ホーム > ヒューコムブログ > 本物の英語英会話 > 無料講習会「1日で苦手英語が得意に」とワンポイント・レッスン6.
ヒューコムブログ

無料講習会「1日で苦手英語が得意に」とワンポイント・レッスン6.

 

 

無料講習会(梅田、土・日曜)
 

「1日(5時間)で

苦手英語が得意になる」
 

のご案内

ーーーーーーーーーー

 

本講習会は、
 前ハーバード大学教授 DANIEL GOLEMAN
心理学博士の "EMOTIONAL INTELLIGENCE"
(「感情の(理)知的コントロール」)を応用し
て本学院が開発しました、「英語の会話と即聴即
話即読即書法」により、本物の英語力の向上を
目指すもので、英語のセンター試験や一流大学
入試をはるかに超える"TOEFLE-iBT"で高得点
取得にもつながるものです。

残念ながら、皆さんは英語が
よく分かっていらっしゃらないようです。

この講習会で、
英語の真実が全て分かるようになるでしょう。

ぜひご参加を検討ください。

 

ーーーーーーーーーー

現在、ほとんどの英語学習者は正しい学習法や内容がよ
く分からず、ただひたすら莫大な量の英語を「暗記暗唱
法」で頭に詰め込まざるを得ない状況にあります。

が、しかし、私達が「明記明話法」と呼ぶ、わけの良く
分かる方法で学習すれば、英語が大好きになり、すぐ得
意になれます。

「語学に王道なし」などとよく言われますが、王道はあ
るのです。 ご存知ないだけです。

これが金儲け主義の眉唾物でなく、英語に悩む学習者の
方々や日本の将来のためを真実思い、「英語学習に王道
がある」ことを実体験していただきたいがために、この
講習会参加を無料とさせていただいているのです。
(5~10名クラス正規税込み授業料:12,600円
=2100円(/ 50分)×6回分無料。以後、独習可)

以上の趣旨をよく理解いただける方なら、学生、社会人
を問わずご参加を歓迎いたします。 特に受験英語に悩ん
だり、苦しんだりされている方々は。

ただその方法は、従来の英語の教授法や学習法とは大き
く異なりますので、本講習中だけでも先入観を捨ててい
ただき、こちらの指導法や学習法に従っていただくこと
になります。

(ちなみにその指導法とは、本ブログで最近解説しまし
た、主として私達が「時限爆弾ゲーム」と呼ぶとても楽
しい英会話法と、わけの良く分かる「英語発想順英文法」
によるやさしい即聴即話即読即書法の2つで、後者は米
国等、英語国大学学位留学英語力テスト TOEFLE-iBT
で高得点取得につながって行く、本物の英語力を目指す
方法です。)


ーーーーーーーーーーーー 記 ーーーーーーーーーーーー

# 日時: 7月21日(日)、7月27日(土)、8月4日(日)
のいずれか。

→→→ 10時から17時(実質5時間+α)(ただし、27日
(土)は11時~18時)

# 対象と定員: 中学3年生(私立は2年生)以上。 
→→→ 定員各10名、先着お申し込み順に参加受付。

# 場所: 大阪市北区芝田2-3-19、東洋ビル本館
→→→ 3階会議室または教室(阪急梅田、JR大阪歩3~5分)

# 講師: 平野 清
→→→ ミシガン州立大学大学院卒業
(→→→MA:言語文化コミュニケーション専攻、博士課程中退、
が、同課程在籍中、同大学一年生相手にヒューマン・コミュ二ケ
ーションの基礎コースを、もちろん全て英語で授業した経験有り

# 参加: 要予約→ e-mail: info@hucom-inter.jp 又は下
ファックス にて。 お知らせいただくことは→
→ ご住所、ご氏名、無料講習会参加希望日、お電話番号。
→ ただし、定員に達した時は、次の機会をお待ちいただくか、
あるいは本条件ではご参加いただけない場合もありますので、お
早めにお申し込みください。
→→→ 授業は原則としてすべて英語で行いますが、私達の開
発した誰でも気楽に楽しく付いて来れ、きちんと学習できる方
法ですのでご安心ください。


ーーーーー

主催: ヒューコム・インター
担当: 事務局 荻野ゆかり
TEL / FAX: (06) 6372-9722

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

本物英語ワンポイント・レッスン6.

ーーーーーーーーーーーーーーー

ゴミ知識からダイア知識へ

 

6.「動作動詞と状態動詞の重要な違い」

「動作動詞」と「状態動詞」の英語学習上の重要な違いは
何ですか?

とたずねると、ほとんど皆、
「動作動詞」とは、「動作を表す動詞」で、
「状態動詞」とは、「状態を表す動詞」でしょう。
とお答えになる。

しかし、そのようなおざなりな意識では、英語(の文法)も
良く分からなければ、本番の英会話や実社会で英語の4
技能を用いる時、やっかいな問題が起こりますよ。


ーーーーーーーーーーーーーーー

(解説)

皆さんの中には、この「ワンポイント・レッスン4」の「現
在とは何時のこと?」の解説をお読みいただいて、動作動詞
と状態動詞の(英文法上の)重要な違いを感じ取られた方も

あるかもしれません。

が、もう一度、その英文例を見てください。

My name is Kiyoshi. (a)
I teach English. (b)

I like English. (c)
The sun rises in the east. (d)

これらの中では、(a) と (c) の主動詞 is と like が状態動詞
で、(b) と (d) の主動詞 teach と rises が動作動詞です。

これらの動作動詞と状態動詞の重要な違いは何でしょう?

それは、「状態動詞」の現在形は発話時もそうしている(最
中や途中である、あるいは、そうである)ことを表している
けれど、「動作動詞」の現在形は発話時にそうしているこ
とを表現してはいないことです。

ーーーーーーーーーーーーーーー 

ダイア知識6.

「動作動詞」とは、一般に「その現在形が表していることを、
発話時にはしていない動詞」のことです。
「状態動詞」とは、「その現在形が表していることを、発話
にもしている(最中や途中の)動詞」です。

 ーーーーーーーーーーーーーーー

次回の7.は、「進行形とは」

です。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.hucom-inter.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/627

PAGE TOP