ホーム > ヒューコムブログ > 本物の英語英会話 > 先ずは梅北をバイリンガル・タウンにしよう会 (1)
ヒューコムブログ

先ずは梅北をバイリンガル・タウンにしよう会 (1)

☀「先ずは梅北(=うめきた)をバイリンガル・タウンにしよう会」☀
(略称:梅北バイリン会)について (1)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
私はヒューコム・インター英会話学院で学院長をしている平野清という
ものでございます。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
が、私どもの学校のごく近くにグランフロント大阪が出来、しばらくし
て多数の外国人観光客が同グランフロント大阪や空中庭園のある梅田ス
カイビルを訪れ、あちこちで道案内等、外国人との簡単な会話の必要性
やチャンスが生じているのを見てきました。そして、「大阪の梅北(=う
めきた)が、『多言語が通じる町』すなわち『マルチリンガルタウン』に
なれば良いのだがなと思ってきました。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
がしかし、先週、その単なる希望的思いが、私の心の中で真剣にその実
現のために努力すべき課題と変ったのです。その直接のきっかけはこの
8月20日の日曜日に京都のPHP研究所であった「21世紀のリーダーに向
けて:松下幸之助翁が後世に何としても伝えたかった事」という勉強会
に参加したことと、その時頂いた幸之助さんの著書「人間を考える:新
しい人間観の提唱・真の人間道を求めて」を読ませてもらったことです。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ここで詳しいことはお話しできませんが、私は幸之助さんがご心配なさ
るように、このままでは今21世紀中に日本は崩壊し、第2次世界大戦直
後のような酷く荒廃した状態になると思っています。が、日本のほとん
どの人々はそんなことはどこ吹く風かと言わんばかりに金儲けと快楽ば
かりにふけっているようです。金儲けや快楽追求は僕も大好きでとても
良いですが、そればかりはいけませんね。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
さて、そうすると、それと大阪の梅北が多言語の通じる『マルチリンガ
ルタウン』になることとどう関係するのかということになりますね。
それは、先ず梅北の多くの人々に日英のバイリンガルに成って頂くこと
から始めるのですが、そのためには英会話がきちんとできるようになっ
て頂かねばなりません。その英会話学習を従来の誤った「会話英語の暗
記暗唱法」ではなく、新しく正しい「本番の英(語)会話法」ですれば、
誰でもすぐにそれができるようになり、同時に日常生活や社会生活での
様々な問題の正しい解決法も身に付いて来ると確信するからです。更に
また、今後日本国が崩壊するようなことがないためには、一国民として
ほんの少しでも何をどうすべきか正しく分かって来られると思うからで
す。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
その本番の英会話は基礎的には次の3つの表現をマスターするだけで気
楽に楽しく且つ正しくできます。すなわちそれらは、
1.「ソーリ(Sorry)?」(えっ、なんとおっしゃった?;意味わかりません。)
2.「プリーズ・ゲース(Please guess).」(どうか、言い当ててください。)
3.「(和語句1つ)、ユースィー(You see)?」((和語句1つ)、分かりますか
?)の3つです。
そして、本番を通して外国人との会話に慣れて行きながら、ごく簡単な
「本物の英文法」をマスターして行けば良いだけです。
そしてさらにマルチリンガルになるには、それがフランス語であれ、中
国語であれ、何語であれ、最低上の3つに当たる表現をマスターして、
外国からの訪問客を助けるところから始めれば良いだけです。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
(以下次回)
 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
(参考)
 
「梅北バイリンガール・フェスティバル」を企画開催したいと思ってい
ます。
 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
レスリング、野球(ルール)、サッカー。世界は自由な民主主義に向かう。
平等なルール、ハンディのある人にはハンディのあるルールがたいせつ。
自由民主主義的に強い人間を造る教育が良く、権威主義に強いあるい
弱い人間を造る教育は良くない。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.hucom-inter.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/1046

PAGE TOP