2013年2月

英語・英会話の真実と悟り 0.1; 0.2


ー英語と悟りー

河内乙三著

ーーーーーーーーーーーーーーー

英語と英会話の真実と悟り:
真覚先生の悟り 0.1. ; 0. 2 

(2012-12-06)
ーーーーーーーーーーーーー

はじめまして、河内乙三です。

この度、私の英語・英会話だけでなく、人生の恩師、
思伝達衛門先生にお願いし、
その許しを得て、上記のように

「英語・英会話の真実と悟り」

と題して本ブログを担当させていただくことになりまし
た。
どうぞよろしくお願いします。

ーーーーーーーーーー

真覚先生の悟り 0.1
-----------------------------

先生は先ず、英語・英会話に関してその真実をほとん
ど完璧に悟られたのですが、これにはその学習や実践、
教育や研究の長い年月がかかられました。

しかし、それだけではありません。
先生は、その英語・英会話の真実の悟りが大きなヒント
になって、わずかにここ2、3年の間に人生やこの世に
ついてもほとんど完璧に悟りを開かれたのです。

それは大変すばらしいもので、先生のその人生やこの
世の悟りは英語・英会話だけでなく、英語での討論や
議論や交渉の達人に成ったり、優れた英文作家や英
詩人に成ったりするのにも、人生における悩みや絶望
を解決するのにも大きく役立つと私は確信しています。

そこで私は、英語・英会話だけでなく、人生やこの世の
あり方に悩み苦しんでいる方々のために、ここしばらく、
先生に上記題名でブログあるいは書物をお書きになる
ことを強くお勧めしてきたのです。

が・・・・・

先生は、「そのようなことはおこがましくてできない。」
とガンとして拒否なさって来ました。

仕方がないので、お教えいただいたことを、私が上記
題名でブログに書くのを許してもらいたいと、何度も執
拗に先生にお願いしたのです。

その結果しぶしぶではありますが、この度やっとその
許可を得ることができた次第です。

それでは早速、本題に入ります。


(2012-11-18)

真覚先生の悟り 0.2 
----------------------------

真覚先生は、

『この世のあらゆる問題は、正しく物事を捉え、正しく考え、そ
の結果を正しく実践していけば、すべて正しく解決できる。
それが政治問題であれ、外交問題であれ、社会問題であれ、
教育問題であれ、家庭問題であれ、人間として適切な解決を
実現できる。』

とおっしゃっています。また、反対に、

『この世のあらゆる問題は、なおざりに捨て置いたり、おざな
りに捉え、おざなりに考え、おざなりに対応していたりしたら、
大変なことになり、問題によっては、多くの人々の生活や生
命が奪われる結果になる。』

と。

もちろん、「英語・英会話の問題」も同様です。

その英語・英会話の話しに入る前に、これは皆さんの正しい
英語・英会話学習に重大な関係があるので、先生の悟り[覚り]
について少しお付き合いいただきます。

先生はこの世のあらゆる物事に関して真の悟りに達せられた
と私は思っています。
ですから私は、恩師、思伝達衛門先生を勝手に「真覚先生」と
お呼びしているのです。

先生の重大な悟りのいくつかは次のようなものです。

(2012-11-19)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

(イ) 歴史には方向性があり、それは人々の自由・平等・博愛
の精神によって共存共栄を実現し、全人類の幸福を目指すも
のである(ということ)。

(ロ) 人間の真の幸福は、この実現の一助者と成ることにある
(ということ)。

(ハ) この実現の一助者たるためには、あらゆる物事を三世三
界において正しく考え、必要なことを正しく実践すること。

(ハ・1.) ここに言う 「三世」 とは、現在と過去と未来のこと。

(ハ・2.) ここに言う 「三界」 とは、簡単に言えば、現実界 と
思考界と言語界
のこと。

やや詳しく言えば、
一、現実社会を含む自然界
二、思考や感情やイメージや意識・無意識を含む精神界
三、言語やサインや信号や図画を含む象徴界
のことである。


(2012-11-20)

(ハ・3) ここに言う 「正しく」 には二つの意味があり、
その一つは
「(思考を中心とする精神活動が)目的に適っている
ということであり、もう一つは
三界における対応物が狂いなく、あるいは有効的にきち
んと対応するように

という意味である。

(ハ・4) 人間は神ではなく不完全な存在であるから、誤解
もすれば間違いもするが、その場合、直ぐに適切な対応を
し、誤りを正しておくこと。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

