ホーム > ヒューコムブログ > 本物の英会話

本物の英会話

「英語の神様」と呼んでおりました

rDSCF0073.jpg私は現在東京において翻訳会社(http://www.s777come.server-shared.com/)を経営している川田と申します。

1970年代後半のことですが、当時平野先生は、大阪は梅田のサンケイビルの1室で毎週日曜日に (通訳を通した) 英語の勉強会を主催していらっしゃり、私はこれに参加させていただいておりました。この無料の勉強会への参加者は社会人が多かったのですが、私は、関西地方のある大学に在籍する学生でした。

それから10年後、私自身が英語を教える仕事を始め、教える仕事には準備、テストの作成、添削など、大変な裏の作業があることが初めて分かり、先生が無欲で寛大であられることを改めて認識した次第です。

このため、20年以上も前から平野先生には報恩したく、先生の所在を突き止めようとしていましたが、そうできたのは数年後にインターネットの使用を開始し、知人のプログラマーの協力をえて、やっと先生の経営されるヒューコム・インターのホームページにたどり着けた時でした。

今ではアメリカの大学院を卒業した人はたくさんいますが、そのような方が少ない時代に、それを鼻にかけるわけでもなく、威張るわけでもなく、当時から私は平野先生のことをなんと寛大な方かと思い、先生のことを「英語の神様」と呼んでおりました。この勉強会以外にも年末にはご自宅での忘年会に招待していただいたり、ディベートを見学に行った後、ご自宅で夕食をいただいたりしたことも嬉しい記憶として残っています。

週休2日が定着していないこの時代の貴重な日曜に、当時新婚であられた先生はきっとご家庭でくつろぎたかった違いありません。今から考えると交通費だけでもお支払いすべきだったのですが、私たちは、なんと厚かましいことをしていたのかということが分かり汗顔の至りです。

安易に英語や英会話学校が乱立し、安易な教授法でそれらを教えられる今日においても、先生は英語や英会話の正しいあり方を研究し、その正しい教授法を開発し、それらで持って人々をを正しく導いて行くことを生涯のミッションとしておられます。

以上のような訳で、一人でも多くの方が、平野先生が開発されたヒューコム・アプローチによる、先生自らの英語・英会話の授業を一度は受けて見られることをここに心底からお勧めいたします。

 

川田純枝

1959年生まれ

1981年関西外国語大学外国語学部英米語科卒業

1979年より1980年まで同校交換留学生としてウィスコンシン大学へ留学

1984年より1985年までシカゴ大学大学院へ留学

 

これ以降の経歴は弊ホームページをご参照ください。

<無料レッスン・キャンペーン中>

画像 045_R.jpg

<無料レッスン・キャンペーン中>

 

画期的方法なので

英語・英会話が大好き

になる:
無料5レッスン

受けてみませんか?

 

ヒューコム・インター英会話学院:
ヨドバシカメラ、グランフロント大阪から徒歩3分

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

お申し込みは携帯090-1243-2804(平野)への先着5名ずつのみとさせて頂きます。
(お申し込み期限は8月31日午後5時迄です。)
お申し込み頂くのは以下の
少人数(3~5,6名)クラス、ペア(2人)クラス、個人レッスンのいずれかです。

但し、1レッスン50分で8月21日(月)開始です。
又、全て、「バイリンガル脳で英会話」や「50分で分かる本物の英文法」の著者である学院長の平野清が行います。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

中学レベルコース(5名)少人数クラス:月曜夕刻 6:30~7:20、7:40~8:30
                    水曜夕刻 6:30~7:20, 7:40~8:30

高校レベルコース(5名)少人数クラス:月曜夜 7:40~8:30, 8:40~9:30

大学生・成人レベルコース(5名)少人数クラス:日曜夕刻 6:00~6:50, 7:10~8:00

ペア(2人)クラス、個人レッスンの日時は携帯電話相談によって決定。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

この無料5レッスン終了に際し、本学院(コース)への強制勧誘は一切致しません。
また、本学院(コース)で学習を続けたい方は既定(ホームページ表示のもの)の2割引き、あるいは5割引きとさせて頂きます。

ただし、5割引きは、受けられた授業のポイントと感想を、(フェースブックやツィッター等により)インターネット上で公開頂ける方の場合です。


(以上)

<無料レッスン・キャンペーン中>

<無料レッスン・キャンペーン中>

 

画期的方法なので

英語・英会話が大好き

になる:
無料5レッスン

受けてみませんか?

