て言う先生がいて、言語道断や。 形は原形やし、内容は通常未来 [後時制] や
し、「何処が現在なん?」 って叫びたいわ。

3) I suggest that your sister (should) go on a diet.
should過去形仮定法。 そして、should が省略された場合の go
原形仮
定法
で、共に
内容は未来 [後時制] ⇒ 反実仮想というよりも、それから派生し
た控えめな表現になっている場合が多い
】 [直訳的: 君の妹は (そんな気は
ないと思うけど、) ダイエットした方が良いことを僕は提案する。 / 意訳: 君
の妹さん、ダイエットした方がいい (って思うんだけど)。]

4) If I had had enough money (then), I would have bought the antique
French clock. 【had hadwould have bought
大過去形仮定法 (内容過
去)
】 [ もしあの時十分なお金を持っていたら、僕はそのフランス製の骨董時計
を買っていた (だろう) のに。]

「大過去形」 とは、「過去形よりも1時制古い形」 やけど、
「現在形よりも2時制
古い形」
とも言えるやろ。
現在形 have の大過去形: 原形動詞 have + 大過去の助動詞 had -en ⇒
had have-en ⇒ had had

(「大過去形」 が何で had ~-en って成るかは、本 「真剣勝負」 の第一番で
証明済み)

現在形 will bring の大過去形: 現在形助動詞 will で1時制古くし would、原
形動詞 buy でもう1時制古くし have bought、これらを組み合わせて ⇒
would have bought

(「原形動詞の前時制形」 が have -en であることの解説も、本 「真剣勝負」 の
第一番や、地の巻37のクイズ参照)

ところで、
仮定法の if-節において、助動詞を if の位置 [従属接続詞の位置 ⇒
wh-語の位置] に持って行ったら、その助動詞が if も兼ねることに注意やで。

Should it rain tomorrow, =If it should rain tomorrow,
Had I had enough money (then), = If I had had enough money (then),
但し、達衛門先生の文法では、were は助動詞も兼ねる動詞 [助動動詞] って
なってることに注意しといてな。

5) Were it not for air (= If it were not for air = But for air =
Without air), nothing could live on the earth. 【werecould
過去形仮
定法 (内容現在)
/ "But for ~," や、"Without ~," は、If-節の代役】 [もし
空気がなかったら、何もこの地球上には住めないだろう。]

「仮定法」 に関して、以上の他にも特筆すべきことは多いが、要は
「意味内容が
表している時よりも1時制古い形 [前時制形] が使ってあれば、それは 『反実仮
想』 を表すか、 あるいはそれから派生した 『控えめで上品な表現』 であるかの
いずれかである」
ちゅうこっちゃで。

ーーーーー


 

英語受験五輪の書88

NHKテレビ 『ザ・コーチ』 での、
東大合格者数日本一実現前灘高国語教師、
橋本武先生の授業により開眼!
君たちに捧げる本物の英語力習得のチャンス!!


本物の英語力への挑戦: 真剣勝負! 第四番
(達衛門先生の十番勝負の四)



君は、現代英文法における


「不定詞」 や 「動名詞」、


「現在分詞」 や 「過去分詞」



などというものが本当のところは

どういうものを表しているか

分かってる??



ーーー (原形) 動詞のつなぎの系譜 ーーー

問い1.「不定詞」 とはどのようなものか、簡潔に説明
せよ。 (英語の運用も考慮して。)

問い2.「動名詞」 とはどのようなものか、簡潔に説明
せよ。 (英語の運用も考慮して。)

問い3.「現在分詞」 とはどのようなものか、簡潔に説
明せよ。 (英語の運用も考慮して。)

問い4.「過去分詞」 とはどのようなものか、簡潔に説
明せよ。 (英語の運用も考慮して。)


(裏面に解答掲載 / 「一番 ~ 三番勝負」 は達衛門先生のブログ 『英語英会話
に悩む』 をご覧下さい。)



ーーーーー


解説と答え

先ず、「不定詞」 や 「動名詞」、「現在分詞」 や 「過去分詞」 を今までのように
英文法の最小単位、つまり、最も基本的な要素としてたらあかんで。
そんなことしてたら、英文の即読即解も、イメージ即英作も文頭から (流れるよ
うに) できるように成るには、膨大な量の学習と時間が掛かるで。