先ずは以上です。

ところで、みなさんは、上の (ハ) の 「三世三界において正しく
目的に適うように考え、必要なことを正しく実践すること」 は、
日常、大概の物事に関しておできになっていると思います。
お仕事においても、その他の日常生活においても。

そうでなかったら、生活できませんからね。

しかしながら、政治は、国内・国際政治・地方行政とも、また
大企業も、経営管理部の多くは、それからほとんどの文系教
育機関は公立も私立も、それがあまりよくできていないようで
す。

『このことが、学校でのいじめ、若者の自殺や就職難、年金問
題に始まる社会保障問題や尖閣諸島沖での中国漁船体当た
りに始まる日・中・韓の領土問題の原因となり、また、JR西日
本の宝塚線の大事故や、東電の福島原発の放射線拡散問題
の原因となったのである。


そしてこれらの根本的原因は、受験技術中心の学校や塾や
予備校教育、特にその地理、歴史、政経社、英語を中心とす
る文系科目の教授法や教授内容のまずさによる。
中でも言語道断なのは現在の英語・英会話教育である。』


と真覚先生は言っておられます。

(2013-3-1)

真覚先生の悟り 0.3
-----------------------------。

 

(つづく)

英語・英会話の真実と悟り(項目1完成)

ー英語と悟りー

河内乙三著

ーーーーーーーーーーーーーーー

英語と英会話の真実と悟り1

(2012-12-06)
ーーーーーーーーーーーーーーー

はじめまして、河内乙三です。

この度、私の英語・英会話だけでなく、人生の恩師、
思伝達衛門先生にお願いし、
その許しを得て、上記のように


「英語・英会話の真実と悟り」

と題して本ブログを担当させていただくことになりました。
どうぞよろしくお願いします。

ーーーーーーーーーー

先生は先ず、英語・英会話に関してその真実をほとん
ど完璧に悟られたのですが、これにはその学習や実践、
教育や研究の長い年月がかかられました。

しかし、それだけではありません。
先生は、その英語・英会話の真実の悟りが大きなヒント
になって、わずかにここ2、3年の間に人生やこの世に
ついてもほとんど完璧に悟りを開かれたのです。

それは大変すばらしいもので、先生のその人生やこの
世の悟りは英語・英会話だけでなく、英語での討論や
議論や交渉の達人に成ったり、優れた英文作家や英
詩人に成ったりするのにも、人生における悩みや絶望
を解決するのにも
大きく役立つと私は確信しています。

そこで私は、英語・英会話だけでなく、人生やこの世の
あり方に悩み苦しんでいる方々のために、ここしばらく、
先生に上記題名でブログあるいは書物をお書きになる
ことを強くお勧めしてきたのです。

が・・・・・

先生は、「そのようなことはおこがましくてできない。」 と
ガンとして拒否なさって来ました。

仕方がないので、お教えいただいたことを、私が上記
題名でブログに書くのを許してもらいたいと、何度も執
拗に先生にお願いしたのです。

その結果しぶしぶではありますが、この度やっとその
許可を得ることができた次第です。

それでは早速、本題に入ります。

 

1: 英語・英会話の学習法の誤り
----------------------------------------

ずばり、言います。
皆さんは、

英語をマスターしたい

のでしょう。

つまり、ネイティブスピーカーのように、いや、それが
不可能なら、それに近い能力で英語を聞き取ったり
話したり、読んだり書いたりできるようになりたいので
はありませんか?

そうでしょう。

これはだれにでも可能です。
正しい方法で英語を学習すれば。
しかし、誤った方法で学習すれば一生不可能です。

当たり前のことです。

ところで、もう説明するまでもなく、
私達日本人が日本にいて英語を習ったり、独習したり
して、ネイティブスピーカーに近く英語をマスターした人
はごく少数の天才でありかつ非常な努力家の人たち
だけです。

ほとんどの人々はつぎ込んだ金銭や労力や時間が莫
大であるにもかかわらず、目的を達成できないだけで
はなく、かえって英語が苦手になったり、怖くなったりし
ている人も多いようです。

海外の英語学校に留学しても全く無駄であった人たち
もたくさんいます。

これらはひとえにその英語 (や英会話) の教授法や
学習法が誤っているからに他なりません。

もちろん以上のことは、帰国子女や二世や三世の人た
ちには当てはまりません。

ーーーーーーーーーー

 

(つづく)
 

英語・英会話の真実と悟り(項目2完成)

ー英語と悟りー

河内乙三著

ーーーーーーーーーーーーーーー

英語と英会話の真実と悟り2

(2012-12-11:最後の方)
ーーーーーーーーーーーーーーー

 

