ホーム > ヒューコムブログ > カテゴリを追加

カテゴリを追加

「英語の神様」平野清先生について

私は現在東京において翻訳会社(http://www.s777come.server-shared.com/)を経営している川田と申します。

1970年代後半のことですが、当時平野先生は、大阪は梅田のサンケイビルの1室で毎週日曜日に (通訳を通した) 英語の勉強会を主催していらっしゃり、私はこれに参加させていただいておりました。この無料の勉強会への参加者は社会人が多かったのですが、私は、関西地方のある大学に在籍する学生でした。

それから10年後、私自身が英語を教える仕事を始め、教える仕事には準備、テストの作成、添削など、大変な裏の作業があることが初めて分かり、先生が無欲で寛大であられることを改めて認識した次第です。

このため、20年以上も前から平野先生には報恩したく、先生の所在を突き止めようとしていましたが、そうできたのは数年後にインターネットの使用を開始し、知人のプログラマーの協力をえて、やっと先生の経営されるヒューコム・インターのホームページにたどり着けた時でした。

今ではアメリカの大学院を卒業した人はたくさんいますが、そのような方が少ない時代に、それを鼻にかけるわけでもなく、威張るわけでもなく、当時から私は平野先生のことをなんと寛大な方かと思い、先生のことを「英語の神様」と呼んでおりました。この勉強会以外にも年末にはご自宅での忘年会に招待していただいたり、ディベートを見学に行った後、ご自宅で夕食をいただいたりしたことも嬉しい記憶として残っています。

週休2日が定着していないこの時代の貴重な日曜に、当時新婚であられた先生はきっとご家庭でくつろぎたかった違いありません。今から考えると交通費だけでもお支払いすべきだったのですが、私たちは、なんと厚かましいことをしていたのかということが分かり汗顔の至りです。

安易に英語や英会話学校が乱立し、安易な教授法でそれらを教えられる今日においても、先生は英語や英会話の正しいあり方を研究し、その正しい教授法を開発し、それらで持って人々をを正しく導いて行くことを生涯のミッションとしておられます。

以上のような訳で、一人でも多くの方が、平野先生が開発されたヒューコム・アプローチによる、先生自らの英語・英会話の授業を一度は受けて見られることをここに心底からお勧めいたします。

 

川田純枝

1959年生まれ

1981年関西外国語大学外国語学部英米語科卒業

1979年より1980年まで同校交換留学生としてウィスコンシン大学へ留学

1984年より1985年までシカゴ大学大学院へ留学

 

これ以降の経歴は弊ホームページをご参照ください。

「英会話はテニス等のラリーゲーム」天の巻24.(バイリンガル脳で英会話)Kc

「英会話はテニスなどのラリーゲーム」天の巻24(バイリンガル脳で英会話) K

 

英語嫌いこそすぐできる

バイリンガル脳で英会話:

 

 

英語マスターへの最短距離

 

 

 

ーーーーーー天の巻き・信心編24ーーーーーー

 

 

 

話を元もと戻しますが、
本番の英会話で日本語の全く分からない外国人に
SAMYカルチャーセンター象嵌(or彫金or篆刻習っていて、作った
作品入選し、美術展出展してもらえて(とても)うれしい。
ということをどう伝えたら良いか、の途中でした
が、前回までで、以下のところまで解説済みです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

Dick: What's up? 〔何かある?〕
(または、Anything new?〔何か新しいことある?〕)
皆さん: Well,... Let's see...〔そうですねー...えーっと...〕
You know, happy.〔あの(ーです)ね、うれしいの(です)。〕
Dick: You mean, 'you are happy now'?
〔「(あなたは)今、うれしい」ってこと(ですか)?〕

皆さん: Yes, I'm (very) happy now.
〔そうです、私は今(とても)嬉しいのです。〕
Dick: Why are you happy?〔なぜうれしいの(ですか)〕
皆さん:(ジェスチャーをしながら)Well, My box,.. many people,..
see,..you see?
〔そうですねー、私の箱、..たくさんの人々、..
見る、..分かります
か?〕
Dick:You mean, your box is shown(=displayed) at an exhibition?
〔つまり、あなたの箱が展示会で展示されているということですね。〕
皆さん:Yes, my box is…(その後は?という相手に向かっての表情)
〔そうです。私の箱が...〕
Dick:(ゆっくりはっきりと)shown at an exhibition. 
〔展示会で展示されている〕
皆さん:shown at an exhi…(何でしたっけ?という表情)
〔展示されている。〕
Dick:(ゆっくりはっきりと)exhibition.
皆さん:exhibition.
Dick:Very good!〔大変よろしい。〕
The spelling is 'e-x-h-i-b-i-t-i-o-n'.〔スペルは 'e-x-h-i-b-i-t-i-o-n' で
す。〕

皆さん:Just a moment, please." 〔ちょっと待ってください。〕
Dick:Sure. (=Certainly.)  〔もちろん、いいですよ。〕
皆さん:One more time, please." 〔もう一度、お願いします。〕
Dick:Sure.  'e-x-h-i-b-i-t-i-o-n'.
皆さん:Thanks (a lot). 〔ありがとう(ございました)。〕

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

いかがですか? 上の会話例を見て頂いて。
発話 (:発言) が皆、かみ合っているでしょう。

ちなみに、上の皆さんの "Yes, my box is…" の後や、"shown at an 
exhi…" 
の後のように、表情やジェスチャーで皆さんが求めたことに相手が
応えてくれた時、それを無視しないで皆さんがきちんと受け止めたことを表
現すると、相手はとても嬉しく思うものです。

このようなところに、思いやりの交換による心の触れ合いが生じるのです。

会話はよく「言葉のキャッチボール」だと言われます。
また、テニス (や卓球やバレーボール) のラリー (:連続した打ち合い) にた
とえられるでしょう。

本番の英会話をマスターしたい初心者レベルの方々は、

「日本語の分からない外国人と協力して、主として英語での言葉のラリーを
どちらが長く続けることができるかを、他のチームと競うゲーム (:活動)」

とみなすのが一番良いと私は思っています。

テニスなどのラリー中は、打ち返し方を思い出していたり、分析していたり、
組み立てていたり、悩んでいたりする暇などありません。

全身全霊で相手の動きやボールの動きを良く見て、直感的判断によってすぐ
ボールを打ちかえさねばならないでしょう。

本番の英会話はこれと非常に良く似た「直感的相互協力発話理解」活動で、
簡単に言うと
「友好的な直感的話し合い活動」です

テニスなどにおけるボールの動きは、英会話における意思や気持ちの流れで
す。

相手がサーブしたり、打ち返してきたりする球を打ち返そうともせず、考え
込んだり悩んでいたりしていては、ラリーは決してできません。

相手がどんな球を打ってきても、つまり、どんな発言をしてきても直感的に
必ず打ち返せ、きちんと相手のコートに入れることができる初心者用の打法
が、本番の英会話の場合、"Sorry??", "Pardon (me)??", "Please
guess." や、気持ちを込めた語句1つの発話法なのです。

 

(以下次回)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

1
PAGE TOP