これらは皆、達衛門先生が 「助接辞」 という名の下に1つの品詞として独立さ
せやはった 
「(原形) 動詞の従属的なつなぎ」 to, -ing, -en と 「原形動詞」
が組み合わさった発展的な単位
としなあかんで。
何でって、そないしたら現代英文法が筋の通った、つまり訳のよう分かる簡潔
な体系に成るのに大きな役割を果たすからや。 それだけやない。

そうしたら、達衛門先生の唱えたる 「英語の発想順」 を使って、今上で言うた
英文の即読即解やイメージ即英作が簡単に (、文頭から流れるように) できる
ようになる
からや。


英文は、英文読解であれ、英作文 (書き換え問題、整
序問題を含む) であれ、全て、達衛門先生の 「品詞
(の定義)」 と 「英文の語順 (表)」 (= 英語の発想順)
で頭から順に尻尾へと考えて行かなあかんで。


つまり、後者の 「英文の語順 (表)」 によると、

1.「まえおき」 の副詞類の有無
2.「wh-語句 (又は従属接続詞)」の有無
3.「疑問化」 の助動詞の有無
4.「主語部」 の名詞類の有無
5.「述語部」 の動詞類は何
6.「相手 (目的) 語部」 の名詞類の有無と、
あればその種類 (間接?直接?)
7.「補語部」 の名詞類又は形容詞類の有無と、
あればその種類 (主語の?、相手語の?)
8.「副え」 の副詞類の有無と、
あればその種類 (様態、方法、場所、時、目的、
原因理由、条件、譲歩等)

の順や。

けど、以上がよう分からん人は、先ず、次の平叙文 [普通文] の発想語順から
入ったらええわ。

つまり、

1) 先ず、「主語」 と 「(述語) 主動詞」
(とこれらそれぞれに品詞の定義により関係するもの⇒ 以下省略)
が来る。
2) 次に、その主語や主動詞に直接全体的に関係する
「間接相手語」 や 「直接相手語」 や 「補語」 は、前置
詞無しに中国語式に (直接) 来てその動作や状態を説
明。
3) 以上に間接的部分的にしか関係しないものごとは
全て、それにより身近なものごとから、より疎遠なも
のごとへと順に仲介語を介して日本語式に (間接的に)
来て説明。



ーーー(次ページに続く)




4) その時、「名詞類」 で説明する時は 「前置詞」 を介
して、
「(原形) 動詞類」 で説明する時は 「助接辞 [to, -ing,
-en]」 を介して、
又、「(平叙) 文」 で説明する時は 「従属接続詞」 や
「関係詞」 を介して、
更に又、何で説明するのであれ、「対等な関係のもの」
で説明する時は and, or, but 等を介してこれを行う。


という方向性を持った基本的な 『英文法体系』 の流れ
の中の 「助接辞 [to, -ing, -en] + (原形) 動詞」 とい
う発展的な単位として、「不定詞」 や 「動名詞」、「現
在分詞」 や 「過去分詞」 を捉えなあかんで。


さて、その to, -ing, -en の働きやけどな。
基本的
には、
to【よりも後の】 動作や状態を表す原形動詞をつなぎ、
-ing 【最中やよりも前の】 動作や状態を表す原形動詞をつなぎ、
(-ed に成ったり、原形動詞と合体し特殊形に成ったりすることが多い)
-en は動作や状態を 【結果や受動】 にして原形動詞をつなぐんやで。

ほんで、これらの意味 [和訳] やけどな。
その基本は、

to: こと [名]; べき [形]; ために、て [副]
-ing: (た) こと [名]; ている (最中の) [形]; (てい) て
[副]

-en: 【have の後のみ】
た結果 [名]; 【have の後以
外】
れ (てい) る、れた [形]; れ (てい) て [副]

や。

その発展的意味は、
to:
べきこと [名]; ことに成って (いる)、つもりで (ある)、ことができ (る)、よ
うに等 [形]; には、とは、のは、のを、のに、まで、その結果等 [副]

-ing:
(た) もの [名]; 〈瞬間動詞に付いて、〉 ようとして (いる) [形];
〈主として文頭 [前置きの位置] で分詞構文を作り、〉 ながら、(た) 時、(た) の
で、(た) なら、(た) けれど、ても等 [副]