2: 誤りの原因とその除去
---------------------------------

誤りの根本原因が最も重要です。

「誤りの根本原因1つは、私たちが 『英語をマスター』
すると言う場合の、『英語をマスターする』 とはどういう
ことか正しく分かっていないことにある。」

次に、

「誤りの根本原因のもう1つは、私たちが英語をマスタ
ーする場合の 『英語』 とは何か、『英会話』 とは何か
の誤解(=取り違え)にある」

と達衛門先生はおっしゃっています。

まず、『英語をマスターする』 とはどういうことかですが、
それは 「英語をネイティブスピーカーのように聞き話し、
読み書けるようになる。」 ということでしょう。

えっ?
「そんなことは言われなくても分かっている。」
「そんなことだれでも分かってますよ。」
ですって?

これは失礼しました。
おっしゃるとおりでしょう。
言葉と概念の上では。
つまり、言語と思考の上 (=言語と思考界) では。

しかし、現実的に (=現実界においての) その意味が
正しく分かっていらっしゃる方は非常に少ないようです。

「現実的に (=実際的に)、
『英語をネイティブスピーカーのように聞き話し読み書け
るようになる』 とは、
1)英語を聞きながら、頭の中にそのイメージや考えが、

即正しく流れ、
2)頭の中に相手に伝えたいイメージや考えが起これば、
それを適切に表現する英語を、即、発話できるようにな
り、
3)英語を読みながら、頭の中にその考えやイメージが、
即、正しく流れ、
4)頭の中に読者に伝えたい考えやイメージが起これば、
それを適切に表現する英語を、即、書けるようになると
いうことである。」

と達衛門先生はおっしゃっています。

この時、重要なのは 「即、正しく」 あるいは「適切に、即」
の意味です。
それらは 「日本語を介さずに正しく」 という意味です。

えっ?
「そんなこと成人した私たちにできっこない。」
ですって?

できますよ。
すぐにでも。
やり方によっては。
この具体的方法は後ほど述べます。

ーーーーーーーーーー

3: 『英語』 とは何か
---------------------

 

(つづく)

『英語をネイティブスピーカーのように聞き話し読み書け
るようになる』 とは

英語・英会話の真実と悟り(項目3完成)

ー英語と悟りー

河内乙三著

ーーーーーーーーーーーーーーー

英語と英会話の真実と悟り3

(2012-12-012:最後の方)
ーーーーーーーーーーーーーーー

3: 『英語』 とは何か
--------------------------

次は 『英語』 とは何かです。
ここでいう 「英語」 とは、「現在、そのネイティブスピーカ
ーたちによって用いられている英語」 ということです。

えっ?
「そんなことは言われなくても分かっている。」
「そんなことだれでも分かってますよ。」
ですって?

これも失礼しました。
おっしゃるとおりでしょう。
皮相的 (=表面的)
にはそうでしょう。

しかし、実質的 (=本質的) にその意味が正しく分かっ
ていらっしゃる方は非常に少ないようです。

「実質的 (=本質的) に、
『(現代)英語』 は
その根底に 「(現代)英語の文法体系」 を持っているの
であって、 「(古代)ラテン文法の体系」 など持っていな
い。
だから、根底に 「ラテン文法の体系」 を持った、複雑で
訳の分からない 「従来の英文法」 での英語学習は即
止め、簡単で分かりやすい 「(現代)英語の文法」 で学
習をしないと英語という言語は決して分からない。」

と達衛門先生はおっしゃっています。

ところで、私は先ほど
『英語をネイティブスピーカーのように聞き話し読み書
けるようになる(=英語の4技能のマスター)』 ことに
ついて、
その現実的実際的意味 (=本当の意味)を紹介しまし
たが、
この場合の 「英語を話せるようになる」 とは
英語で上手にスピーチができようになることでも、
英語劇が上手にできるようになることでも、
英語でロールプレイが上手にできるようになることでも、
さらには、
英語でディベートや議論が上手にできるようになること
でもありません。

それは先ず、 「英語で (本番の日常) 会話 (Conversation)
が上手にできるようになる」 ことです。
どのネイティブスピーカーに尋ねても、異口同音に皆
そう言いましたよ。

ということは、英語を 「話す能力(Speaking)」 といっ
ても、そこには日常会話に必要な 「聞き取る能力
(Listening, Hearing)」 も入っているということです。

そうすると、ここに1つの疑問が起こりますね。

お気づきのように、それは、

「英語を話す能力 (Speaking) に、日常会話 (daily
conversation) に必要な聞き取る能力 (Listening,
Hearing) も含まれているのなら、これに含まれない4
技能の独立した1つとしての聞き取り力 (=Listening
A とします) は、いったいどんな聞き取り力をあらわす
のか?」

ということですね。

「この問題は、英語を本当の意味でマスターするのに
非常に重要な問題だ」 と達衛門先生はおっしゃってい
ます。

が、このことに関しては、次の 『英会話』 とは何かを解
説させていただくときに触れたいと思います。

 ーーーーーーーーーー

『英語をネイティブスピーカーのように聞き話し読み書け
るようになる』 とは?