 

ヒューコム・インター英会話学院:
ヨドバシカメラ、グランフロント大阪から徒歩3分

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

お申し込みは携帯090-1243-2804(平野)への先着5名ずつのみとさせて頂きます。
(お申し込み期限は8月31日午後5時迄です。)
お申し込み頂くのは以下の
少人数(3~5,6名)クラス、ペア(2人)クラス、個人レッスンのいずれかです。

但し、1レッスン50分で8月21日(月)開始です。
又、全て、「バイリンガル脳で英会話」や「50分で分かる本物の英文法」の著者である学院長の平野清が
行います。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

中学レベルコース(5名)少人数クラス:月曜夕刻 6:30~7:20、7:40~8:30
                    水曜夕刻 6:30~7:20, 7:40~8:30

高校レベルコース(5名)少人数クラス:月曜夜 7:40~8:30, 8:40~9:30

大学生・成人レベルコース(5名)少人数クラス:日曜夕刻 6:00~6:50, 7:10~8:00

ペア(2人)クラス、個人レッスンの日時は携帯電話相談によって決定。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

この無料5レッスン終了に際し、本学院(コース)への強制勧誘は一切致しません。
また、本学院(コース)で学習を続けたい方は既定(ホームページ表示のもの)の2割引き、あるいは5割引きと
させて頂きます。

ただし、5割引きは、受けられた授業のポイントと感想を、(フェースブックやツィッター等により)インタ
ーネット上で公開頂ける方の場合です。


(以上)

大阪工業大学様へのコメント(フェースブックでの)

恐れ多くも、大阪工業大学さんに(フェースブックで)次のようなコメントをさせて頂きました。
別に気がふれたわけではないので、ご心配なく。
-----------
交通の便はもちろん、大学のキャンパスも、学問分野も、大学組織も、何もかも素晴らしいです。
ただ、御大学梅田キャンパスのお隣がユニクロさんであり、今朝たまたまネットで「ユニクロ社員は英語ペラペラになったのか 社内公用語化から丸5年、『困っています』の声も」という5ページにわたる SankeiBiz 記事に目を通して感じたことは、私が思っていた通りの結果だということです。つまり、子供のままごとか、良くて若様剣法に終わると。
 外国語として英語を学ぶ私達日本人の英語力は、今までの暗記暗唱法に依っていては、その即座の英語でのスピーキングやライティング力は永遠に世界で最下位クラスのままでしょう。
 世界に出たら真剣勝負です。そこで、将来世界に出られたり、世界で活躍される可能性があり、英語力の必要な御大学の学生さんたちは、お遊び用の英語の教育学習に甘んじられないことを切に望みます。
 私共にご相談頂ければ、いくらでも初心者は初心者なりの、上級者は上級者なりの、英語での真剣勝負の仕方の相談に乗らせて頂きます。
 現在、英語を用いての真剣勝負に勝つ方法を入門レベルから教えている所は私共のところ以外、皆無ですので。
 私はユニクロの社長さんにも、楽天の社長さんにもそんなことをしていてはダメですよという意味で、お手紙と拙著をお送りしたのですがね。
 以上のことで不審に思われることがございましたら、先ずは私共のフェースブックや、ホームページや、そのブログ等にお目通し頂ければ幸いです。

「50分でわかる本物の英文法」の付録5. 【完成改稿】

「50分でわかる本物の英文法」の

付録5. 【完成改稿

 

「『英語教育大論争後も無為無策の結果」

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

さて、本書を終えるにあったて、ぜひとも皆さんにお話
しておきたいのは、
1) 
なぜ今までの『英語英会話の教育学習が問題を引
き起こ
して止まないのか、その根本的原因と、
2) その解決のための、同教育学習の内容と方法の根本
的改良に関す
の考えと訴え、
の2つでした。

1) の問題は、根本的には
「すでに英語英会話の教育学習は、何年も、いや何
十年も前からその学習者達が、重大な利害関係が生じ得
る実生活や実社会において、英語で問題なくコミュニケ
ートできるようになることを主目的とした上での真剣な
科学的で人間的な教育や
研究すべき時に来ているのに、
そのような目的意識は
英語の研究者にも、教師にも、ほ
とんど全くなかったから」