-en: 【原形の have と共に原形前時制形を作り】
(てい) た [名];
【have の後以外】 〈自動詞に付いて〉 た結果が (ある)、てしまっ (た) [形];
〈主として文頭 [前置きの位置] で分詞構文を作り〉 れながら、れた時、れたの
で、れたなら、れたけれど、れても等 [副]
〈ただし、自動詞に付いている場合
は、以上の和訳から 「れ」 を取り去り (、「てしまっ」 と置き換え) ること。〉

(注意: このような発展的意味は暗記せず、理解しておき、文脈から判断するこ
と。)


ところで、「前置詞」 は直後の名詞 (類) を前の語句や文にくっ付ける (仲介す
る) 言葉やろ。
その前の語句が動詞や文やったら、その 「前置詞 + 名詞 (類) 」 全体は副
詞の定義から 「副詞」 の働きに成るわなー。
例: I went ← (to + the party) ⇔ I went ← (there)


ーーー(次ページに続く)


又、その前の語句が名詞類やったら、その 「前置詞 + 名詞 (類) 」 全体は形
容詞の定義から 「形容詞」 の働きに成るわなー。
例: a man ← (of + wealth) ⇔ a (wealthy) → man

ほんで、この2つの場合が前置詞の主な働きやから、つなぎ [仲介語] として
ではなく別の観点から見ると、
前置詞は 「名詞 (類)」 を 「形容詞類」 や 「副
詞類」 に変える言葉
とも言えるやろー。

同様な考えから、
(原形) 動詞のつなぎ [仲介語辞] の to, -ing, -en は、「相
手語」 や 「補語」 や 「副え」 等の位置を後ろに持たせはするけど、原形動詞を
「名詞 (類)」 や 「形容詞 (類)」 や 「副詞 (類)」 に変える言葉
とも言えるねん。



(問い1.の答え)
「不定詞」 とは: 動詞の従属的つなぎ to が、つなぐ相手の原形
動詞を (後ろに動詞としての位置を持たせたまま、) 名詞や形容詞や
副詞 (の働き)
に変えたもの [句] のことである。
ただし、この 「to + 原形動詞」 が表す動作や状態は前述のことより
も後のものとして表現されたり、散発あるいは単発の完了的なものと
して表現される
ことに注意。
簡潔には、

「名詞や形容詞や副詞の働きをする 『to + 原形動詞』 のことで、前述
よりも後の、あるいは散発、単発完了的な動作や状態を表すもの。」


(問い2.の答え)
「動名詞」 とは: 動詞の従属的つなぎ -ing が、つなぐ相手の原
形動詞を (後ろに動詞としての位置を持たせたまま、) 名詞 (の働き)
に変えたもの [語] のこと。
ただし、この 「原形動詞-ing」 が表す動作や状態は前述のことと同
時 (⇒ 最中)、あるいはそれよりも前のものとして表現されたり、連発
あるいは継続、つまり未完了的なものとして表現される
ことに注意。
簡潔には、

「名詞の働きをする 『原形動詞-ing』 のことで、前述と同時やそれより
も前の、あるいは連発や継続つまり未完了的動作や状態を表すもの。」


(問い3.の答え)
「現在分詞」 とは、

(詳しくは 「動名詞」 とほとんど同じ解説と成るので省略)
簡潔には、

「形容詞や副詞の働きをする 『原形動詞-ing』 のことで、前述と同時や
それよりも前の、あるいは連発や継続つまり未完了的動作や状態を表
すもの。」


(問い4.の答え)
「過去分詞」 とは、

簡潔には、
「名詞や形容詞や副詞の働きをする 『原形動詞-en』 のことで、その
原形動詞が自動詞の場合と、他動詞の場合でも have の後で結果を
表し、これら以外の場合は全て受動を表すもの。」



ーーーーー


 

英語受験五輪の書87

NHKテレビ 『ザ・コーチ』 での、
東大合格者数日本一実現前灘高国語教師、
橋本武先生の授業により開眼!
君たちに捧げる本物の英語力習得のチャンス!!


本物の英語力への挑戦: 真剣勝負! 第三番
(達衛門先生の十番勝負の三)



君は、

「時や条件を表す副詞節」

の本当のところ、


分かってる??



