2017年4月

大阪工業大学様へのコメント(フェースブックでの)

恐れ多くも、大阪工業大学さんに(フェースブックで)次のようなコメントをさせて頂きました。
別に気がふれたわけではないので、ご心配なく。
-----------
交通の便はもちろん、大学のキャンパスも、学問分野も、大学組織も、何もかも素晴らしいです。
ただ、御大学梅田キャンパスのお隣がユニクロさんであり、今朝たまたまネットで「ユニクロ社員は英語ペラペラになったのか 社内公用語化から丸5年、『困っています』の声も」という5ページにわたる SankeiBiz 記事に目を通して感じたことは、私が思っていた通りの結果だということです。つまり、子供のままごとか、良くて若様剣法に終わると。
 外国語として英語を学ぶ私達日本人の英語力は、今までの暗記暗唱法に依っていては、その即座の英語でのスピーキングやライティング力は永遠に世界で最下位クラスのままでしょう。
 世界に出たら真剣勝負です。そこで、将来世界に出られたり、世界で活躍される可能性があり、英語力の必要な御大学の学生さんたちは、お遊び用の英語の教育学習に甘んじられないことを切に望みます。
 私共にご相談頂ければ、いくらでも初心者は初心者なりの、上級者は上級者なりの、英語での真剣勝負の仕方の相談に乗らせて頂きます。
 現在、英語を用いての真剣勝負に勝つ方法を入門レベルから教えている所は私共のところ以外、皆無ですので。
 私はユニクロの社長さんにも、楽天の社長さんにもそんなことをしていてはダメですよという意味で、お手紙と拙著をお送りしたのですがね。
 以上のことで不審に思われることがございましたら、先ずは私共のフェースブックや、ホームページや、そのブログ等にお目通し頂ければ幸いです。
1
PAGE TOP