でしょう。

そういう正しい教育や研究は遅くとも1974年~1975年
の平泉渉氏と渡辺昇一氏の、日本全国だけでなく外国ま
で巻き込んだ「英語教育大論争」の後、数年以内に真剣
に始まるべきでした。
(その大論争については後述)
がしかし、その後、誠に残念ながらそれとは逆行して、
少しは残っていた直訳による教育学習も次第になくなり、
脱法ドラッグのような暗記暗唱による詰込み教育や学習
一辺倒になってしまいました。

その結果が、中国や韓国だけでなく、北朝鮮にも劣る世
界で最下位クラスの speaking や writing の英語発信
能力でしょう。

2) に関しては、1) にも関連していますが、
現行の英語の教育や研究が、
特に英語での会話やディス
カッションや
交渉、質疑応答やインタビューや即座のメ
ールでのやり取りなど、学習者たちの
英語での即座の正
しいコミュニケーション力の短期間での育成という真剣
な目
的意識に欠けていることが大問題です

いや、英語の教師や研究者だけではありません。
英語の学習者自身やいわゆるグローバル企業もそうです。

なぜなら、そのような真剣な目的意識があれば、従来の
暗記暗唱中心の英語の教育学習は、実生活や社会におけ
る即座の英語コミュニケーションにとっては百害あって
一利ないことぐらいすぐ分かるはず
ですから。
そして、上の目的を達成するためにはどうすべきか、
らゆる先入観を捨て、英語
英会話の教育学習法のあるべ
き姿も、英文法学を含む英語学のあるべき内容も、根本
から科学的人間学的に真剣に考え直される
でしょうから。

要は、「英語を外国語として学ぶ人達の、即座の正しい
語コミュニケーション力の短期間での育成」を可能に
する
ような、英語教育や英語学や英文法学もできるだけ
早く
必要だということです。これには社会学者や特に心
理学
者の協力も必要でしょうけれど。

ちなみに、上のような言わば真剣勝負とも言える即座の
英語コミュニケーション力が正しく身に付けば、リーデ
ィングやリスニングはもちろんのこと、
時間をかけるこ
とのできる英語での論文書きや
ビジネス・コレスポンデ
ンス、前もって準備したり、練習したり、リハーサルし
たりできる
スピーチやレクチャーやプレゼンテーション
などは難なくできるはずです。

さて、上で触れた「英語教育大論争」についてですが、
正しい英語学習の参考として頂くために、その大論争の
きっかけとなっ
平泉渉氏の、「外国語教育の現状と改
革の方向ー1つ
の試案ー」の序論部を次に引用し、一言
コメントさ
せて頂きます。

我が国における外国語教育は、中等教育・高等教育が
国民のごく限られた部分に対するものでしかなかった当

時から、すでにその効率の低さが指摘されてきた。旧制
中学・旧制高校を通じて、平均八年以上にわたる、毎週
数時間以上の学習にもかかわらず、旧制大学高専卒業者
の外国語能力は、概して、実際における活用の域に達し
なかった。

 今や、事実上全国民が中等教育の課程に進む段階を迎
えて、問題は一層重大なものとなりつつある。
それは第
一に、問題が全国民にとっての問題になったことであり、
第二に、その効率のわるさが更に一段と悪化しているよ
うに見える
ことである。

 国際化の進むわが国の現状を考え、全国民の子弟と担
当教職者とが、外国語の学習と教育とのために払ってい
る巨大な、しかもむくわれない努力をみるとき、この問
題は今やわが文教政策上の最も重要な課題の一つとなっ
ているといわねばならぬ。
』 (ゴシック体、現著者)

いかがですか。
これは一瞬、『現在の英語を中心とする外国語の学習と
教育の的確な実情分析ではないか』という錯覚に陥りま
せんか?
40年以上も前に、よくこれ程までに日本における外国語
の学習と教育の実情を正しく把握され、その改革を政府
文教政策上の最も重要な課題の一つとして提案された
ものだと、私は感服しています。

ちなみに、結果としてですが、私は米国からの帰国後40
年間、この問題に正面から取り組み、その具体的な解
決法の発見のために努力を続け、数年前にこれに成功し
つもりす。