 

(つづく)

英語・英会話の真実と悟り(項目4完成)

ー英語と悟りー

河内乙三著

ーーーーーーーーーーーーーーー

英語と英会話の真実と悟り0.16

(2012-12-016:最後の方)
ーーーーーーーーーーーーーーー
 

4: 『英語会話』 と 『会話英語』
--------------------------------------

『英会話』 とは、『英語会話』 ともよばれ、「英語を用い
てする会話」 ということです。

えっ?
「そんなことは言われなくても分かっている。」
「そんなことだれでも分かってますよ。」
ですって?

これも失礼しました。
おっしゃるとおりでしょう。
おざなりには
にはそうでしょう。

しかし、論理的にも実際的にもその意味が正しく分か
っていらっしゃる方は非常に少ないようです。

そして、ほとんど皆、的外れなことばかり、というよりも、
習えば習うほどよけい英会話が怖くなったり、正しくで
きなくなるようなことを教えられたり、学習したりなさっ
ています。

なぜ、このようなことになってしまっているのでしょう?

「それは、1つには 『英語会話』 と 『会話英語』 のおざ
なりな混同による。」
と達衛門先生はおっしゃってます。

「藻川」 と 「川藻」 は似ていますが、
実体は全く違いますね。
前者は 「川」 ですが、後者は 「藻」 ですね。

「カップコーヒー」 と 「コーヒーカップ」 は似ていますが、
実体は全く異なりますね。
前者は 「コーヒー」 ですが、後者は 「カップ」 です。

「英語会話」 と 「会話英語」 は似ていますが、
実体は全く違います。
前者は 「会話」 ですが、後者は 「英語」 です。

先ほども言いましたように、
「英語会話」 とは、「英語を用いてする会話」 ですね。

「会話英語」 とは、「会話用の英語」 です。

「英語会話」 は、やり方によってはきわめて簡単で、
だれにでもすぐできるのですがね・・・。

「会話用の英語」 は、これに如何に上達しても、
「英語を用いてする会話」 は上達しないのですがね。
いや、反ってそれが正しくできなくなるのですがね。

なぜか分かりますか?

それは、先ず、

「『会話用の英語』 の上達は常にテスト(=試験)形
式で計られるので、『会話用の英語』 に上達した人
は、
『英語を用いてする会話』 に入ったとき、頭が 『会話
の頭』 に成れず、『受験の頭』 に成ってしまうからで
ある。」

と達衛門先生はおっしゃっています。

頭が 「会話の世界」 に入らずに、「受験の世界」 に
入ってしまうと言ってもいいでしょう。

次に、

「『受験の頭』 に成ると、だれでも自力で一気に (=
一度で) 正解しようとする。
当然、英語の聞き取りも、理解も、判断や知識も、英
語の語句や文も、発音も一気に正しくして、発言 (=
発話) しようとしてしまう。
これは、受験の頭になってしまうと無理のないことで
はある。
が、そのようなことは不可能か、不可能に近い。」

(達衛門先生の言)

でしょう?

つまり、「会話用英語」の学習者は皆、「本番の英会話」
の状況に入ると、当然、

1)(相手の発言を一気に正しく)聞き取り、
2)(その内容を一気に正しく解釈)理解し、
3)(それに関して一気に正しく)判断するか、
あるいは(適切な)経験や知識を思い起こし、
4)(それを表現するのに適切な)英語の語句または文
を一気に思い出し、(必要なら)一気に適切な修正を加
え、
5)(それを一気に正しく)発音

しようとします。
(以上を達衛門先生は 「従来の英会話法の5つの難
関」 と呼んでおられます。)

いや、これらそれぞれを一気に正しくしようとするので
はなく、これら5つ全部を一気に正しくしようとするので
す。

が、そんなこと不可能でしょう。
言うまでもなく。

その結果、「会話(用の)英語」 しか習ったことがない
人たちは、本番の英会話の状況では、黙って考え込
むか、暗記したことを中心に、勝手気ままなことを言
い続けるかのいずれかしかできないでしょう。

