ホーム > ヒューコムブログ > 本物の英語英会話 > 秘伝:本番の英会話学習法1
ヒューコムブログ

秘伝:本番の英会話学習法1

rDSCF0073.jpg英語・英会話のマスター:最短距離2ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

秘伝:本番の英会話学習法1
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
おはようございます。さて、前回触れました私達ヒューコム・インター英会話学院の「秘伝」である『究極の本番英会話学習法』、つまり、外国人のいるところへ行けば今すぐにでもでき、且つ相手にも喜ばれるごく簡単な方法ですが、それは以下の通りです。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
皆さん:Excuse me.
外国人:(Eh,) What?
((皆さん:ワン、メネ、プリーズ(=One minute please.)))
((外国人:Sure./ Certainly./ OK./ Alright.等))
皆さん:(右手の親指と人差し指で、左手の親指をつまんで見せて、) Finger??
外国人:No, A thumb.
皆さん:(まねて言って、)アサム?
外国人:Yes. A thumb.
皆さん:(まねて言って、) A thumb(?)
外国人:Yes, Very good.
皆さん:(心を込めて、) Thanks a lot. Bye.
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
以上です。 
(( ))内は、ここで「1分もかからないから、お願いします。」と断っておいたほうが良い、と思われる方々のためのものです。
この本番会話を、その変形(⇒後述)も含めて、できるだけ多くの外国人に対してすることです。
駅で、バス停で、街で、コンビニやホテルのロビー等々で。
本番英会話の状況に慣れるために。
一日10人に対してやれば、10日で100回になりますね。
(この対話 (:dialogue)に関しては、その詳しい解説と私から皆さんへのいくつかのご注意があります。が、それは次回から1つずつお話ししていきます。 )

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.hucom-inter.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/1042

PAGE TOP