ーーー 話題と焦点の系譜 ーーー

問い1.
「もし明日雨 (降り) だったら、私は1日中家にいるつも
りです。」 と言いたい場合、
If it will be rainy tomorrow, I will stay (at) home all
day.
とせずに、なぜ
If it is rainy tomorrow, I will stay (at) home all day.
としなければならないのか、簡潔に説明せよ。

問い2.
もし、上の問い1.の答えが
「時や条件を表す副詞節では、未来のことでも現在形を
用いねば成らないから。」 のような内容だったら、なぜ
「時や条件を表す副詞節では、未来のことでも現在形を
用いねば成らない」 のか、簡潔に説明せよ。



(裏面に解答掲載 / 「一番、二番勝負」 は達衛門先生の
ブログ 『英語英会話に悩む』 をご覧下さい。)



ーーーーー

解説と答え



2番勝負で扱った some と any に関する今までの
『Some は肯定文に用い、any は疑問文や否定文 (や条件節) に用いる。』
ちゅう文法規則は 「Misleading である (、つまり、人々を誤らせる)。」
って、達衛門先生は断言したはんねん。
それらは前回解説したように、
「その根本的な意味の通りにさえ使えば、ほとんど全く誤ることはない。」
て。

ほんで、今回の
『時や条件を表す副詞節では、未来のことでも現在形を用いる』
ちゅう文法規則も先生は、同様に 「Misleading である。」 って。

ところで、このような人々を誤らせる文法規則を、わしらは 「誤規則」 又は
「誤定理」 って呼んでるねんけど、
何でこんなやから [族] が現行の英文法に横行してるんやろなあ?

今回の問題も
will と be と is (と if) の根本的な意味が分かり、きちんと
直訳すれば、自ずとその本当のところが分かり、そうなれば英作しても、こ
のことに関して誤ることはほとんどない
って。
それだけやない。

そうすれば、凄いことが出来て、英語での表現が自由自在になる切っ掛けと
なる
って先生言うたはんねん。

それで上記英単語の根本的意味は、以下の通りや。
will [助動詞の現在形] : (事実) つもりである、だろう (と推量できる)。
be [動詞の原形] : (概念 [考え] としてだけ) ある、いる。
is [動詞の現在形] : (事実として) ある、いる。
(if [従属 (文) 接続詞] : (もし) ~なら (ば)、(もし) ~たら (ば)。)

そして、少し複雑に成るが、その根本的な意味を示して、
If it will be rainy tomorrow, I will stay (at) home all day.
をきちんと直訳したら、
もし明日 (天候が) 雨降りであるだろう (と推量できる) なら、私は1日中
家にいる (、そういう) つもりである。」 ってなるわなー。
天候を表す it は、通常、無生物主語で 「つもり」 なんかしーひんから。
又、
If it is rainy tomorrow, I will stay (at) home all day.
をきちんと直訳したら、
もし明日 (天候が) 事実 (として) 雨降りであっ (= ある) たら、私は1日中
家にいる (、そういう) つもりである。」
ってなるやろ。

ほんで、元の和文
「もし明日雨 (降り) だったら、私は1日中家にいるつもりです。」
は、人々の現実生活において、通常上のどっちの意味かは、ちょっと落ち着い
て考えたら自ずと分かるやろ。


ーーー(次ページに続く)


さて、問い1.の答えやけど。


(問い1.の答え)
原和文の 「もし明日雨 (降り) だったら」 は、
「もし明日雨 (降り) だろうと推量されるなら (= された
ら)」 という意味ではなくて、
「もし明日雨 (降り) で事実あるなら (= 事実あったら
⇒ 事実あることが確認できたら)」 という意味だから、
推量形の will be ではなくて、事実形の is を用いねば
ならない (から、や)。


このことから分かる、重要なことは、
「もし明日雨 (降り) だろう (と推量される) なら (= されたら)」 と言いたい時は、
他の表現法もあるが、If it will be rainy tomorrow, とし、同様に
「もし明日雨 (降り) かもしれない (と推量される) なら (= されたら)」 と言いた
い時は、If it may be rainy tomorrow, とし、
「もし明日雨 (降り) にちがいない (と推量される) なら (= されたら)」 と言いた
い時は、If it must be rainy tomorrow, とすべきであるってこと。
そして、これが (言いたいことの) 表現である、って達衛門先生言わはんねん。
もちろん、それが慣用的な表現か否かの問題はあるけど、そうして初めて、


暗記中心の英借文から明記中心の英作文への移行
が始まり、本物の表現ができるようになって行くんや、

って。


それを 「条件を表す副詞節の中だから、一律 If it is rainy tomorrow にせよ」
とは、一体全体、何事だ
ろうって。

病床にある母親が、朝、わが子が出かけるのに際して、
「もし、午後に雨が降るかも知れなかったら、折りたたみの傘を持って行き
なさいね。」
[If it may rain in the afternoon, (be sure to) take a folding umbrella
with you.]
って言いたい時、
If it rains in the afternoon, (be sure to) take a folding umbrella
with you.