対して、「英語(を用いての)会話」 は正しいやり方が
分かり、それを実践すれば、だれでも簡単に、それも
気楽に正しく今日明日からでもできるのです。

その方法と理由や根拠は次々回です。

(つづく)

英語・英会話の真実と悟り(項目5,6完成)

ー英語と悟りー

河内乙三著

ーーーーーーーーーーーーーーー

英語と英会話の真実と悟り5,6

(2012-12-24:終わりの方)
ーーーーーーーーーーーーーーー


5: 『会話 (Conversation)』 とは何か
-------------------------------------------

「ロングマン現代英英辞典」 (Longman Dictionary of
Contemporary English, 3rd edition) で

'convrtsation' (=「会話」)

を引きますと、

(an) informal talk in which people exchange news,
feelings, and thoughts
(人々がニュースや気持ちや考えを交換する非公式
の話し合い)

とあります。

次に、'informal' (「非公式の」) を引いてみますと、

relaxed and friendly without being restricted by

rules of correct behaviour
(正しい行動規則によっては制限されず、気楽で、且
つ友好的な)

とあります。

さらに又、'friendly' (「友好的な」) を引いてみますと、

behaving towards someone in a way that shows
you like them and are ready to talk to them or help
them
(意訳: 好意を示し、いつでも話し掛けたり、助けたり
できるような態度での)

とあります。

ということは、「会話」 とは、

『人々が何時話しかけ、始めても良い、形式ばらずに
ニュースや気持ちや考えを交換する、気楽で友好的な
話し合い』

ということになりますね。

これを主として英語を用いて実現するのが、本当の 「英
(語)会話」 でしょう。

その時、「会話」 とは 「何時話しかけ、始めても良い」
のですから、その準備も練習もリハーサルもできませ
んね。

そうです、『何の準備もなしに、あるがままの能力です

る』 のが現実の 「会話」 でしょう。

ところで、前もって覚えておいて、それを思い出して
するのは 「芝居の会話」 であっても、「本物の会話」
ではありませんね。

いや、現実の 「会話」 を、もし前もって覚えておいて
その通りするとしたら、どうなるでしょう。
そんなこと、母国語でもほとんど不可能でしょう。

ですから現実の会話で重要なことは、
『それをする時に頭や心にあるニュースや気持ちや
考えを表現し、伝え合う』
ということです。
前もって覚えておいたものをその通り言い合うので
はありません。


現実の 「会話」 でさらにもう一つ重要なことは、
「気楽に友好的に」 にするのですから、
『相手が困ったら気軽に助け合ってする』
ということでしょう。

私達日本人が本番の英会話をする場合や、その仕方
を学ぶ場合、この最後の

「会話というものは、
『相手が困ったら気軽に助け合ってする』
ものだということがよく分かり、そのようにしようと努め
ることが、たぶん最も重要なことだ」

と達衛門先生はおっしゃています。

6: 正しい英会話法はごく簡単で気楽
---------------------------------------------

英会話なんかごく簡単で気楽にできます。

それも、あるがままの能力で。

もし、皆さんが達衛門先生の発見されたというか、
開発されたいうか、
その極意中の極意の方法をきちんと用い続けるなら。

それは、実は達人の方法なのですが・・・・・
「英会話とは何か」 その本当のところがお分かりにな
っていない方は 『そんなあほな (=そんな馬鹿な)!』
と思って、受け入れてもらえないかも知れない方法で
す。

それは、実は達人の方法なのですが・・・・・

「英会話学習の入門レベルから上級レベルまで、コア
(= the core: 核) つまり、最も重要な中心となるべき
方法」
(達衛門先生の言)

です。

それは、剣術で言うと
「真剣白刃取り」 や柳生新陰流の 「無刀取り」 のよう
な方法なのですが・・・・・
先ほども言ったように、

「発想さえ完璧に変えることができるなら、誰でもある
がままの能力で、気楽に直ぐできる方法」
(達衛門先生の言)

です。

ーーーーーーーーーー

オウムやコンピュータやにはならず、
友愛、博愛、感情移入が大事な、
人間的で思いやりがあり、心のこもった心理社交術を
マスターしよう。

 

(つづく)

英語・英会話の真実と悟り(項目7,8完成)