そして、その結果を本の出版やブログ、献本や訪問、チ
ラシや小冊子の配布等によって広報してきましたが、ど
うも私の尊敬する平泉先生同様、英語の教育界や実業
界からは、真面目に相手にはされないようで、残念なこ
とこの
上ありません。

が、この「50分でわかる本物の英文法」は、その広報
の一環で、これによって1人でも多くの方が本物に目を
覚され、英語学習を根本から正しくやり直し、少しでも
速く英語を正しくマスターされんことを願って止みませ
ん。

 

(次回は「おしまいに」)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「英語の神様」平野清先生について

私は現在東京において翻訳会社(http://www.s777come.server-shared.com/)を経営している川田と申します。

1970年代後半のことですが、当時平野先生は、大阪は梅田のサンケイビルの1室で毎週日曜日に (通訳を通した) 英語の勉強会を主催していらっしゃり、私はこれに参加させていただいておりました。この無料の勉強会への参加者は社会人が多かったのですが、私は、関西地方のある大学に在籍する学生でした。

それから10年後、私自身が英語を教える仕事を始め、教える仕事には準備、テストの作成、添削など、大変な裏の作業があることが初めて分かり、先生が無欲で寛大であられることを改めて認識した次第です。

このため、20年以上も前から平野先生には報恩したく、先生の所在を突き止めようとしていましたが、そうできたのは数年後にインターネットの使用を開始し、知人のプログラマーの協力をえて、やっと先生の経営されるヒューコム・インターのホームページにたどり着けた時でした。

今ではアメリカの大学院を卒業した人はたくさんいますが、そのような方が少ない時代に、それを鼻にかけるわけでもなく、威張るわけでもなく、当時から私は平野先生のことをなんと寛大な方かと思い、先生のことを「英語の神様」と呼んでおりました。この勉強会以外にも年末にはご自宅での忘年会に招待していただいたり、ディベートを見学に行った後、ご自宅で夕食をいただいたりしたことも嬉しい記憶として残っています。

週休2日が定着していないこの時代の貴重な日曜に、当時新婚であられた先生はきっとご家庭でくつろぎたかった違いありません。今から考えると交通費だけでもお支払いすべきだったのですが、私たちは、なんと厚かましいことをしていたのかということが分かり汗顔の至りです。

安易に英語や英会話学校が乱立し、安易な教授法でそれらを教えられる今日においても、先生は英語や英会話の正しいあり方を研究し、その正しい教授法を開発し、それらで持って人々をを正しく導いて行くことを生涯のミッションとしておられます。

以上のような訳で、一人でも多くの方が、平野先生が開発されたヒューコム・アプローチによる、先生自らの英語・英会話の授業を一度は受けて見られることをここに心底からお勧めいたします。

 

川田純枝

1959年生まれ

1981年関西外国語大学外国語学部英米語科卒業

1979年より1980年まで同校交換留学生としてウィスコンシン大学へ留学

1984年より1985年までシカゴ大学大学院へ留学

 

これ以降の経歴は弊ホームページをご参照ください。

誰でもすぐできる!気楽で楽しい本物英会話1.

1.誰でもすぐできる!気楽で楽しい本物英会話

 

誰でも、今すぐにでも、できます。

本番の英会話を。

それも、気楽で楽しくできます。

それは、日本語の全く分からないネイティブスピーカー(native speakers)とです。

ご存知かと思いますが、「ネイティブスピーカー」とはその言葉を母語とする人たち

のことです。

それもきちんと(=正しく)できます。

ただし、次の3つのことを実践すればの話です。

ーーーーーーーーーーーーーーー

A. 聞き取れなかったり、理解できなかったりしたら日本語式発音でも良いから

「ソーリィ?」(Sorry?=すみません(、聞き取れません。;理解できません)。)

ときちんと相手に向かって言い、

次の相手の発言を理解しようと努めること。

 

B. 何をどう表現していったら良いか分からなかったら、日本語式発音でも

良いから

「プリーズ、ゲース」(Please guess.=(どうか、言い)当ててみて下さい)

ときちんと相手に向かって言い、

次の相手の発言を理解しようと努めること。

 

C. 相手の発言、あるいはその一部をできるだけまねて、

『こうおっしゃった?』という気持ちで相手に向かって言うこと。

相手の発言の一部とは、英単語1つでも、1つの英単語の一部でも良いの

です。

 