[もし、午後に雨が (事実) 降った (ことを確認した) ら、折りたたみの傘を (今、
この家から) 持って行きなさいね。]

って、言わなあかんちゅこと??
そんなこと不可能やん、タイム・マシーンにでも乗らんと。
みんなはどない思う?


時や条件を表す副詞節中でも、他の場合と同様、
事実表現は事実形を用い、推量表現は推量形を用い、
意志表現は意志 (表現) 形を用いる。


そうするだけで、本物の表現が正しくできるのに、
つまらん誤定理というか、
誤規則に振り回されて、皆さんも先生方も暗記中心の学習や教育に不必要な
苦労をなさっている
って、達衛門先生言うたはる。


ーーー(次ページに続く)


次の英文例で、何で if-節中の主動詞を現在形にせんと、will を付けてるんか
考えてみて。

If she will listen to me, I will tell her the whole story tomorrow.
[意訳: もし、彼女が注意して聞いてくれるつもりなら、明日その一部始終を
彼女に話そう。]

If you will not go to the meeting this Friday, I will have to.
[意訳: もし、君がこの金曜日の会合に行く気に成れないなら、僕が行かねば
ならないだろう。]


(問い2.の答え)
1.分からない。
2.英語の先生がそうおっしゃるし、英文法の本にそう
書いてあるから。


としか答えようがないやろ。 何でか分かる?
それは、その
「時や条件を表す云々」 という命題 [定理、法則] が間違ってる
から
や。
例えば、「何で 『3 x 2 = 6』 なのか説明せよ」 ちゅう問題やったら何とかで
きるやろ。
「倍数 [times] は回数と同じとみなせるので、
例えば、リンゴを3つずつ2回取って来たら、6つになるから。」 とか。
けど、「何で 『3 x 2 = 7』 なのか説明せよ」 なんて言われても出来ないやろ。
それは言うまでもなく、この命題 [数式] が間違っているからや。
早くそんな間違った命題を捨て去るこっちゃ。
そんなこと教えている先生方や、そう書いてある文法書や参考書までとは、言え
へんけどな。
それから、
定理や法則や文法規則みたいなんあったら鵜呑みにしたらあかんで。
その真偽を疑い、実際に当たって検討
してみなあかんで。
難関大学めざしてる人はな。 特に京大はそんな学生を求めてるんちゃうかな?
って、達衛門先生の意見やけど。

えっ? 「時や条件を表す云々」 ちゅう命題のどこが間違ってるんか、やって?
それはな、「未来のことでも現在形を用いる」 ちゅうとこや。
これは 「未来のことは通常未来形を用いる」 ちゅうことを前提にした発言やろ。
けど、英語には動詞の未来形なんかあれへんから、これが間違いや。
前にも言うたように
英語の動詞には事実を表す現在形と過去形と、概念 [考え]
だけを表す原形しかあれへん。

このことは
英語 (国民) は現在か未来かよりも、事実か考えだけかの方をはる
かに重要視し、これを常に意識してる
ちゅうこちゃ。
ほな、通常どないして未来のことを表現してるんかちゅうとな、

「(事実を表す) 現在形の (様々な) 助動詞」 と 「(概念だけを表す) 原形の動
詞」 と 「未来を表す副詞又は文脈」 を組み合わせて、
発展的にやってんねん。
例えば、
"will [現在形助動詞] + swim [原形動詞] + tomorrow [未来表現副詞]"
⇒ "will [つもりで (今事実) ある; だろう (と今事実推量できる)] swim [泳ぐ]
tomorrow [明日]"
のように。


こんな風に、英語のあらゆることを一糸乱れずきちんと分かりたい人は、達衛門
先生のブログ 『英語英会話に悩む』 の 「逆転合格 『英語受験五輪の書』」 を見
てな。



ほな又。



 

1  2  3  4

PAGE TOP