ー英語と悟りー

河内乙三著

ーーーーーーーーーーーーーーー

英語と英会話の真実と悟り7,8

(2012-12-27:終わりの方)
ーーーーーーーーーーーーーーー


7: 入門者用正しい英会話法
-------------------------------------

その入門者用の会話法は、

『日本の街や駅や車内や、(本屋さんの)洋書売り場
では、外国人に良識を持って、日本語の語句や短い
文で話し掛けるようにすること。』

だと達衛門先生は言っておられます。

あっ、ちょっと待ってください。
「馬鹿にするな!」
などと思わないで、少し話を聞いてください。

この 『日本語で話しかけること』 には重大な理由が1
ならずあるのです。
それから、『良識を持って』 の意味も非常に重要なの
ですが、これらについては後ほどお話します。

次に、もし相手が日本語がペラペラなら、できるだけ
早くその会話を上手に切り上げるのです。

そして、もし相手の日本語がたどたどしかったり、日本
語の分からない人だったらチャンスです。
その人と良識を持って少しその会話を続けるようにす
るのです。

その時、うまくやれば、前もって覚えておく英語表現は
無しでもできます。
が、そうすることが不安な方々に必要な英語表現はた
ったの2 つ、

"Sorry?" (ソーリ?)
[えっ、何とおっしゃった?/ 理解できません。]

と、

"Please guess." (プリーズゲース。)
[言い当ててみてください。]

(あるいはこれらに相当するもの) だけです。

どうです。
簡単でしょう。


8: "Sorry?" と "Please guess."
----------------------------------------

「私達は、英語がどんなに苦手であっても、この

"Sorry?" と "Please guess."

の2つさえうまく使えれば、相手が日本語の全く分から
ないネイティブスピーカーであっても、本番の英会話を
完璧にしていくことができる」

と達衛門先生はおっしゃっています。

それはなぜかと言うと、
この2つの表現が、前に(4: 『英語会話』と『会話英語』
のところで)お話した

「従来の英会話法の5つの難関」

を即クリヤーするからです。

Sorry? が、1) の 「聞き取り」 と 2) 「理解」 の問題を
即、解決し、そして、
Please guess. が、3) の 「判断や知識」 と 4) の
「英語表現」 と 5) の 「発音」 の問題を即、解決する
からです。

例えば、次の会話例を見てください。

Akio: Hello, Betty. How are you today?
(やあ、ベティさん。 お元気?)

Betty: Good, and you?
(元気よ、あなたは?)

Akio: Fine.
(元気です。)

Betty: Well, whatyourFAvoritePAstime?
(ところで、WhatyourFAvoritePAstime?)

Aiko: Sorry?
(えっ、なんておっしゃった?)

Betty: I said, "What is your favorite pastime?"
(『あなたのfavorite pastime は何ですか?』って言っ
たのです。)

Akio: Sorry? (又は、Pardon?)
(意味分かりません。)

Betty: I mean, "What do you like to do best?"
(「何をするのが一番好きか」って言ったのです。)

Akio: Please guess.
(当ててみてください。)

Betty: reading? I like reading best.
(読書では? 私は読書が一番好きなんです。)

So my favorite pastime is reading. Yours?
(だから、私の大好きな時間過ごしは読書です。
あなたのは?)

Akio: (Playing) Games.
(ゲーム(をすること)です。)

Betty: Cellphone games?
(Cellphone games ですか?)

Akio: Sorry?
(意味分かりません。)

Betty: (Games) On this?
(これの(ゲーム)ですか?)

Akio: Yes.
(そうです。)

 

ーーーーーーーーーー

(つづく)

英語・英会話の真実と悟り(項目9,10完成)

ー英語と悟りー

河内乙三著

ーーーーーーーーーーーーーーー

英語と英会話の真実と悟り9,10

(2012-12-31:終わりの方)
ーーーーーーーーーーーーーーー

9: 考え込まずに、直感的に発言
-----------------------------------------

会話で大事なのは、

「先ず、その (会話の物理的、社会的) 状況を正しくと
らえ発言すること。
次に、話の流れを正しくとらえて発言して行くこと。」

である、と達衛門先生は言っておられます。
それも、

「考え込まずに、直感的に。」

と。

会話をしていると、英語のネイティブスピーカー達は一
般的に言って、相手の発言を2秒以上待てません。
たまに3秒~5秒ぐらいは待ってくれるのですが、
毎回はだめです。

考えている暇などないのです。

ですから、
相手の発言が聞き取れなかったり、
理解できなかったりしたら、
すぐに、

"Sorry?" (あるいは、"Pardon?" など) ということです。

ネイティブスピーカー同士でもそうしているのです。


Bob: Dick, how did you get here?
(ディック、どのようにしてここに着いた?)