以上の3つのことを、その時の気持ちをこめて実行すれば、今すぐからでも
誰でも日本語の全く分からない英語のネイティブスピーカー(=母語話者)
達と、気楽で楽しく、且つ
正しく本番の英会話ができますよ。

そして、一回これを実践すれば、ほんとうの(日英の)バイリンガル
(bilingual)に
一歩近づくことになるのです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

みんなの英語・英会話革命1.英語の教育・学習改革はこうしないと*

 

 

 

 

 

ー みんなの英語・英会話革命 ー

 

英語の教育・学習改革は

こうしないと

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ヒューコムインター

代表: 平野  清

 

 

 

 

 

みんなの英語・英会話革命1.(修正) きっと失敗する英語教育改革*

(本日、追加と修正)

1.このままではきっと失敗する大阪市・府の英語教育改革

現、橋下大阪市長は、大阪府知事時代に海外視察を通して、アジア
における日本の語学教育の非常な遅れを痛感し、「英語教育を革命
的に変える」と宣言されたとのこと、皆さんもご存知でしょう。

橋下氏を好む人も嫌う人も、尊敬する人も軽蔑する人もいるでしょ
う。 が、しかし、それはそれとして、現在の日本の「英語教育を
早急に、革命的に『正しい方向に』変え」なければならないことは
事実です。

なぜなら日本の英語教育は、学究的な面でも、実用的な面でも、世
界的にこれといった成果は全くあげていないからです。
またそれは、そのまずさによって、生徒達も先生方も英語(や英会
話)で四苦八苦なさっているからです。
(ちなみに、日本の英語(や英会話)教育がこのようにまずくなっ
たのは、生徒達に膨大な量の英語の語句や文を和意訳を介して、わ
けもよく分からず暗記暗書させ、試験で高得点を得たり、入学試験
に通らせることのみを目標としてきたからです。)

 

そして現在、大阪市と大阪府が協力し毎年莫大な予算を用いて、大
阪の公立の小・中・高校の英語を中心とする語学教育改革を行って
います。

しかしながらこのまま行けば、その改革はきっと失敗に終わると思
います。 なぜならその改革は根本的な改革ではなくて、枝葉的な
改革だからです。 従来の方法の(本)質的な改革ではなくて、量
的な力点の置き所の改革だからです。 それは日本においては大き
な改革であっても、今まで世界で失敗してきた範囲内のものだと考
えられるからです。
それは全く革命的な改革ではないからです。

現在の「英語教育を革命的に『正しい方向に』変え」るものではな
いからです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 

みんなの英語・英会話革命2.(修正) 枝葉的量的改革と根本的本質的改革*


(本日、追加と修正)

2.枝葉的量的力点の改革と根本的本質的改革

それでは、現在の日本の「英語教育を革命的に『正しい方向に』
変え」るにはどうすればいいのでしょう?

それには、

『従来の英語教育の量的力点の移行や枝葉的改革ではなく、正し
い方向への根本的本質的改革』

これをすればいいのです。
できるだけ早く。

教育制度自体が早くそうできない場合、学習者の皆さんがご自身
ですればいいし、先生方は、状況が許す範囲内でなさればいいの
です。

この意味では、それは英語(や英会話)教育だけでなく、英語
(や英会話)学習の問題にもなります。

が、そうすれば、今までに思いもしなかったすばらしい世界が目
の前に開けます。

それは、日本の一流大学入試英語のレベルをはるかに超え、
TOEFL-iBTテストで、つまり世界でトップクラスの(Speaking 
も Writing も含めた)英語力習得に(最短距離で)直結する方
法だからです。

えっ?
それは(実践するのに)非常に難しい方法ではないのかですっ
て?

そうですね。
これは、当たり前のことですが、必要な発想の転換ができる方々
には非常にやさしく、発想の転換が難しい方々には難しく感じら
れる方法です。

私はこの2年間、その方法を用いて、私達の短期英語英会話コー
ス(1回50分4回~10回)で約300
人の新しい生徒さんたち(20
代20
%強、30代約40%、40代20%弱、50代約15% // 女性80
%強、
男性20%弱)を個人あるいは少人数で教える機会を得ま
したが、
その結果も、全くその通りでした。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


 

« PREV 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11

PAGE TOP