Dick: Get here? You mean, come here?
(「ここに着いた」だって? 「ここに来た」ってこと?)

Um...by tube.
(えーっと、チューブでだよ。)

Bob: (What?) Tube?? What's that? (= Sorry?)
((何だって?)チューブだって? 何だい、それは?)

Dick: I mean, by underground. Underground train,
you see.

(「地下で」ってことだよ。 「地下の電車」、分かるだ
ろう)

Bob: Ah, by subway.
(ああ、「地下鉄で」ってこと。)

Dick: Subway?
(「地下道」だって?)

Bob: Yes.
(そうだよ。)

Dick: Oh, you call it 'subway'.
(あっそうなんだ、あなた方は地下鉄を「地下道」って
呼ぶんだ。)


10: 英作文と英借文
---------------------------


会話で大事なのは、

「先ず、その (会話の物理的、社会的) 状況を正しく捉
え発言すること。
次に、話の流れを正しく捉えて、即 (=直感的に) 発
言していくこと。」

でしたね。

私達日本人が日本語で会話をする時も、大体そうして
いるのですよ。
が、私達日本人が英語で会話をする時は、よけいそう
しなければなりません。

その場合、「話の流れを正しく捉えて、即、発言していく」
ためには、具体的にどうしたらいいかが問題です。

そのために、先ずは

「起こる問題にはきちんと対処し、相手の発言をよく聞
いて分かり、表現は英文を作らずに、英語 (または日
本語) の単語 (句) 1つですることが重要」

だと達衛門先生はおっしゃっています。

この

「表現は英文を作らずに、英語 (または日本語) の単
語 (句) 1つですること。」

には重大な意味があります。

なぜなら、そうすることによって、「本当の英語での表
現」 つまり 『英作文』 が、
直ぐにできるようになるから
です。

「現在の日本のトップレベルの英語の先生方や学者は
ほとんど皆、私達、成人した日本人はいくら努力しても、
本当の 『英作文』 (=英語での表現) など決してできる
ものではない。
私たちができるのはせいぜい 『英借文』 とでも呼ぶべ
きものであると決め付け、
英語や英会話の教授法や学習法は、
英語の文 (や語句) の暗記や暗唱と、語句を入れ替え
ての発話(=パターン・プラクティス)や筆記、つまり 『英
借文』 に甘んじているのが現状である。」
(=達衛門先生の言)

だから、皆さんは多分 「英語での正しい表現法」 (=『英
作文法』) をご存じないでしょう。

しかし、それは今上で述べた
「英文を作らずに、英語 (または日本語) の単語 (句)

1つずつ発言していく」 方法で、直ぐできるようになるの
です。


(続きは次回)

ーーーーーーーーーー

オウムやコンピュータやにはならず、
友愛、博愛、感情移入が大事な、
人間的で思いやりがあり、心のこもった心理社交術を
マスターしよう。

(つづく)

英語・英会話の真実と悟り(項目11完成)

ー英語と悟りー

河内乙三著

ーーーーーーーーーーーーーーー

英語と英会話の真実と悟り11

ーーーーーーーーーーーーーーー


11: 英語発想は日本語と逆順
--------------------------------------

前節で述べた、「英文を作らずに、英語 (または日本
語) の単語 (句) 1つずつ発言していく方法」 に入る
前に、少しお話しておきたいことがあります。


次のマット先生と阿部洋子(偽名)さんの会話例を見て
ください。

Matt: Yoko, what's your favorite food?
(洋子さん、大好きな食べ物は何ですか?)

Ms Abe: My daughter lives in Texas.
(娘がテキサスに住んでまして。)

Matt: What?
(えっ、何ですって?)

Ms Abe: She is a Texas University student.
(彼女はテキサス大学の学生なのです。)

Matt: Well, do you know my question?
(それはそうと、私の尋ねていること分かっていますか?)

Ms Abe: Yes, I do. And she is in a master's course
now.  She calls me every summer.
(分かっています。 それで、彼女は今は(大学)院生な
のですが、毎年夏に電話をしてくるのです。)

Matt: She calls you every summer, all right.
娘さんが毎年夏に電話をしてこられる。 それはいいの
ですが、

But what food do you like?
どんな食べ物がお好きなのですか?)

Ms Abe: .....??.....
(・・・・・??・・・・・)

この会話例は、私たちのクラスで実際にあったもので
す。

阿部さんの話される英語は日本の中学程度のもので
すが、ほとんど完璧で、これはすばらしいことです。

しかし、その発想順がまずく、上の会話は失敗に終わ
っています。

英語の発想は原則として日本語とは逆順です。

もう少し詳しく言うと、
郵便物の宛名書きをする場合のような順序です。
語句を使って英文を作る場合も、
いくつもの英文を使って一つの話をする場合もそう
です。

一つの英文を作る場合には、
文の(前置きや、疑問表示部や、)主(語)部や、
以外、意味のまとまりごとに全て逆順です。

一つの話を英語でする場合には、
話題以外すべて同様に日本語と逆順です。

達衛門先生が初めて言明されたことですが、それは

「問題のもの自体から、それに直接全面的に関係す
るものを通って、次第により間接部分的に関係するも
のへ」

という発想順です。

この発想順のマスターが、私達成人した日本人の英
語・英会話学習のほとんどあらゆる問題をすっきりと
解決してくれるのです

 

(つづく)

英語・英会話の真実と悟り(項目12完成)

ー英語と悟りー

河内乙三著

ーーーーーーーーーーーーーーー

英語と英会話の真実と悟り12

(2013-02-01: 本番英会話中の
後付け練習部を ((  )) に入れる。)

ーーーーーーーーーーーーーーー


12: 語句1つずつで英会話
----------------------------------
(この項完成)


次のマットさんと池田裕美さんの対話例を見て下さい。

Matt: Ms Ikeda, what's your favorite food?
(池田さん、大好きな食べ物は何ですか?)

Yumi: Pizza.
(ピザです。)

Matt: Oh, you like pizza. It's my favorite, too.
(おっ、ピザがお好きなんですか。僕も大好きです。)

Yumi: (You know,) Texas.
((あのね、)テキサスです。)

Matt: Texas? You mean, you ate pizza in Texas?
(テキサスですって? テキサスでピザを食べたってこ
とですか?)

Yumi: Yes((, I ate pizza in Texas)). Delicious.
(そう((、テキサスでピザを食べたん))です。 とてもお
いしかった。)

Matt: Ah, you ate very good pizza in Texas.
(ああ、テキサスでとてもおいしいピザを食べたので、
So it's your favorite now.
今ではそれが大好きになったんですね。)

Yumi: Yes((, it's my favorite now)).
(そう((、今ではそれが大好きな食べ物なの))です。
(You know,) Every
summer.
(あのね、)毎年の夏です。)

Matt: Every summer?
(毎年の夏ですって?

You mean, you go to Texas every summer?
毎年夏にテキサスに行くってことですか?)

Yumi: Yes((, I go to Texas every summer)).
(そう ((、毎年夏、テキサスに行くん)) ですよ。)

Matt: What makes you go there every summer?
(何が毎年夏、あなたをあちらに行かせるんですか?)

Yumi: Sorry?
(えっ、何ですって?)

Matt: (I mean,) Why do you go there every summer?
(なぜ毎年夏、あちらに行くのかってことです。)

Yumi: My daughter.
(私の娘です。)

Matt: Oh, your daughter takes you there?
(ああ、娘さんがあちらへ連れて行ってくれるんですね。)

Yumi: Pardon? (= Sorry?)
(えっ、意味わかりません。)

Matt: Well, you go there with your daughter, don't you?
(えーっと、娘さんといっしょにあちらへいらっしゃるん
ですね。)

Yumi: No. 'Hitoride'.
(いいえ、「ひとりで」 です。)

Matt: 'Hitoride'??
(「ひとりで」 ですって?)

Yumi: Yes. Me. One.
(そうです。 私、1人で。)

Matt: Oh, you go there alone.
(ああ、1人であちらへいらっしゃるんですね。

So your daughter lives in texas.
それじゃ、娘さんはテキサスに住んでいらっしゃる。)

Yumi: Yes((, she lives in Texas)). Texas University.
(そうです。((彼女はテキサスに住んでいます。)) 
テキサス大学です。)

Matt: Texas University? Then, is she a Texas
(テキサス大学ですって? それでは、娘さんはテキサス

University student?
大学の学生さんですか?)

Yumi: Yes((, she is a Texas university student)).
(そうです。((彼女はテキサス大生です。)) 

Graduate.
大学院の)

(以下、省略)

 

ーーーーーーーーーー

オウムやコンピュータやにはならず、
友愛、博愛、感情移入が大事な、
人間的で思いやりがあり、心のこもった心理社交術を
マスターしよう。

 

(つづく)

1  2

PAGE TOP